登山を始めるには。費用や道具などの紹介。

Advertisements
 





年齢にかかわらずに挑戦ができるのが登山を始める魅力!

初心者の方や登山をこれから始める方は、

 

何から始めればいいのか分かりませんよね。

 

 

登山に行くまでどのような事をするのか分からないでしょう。

 

ツアー会社に依頼すればスケジュールなど全てしてくれます。

 

 

個人で行く場合、

 

登山に行くまでどのような事をするのか紹介していきます。

 

 

 

 

Advertisements
 









登山を始めるきっかけも年齢も様々。

 

 

 

登山を始めるきっかけは様々です。

 

ツアーに申し込めば旅行会社が全て段取りをしてくれます。

 

 

 

しかし個人で行く場合何から始めるのか分かりませんよね。

 

ここでどのようにして登山をするのかを紹介していきます。

 

 

 

 

 

①登山計画を立てよう

 

 

まずは自分が登ってみたい山を選びます。

 

それによって道具やプランが変わってきます。

 

 

 

②登山コースを選ぼう

 

 

山には、登山ルートは色々あります。

 

・往復型:登りも下りも同じコース

・周回型:山頂を回るコース(景観の変化が魅力)

・縦走型:夏山登山の代表的なコース

 

 

 

自分に合ったルートを探しましょう。

 

 

 

③山歩きのシーズンと注意点の調べる

 

 

 

自分の行きたい季節を選びます。

 

 

 

・春:花が芽生え咲き始めるころ。春でも山では雪が降る場合が有ります。

 

・夏:6月の梅雨時期を避けると、登山がしやすい季節ではないでしょうか。

 

・秋:台風の時期で天候も不安定。東北や北海道の山では10月~山頂付近で雪が降る恐れがあります。

 

・冬:標高が高い山に登る場合、降雪量が多く遭難の危険性があるので注意!

 

 

 

以上が登山プランでしょう。プランを立てたら準備をしましょう。

 

 

 

登山の準備。始めるには?道具は?

 

 

 

登山のプランが出来たら準備をしましょう。

 

 

 

 

【服装】

 

 

登る山によって服装が変わってきます。

 

 

地形が変化する山道を歩くので、

 

長時間安定して歩くために

 

登山靴やトレッキングシューズなどを

 

選ぶのが良いでしょう。

 

 

 

 

【道具】

 

 

登山をする上で必需品と言われる

 

道具がザック(リュックやバックパック)です。

 

 

 

手提げや肩にかけるタイプは登山をする時

 

バランスが悪く危険なので

 

背負えるザックが良いでしょう。

 

 

 

大きさは日帰りで20ℓ前後、

 

 

1泊2日だと30~40ℓが目安です。

 

 

雨具なども忘れずに準備しましょう。

 

 

 

 

 

【山小屋での宿泊準備】

 

 

 

日帰りの場合は必要無いですが、

 

 

宿泊する場合は事前に準備しておいた方が良いですね。

 

 

登山客が宿泊する山小屋は、

 

 

 

一般的に“営業小屋”と呼ばれる

 

料金を払って宿泊する施設です。

 

 

この施設には寝具屋食事などは無く、

 

 

自分で準備する必要があるので注意しましょう。

 

 

 

 

 

【山で遭難しない方法】

 

 

山で困った時の対処法を知っておく必要があります。

 

 

山での遭難事故は体力不足や経験不足で起こります。

 

 

中でも道に迷う場合が多く、

 

 

慌てず冷静になることがポイントです。

 

 

道に迷うことが無いように

 

 

地図の携帯や事前に

 

コースの確認などを

 

十分に行いましょう。

 

 

以上の準備が出来たら山登りに出かけましょう。

 

 

 

登山の費用について

 

 

準備が出来たら登山の開始!

 

 

 

【登山の注意点】

 

 

初心者の方は、一人で行くとトラブルがあった時、

 

 

対処が難しくなり、遭難の危険性があります。

 

 

 

初心者の方は、

 

 

少人数で登山をするのをお勧めします。

 

 

少人数で行くと楽しく登山が出来、

 

 

トラブルが起きても相談できて安心します。

 

 

一番安心なのは、

 

ツアーで行く方がガイドも同行してくれるので

 

 

安心して登山が出来ますよ。

 

 

 

 

 

【登山料金はどのくらい?】

 

 

 

登山料金は、登る山で違ってきます。

 

 

山によって入山料が必要です。

 

いくつか紹介します。

 

 

 

 

①富士山:入山料1000円

 

②屋久島:入山料1000円(日帰り)、2000円(宿泊)

 

 

 

まだたくさんの山があり、入山料も様々です。

 

 

 

海外の山を見てみましょう。

 

 

①エベレスト:入山料 約110万円

②アコンカグア:入山料 約8万5千円

③キリマンジャロ:入山料 約9万円

 

 

海外で上級者が登る危険の山は入山料が高めですね。

 

 

 

 

一人で登山を始める前に

 

 

 

初心者が登山を始めるには、ガイドが同行してくれる、

 

 

ツアーが安心できてお勧めです。

 

 

一人で行く場合は、事前に準備が必要になります。

 

 

 

登山プランや道具、宿泊する山小屋の予約などです。

 

 

 

1人で行く場合は気楽でいいですが、

 

 

トラブルが発生した場合に

 

 

パニックになり遭難する可能性があります。

 

 

個人で行くなら少人数で行くことをおススメします。

 

 

少人数で行くと楽しく登れるし、

 

トラブルが起こっても相談しながら対処できます。

 

 

登山をする時は、

 

 

トラブルが起きないように、

 

 

事前準備をしっかりし、安全に登山をしましょう。

 

テキストのコピーはできません。