酔って気持ち悪い時の対処法!うんこすると治る?二日酔いに吐き気など

スポンサードリンク






お酒に酔って気持ち悪くなるのは、

元々の体質が災いしている可能性が考えられます。

 

年末年始などの忘年会や新年会などで、

 

お酒を飲み会の機会が増えてきます。

 

場の雰囲気で飲みすぎで

 

気持ち悪くなることがよくあります。

 

出来るだけ周囲に迷惑を掛けたくない、

 

吐けない嘔吐だけは避けたいなどと

 

多くに方が考えているのだはないでしょうか。

 

 

そこで今回は

 

お酒に酔って気持ち悪い対処法

 

・うんこすると治る?飲みすぎた時の対処法(二日酔い)

 

お酒の健康への影響

 

について解説していきます。

 

スポンサードリンク






お酒に酔って気持ち悪い対処法

 

 

飲み会の席で気持ち悪くなった時の

 

対処法について解説します。

 

 

 

衣服を緩める

 

 

吐き気が出るのは、飲みすぎや食べすぎによる

 

 

消化管への刺激により、

 

脳にある中枢神経が

 

影響を受けるからです。

 

過度の飲食で

 

気持ち悪くなっている所に

 

衣服やベルトなどで

 

消化管を締め付けると

 

症状が悪化してしまいます。

 

少しでも不快感を覚えたら、

 

出来るだけ体を締め付けない

 

楽な服装や

 

体勢をとることが大切です。

 

 

 

ミント系のガムやアメを携帯

 

 

ミントの香りは気分を爽やかにし、

 

 

吐き気を抑える効果があると言われています。

 

吐き気だけでなく、

 

飲み会後の口臭消しにも効果があります。

 

 

 

胃腸薬や吐き気止めを用意

 

体質的に、

 

お酒を飲んで気持ち悪くなることが

 

分かっている場合は、

 

事前に薬局などで胃腸薬や

 

吐き気止めを準備しておきましょう。

 

そうすることで

 

精神的にも安心感を得られます。

 

 

これらの方法は

 

個人差があり限界もあります。

 

ほろ酔い気分で楽しく飲み会を楽しむには、

 

何か食べながら、

 

 

ゆっくりとお酒を飲むことが大切です。

 

うんこすると治る?飲みすぎた時の対処法(二日酔い)

 

 

飲みすぎてしまうと二日酔いになっています。

 

飲みすぎた時の対処法として、

 

二日酔いの原因や

 

治し方について解説します。

 

 

<二日酔いの原因>

 

 

二日酔いの原因は、

 

アルコールが分解されてできる

 

「有毒なアセトアルデヒド」です。

 

 

これが次の日にも残ると、

 

頭痛や吐き気、

 

胃の不調などの原因となります。

 

またアルコールには

 

利尿作用があり、

 

飲んでいる間は

 

体内の水分が排出されてしまいます。

 

その後水分を摂らないと

 

脱水症状になります。

 

 

 

<二日酔いの治し方>

 

 

水分補給

 

アルコールには利尿作用があり、

 

尿として水分を外に出してしまい、

 

脱水状態となるので

 

水分はしっかり摂りましょう。

 

 

水を飲んでも吐く場合は、

 

少し時間をおいてから

 

少しずつ飲みましょう。

 

 

アミノ酸やビタミンの摂取

 

アルコールが分解されてできる

 

「アセトアルデヒド」は

 

毒性が強く、

 

 

吐き気や頭痛などの

 

原因になります。

 

 

このため

 

酷使している肝臓を

 

高める処置を行うと、

 

 

アセトアルデヒドの産生防止に繋がり、

 

速攻で二日酔いの解消が期待できます。

 

 

 

<おススメの食べ物や飲み物>

 

 

食べ物

 

・温かい「おかゆ」や「うどん」

 

胃に負担が掛からないのでおススメです。

 

 

・シジミの味噌汁

 

ビタミンミネラルが補給でき、

 

即効性を求めるなら、

 

お酒を飲むときか

 

飲むと良いでしょう。

 

 

 

 

飲み物

 

・水

 

脱水状態を防ぐ為のも大切な飲み物です。

 

・ウコンなどのドリンク剤

 

 肝機能を高めるのに

 

多少の効果が期待できます。

 

お酒を飲む量や個人差があります。

 

 

お酒を飲んだ翌日に「うんこすると治る」と聞きますが、

 

 ・腸内の細菌バランスがアルコールによって崩れる

 

 ・体力の低下により吸収力が落ちている

 

 ・消化酵素などの分泌が間に合わず消化不良のまま腸へ送られた内容物が吸収しにくい状態

 

これらのことで

 

「うんこをすると治る」というより、

 

治った気がするのです。

 

 

 

<二日酔いに効果的なツボ>

 

 

吐き気を抑える場合と頭痛を抑える場合、

 

お互い効果的なツボがあります。

 

 

百会

 

両耳の先端を結ぶ線と

 

眉間の中央から

 

まっすぐ上がった線が交差する所。

 

(頭のてっぺん)

 

 

 

湧泉

 

足の土踏まずの五指を曲げるとくぼむ所。

 

(体のエネルギーが湧き出るツボ)

 

 

手三里

 

肘を曲げた時に出来るシワから

 

手首の方に4cmの所

 

 

合谷

 

親指と人差し指が合流する所から、

 

やや人差し指の所

 

 

・吐き気を抑える場合:手三里と合谷のツボ

 

・頭痛の場合:百会のツボ

 

 

これらのツボを押すと

 

二日酔いに効果が有るようです。

 

お酒の健康への影響

 

 

夜寝る前など飲む場合、

 

アルコール量は適度な量なら

 

健康の心配はいりません。

 

 

ここでは、お酒の健康への影響について解説します。

 

 

<お酒のエネルギーは2種類>

 

 

お酒のエネルギーは

 

「アルコールに由来」するものと

 

「糖質に由来」

 

する両方が含まれます。

 

 

糖質は本来、

 

私たちに欠かせないエネルギー源ですが、

 

摂り過ぎると

 

肥満や生活習慣病の原因になります。

 

 

<ビールのプリン体は痛風にほとんど影響ない>

 

 

痛風は血液中の尿酸濃度が高くなり、

 

それが結晶化することで

 

関節などが張れていたくなる病気です。

 

 

原因の大半は、

 

尿酸を排泄する

 

肝臓の機能の衰えによるものです。

 

 

ビールにはプリン体が含まれていますが、

 

レバーやエビなどに比べると

 

「数十分の一」とわずかな量です。

 

 

健康な人が適量飲む場合は問題ないですが、

 

 

尿酸値の高い人や

 

痛風の人は

 

アルコール全般を

 

控える様にしましょう。

 

 

 

<ビールが持つ利尿作用>

 

 

ビールには、アルコールやカリウムや

 

水分の相乗効果による

 

利尿作用があります。

 

 

・アルコールが抗利尿作用ホルモンの分泌を抑えること

 

・カリウムが新陳代謝を活発にすること

 

・水分が大量に含まれていること

 

 

トイレは我慢せず行くようにし、

 

脱水症状を防ぐ為にも

 

水分は十分に摂りましょう。

 

 

<体調の変化>

 

 

普段お酒を飲んでも酔いにくい人でも、

 

お酒を飲むと

 

気持ち悪くなるようになったという方も多いようです。

 

これは体調不良や体調の変化です。

 

疲れている時などは、

 

免疫力が低下しているので

 

アルコールは控える様にしましょう。

 

酔って気持ち悪い場合は。

 

 

お酒に酔って気持ち悪くなるのは、

 

元々の体質が災いしている可能性が考えられます。

 

お酒に酔って気持ち悪い対処法は、

 

先程紹介したような

 

3つのポイントがあります。

 

これらの方法は

 

個人差があり限界もあります

 

ほろ酔い気分で

 

楽しく飲み会を楽しむには、

 

何か食べながら、

 

ゆっくりとお酒を飲むことが大切です。

 

 

妊娠中。

出産後、中絶後のお酒はしばらくやめることをおすすめします。

 

お酒に頼るのをいつまでも続ける生活は健康に悪いです。

精神不安定になることにもなります。

 

 

今回お伝えした

 

お酒に酔って気持ち悪い対処法」や

 

「飲みすぎた時の対処法(二日酔い)」や

 

「お酒の健康への影響」を

 

参考にして下さい。

 

酒はほどほどにし、

 

飲み会の席では何か食べながら

 

ゆっくりと飲むようにしましょう。

 

コメント

  1. にあ より:

    なるほど~

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました