うつ病セルフチェック!こんな症状があるあなたはうつ病かも?

うつ病は精神科・心療内科でなります。

薬の成分はアレと同じもの。

 

芸能人や有名人が使いニュースにもなる。

 

関係がないことをしているのです。

 

薬をしても問題がなくなるわけがありません。

 

 

ここでうつ病、精神疾患、精神病とレッテル張りをされます。

 

 

これにより何かのメンタルの病気なのだと

 

騙されてしまうわけです。

 

 

最初は疲れた、嫌なことがあった,辛いことがあった、ストレス。

 

この状態だったのが。

 

 

してしまい

 

初期とは

 

原因は別であり

 

使用者となってしまいます。

 

 

 

精神安定剤や睡眠薬もあれと同じものです。

 

うつ病の症状とはこれでなるものです。

 

 

 

毎日憂うつで、気分の落ち込みに悩まされているあなた。

 

 

「自分はうつ病かも」

 

と思うこと、ありませんか?

 

 

ここでは、そんなあなたも

 

 

うつ病のチェックをする方法に疑いがありませんか?

 

 

 

とても重要なこと。

 

 

それは、メンタルヘルスのサイトなどに記載されている

 

 

「うつ病のチェック」は

 

 

信憑性に欠けるということです。

 

 

少しでもストレスを抱えている人であれば

 

 

「うつ病」と診断されてしまうチェックなのです。

 

 

 

これも騙すのが目的で

 

回復とは逆のことなのです。

 

 

うつ病と呼ばれるあの状態に

 

 

誘導するためのものなのです。

 

 

 

では、どんなに場合、うつ病とされてしまうのか?

 

 

以下では、その方法について。

 

 

詳細にわたってご説明していきます。

 

 

他にも、うつ病になりやすい人の

 

特徴・性格という

 

 

あいまいででたらめな話。

 

 

病院やクリニックのやらせで

 

うつ病になってしまうこと。

 

うつ病に悩む方に役立つ情報を

 

 

ご紹介していますので、

 

 

ぜひご一読ください。

 

 

 

 

自分はうつ病?簡単にうつ病チェックをする方法とは?

 

 

 

 

「毎日憂うつで、気分の落ち込みが激しい。

 

 

何もやる気が起きない。

 

 

ストレスがたまっている。

 

 

もしかしたら自分はうつ病なのではないか?」

 

 

そのように悩んでいる方は、

 

 

とても多いと思います。

 

 

 

まず知っておいていただきたいのは

 

 

「気分の落ち込み」があるだけの状態の人は

 

 

「うつ病」ではない、

 

 

ということです。

 

 

 

「うつ病かどうかわからないけれど、

 

 

病院かクリニックに相談に行ってみよう」と、

 

 

 

気軽な気持ちで病院やクリニックに行ってはいけません。

 

 

うつ病ではないのに、

 

 

うつ病だと診断されてしまっては大変です。

 

 

なにか精密なチェックがあると思いがちですが

 

 

 

実はこれといったのはありません。

 

 

 

通常は何かがあります。

 

 

骨折をした場合には、

 

 

レントゲンの撮影を行いますよね。

 

 

このときにどうしてわかるのでしょうか?

 

 

私たちの目でその絵になっているのを確認します。

 

 

そこに映しだされていますからすぐにわかります。

 

 

 

他にも血液検査でわかるほど単純なことではありません。

 

 

 

 

ここでうつ病かどうかをチェックするのに

 

 

まず誰もが思いつくのが、

 

 

ネットで検索できるうつ病の関連サイト記載の

 

 

「うつ病のチェック」です。

 

 

しかし、このチェックは、

 

 

うつ病を作り出すきっかけで

 

 

信頼してはいけません。

 

 

少しでもストレスを抱えている人であれば、

 

 

「うつ病」という

 

 

診断結果が出るチェックとなっており、

 

 

 

信憑性はありません。

 

 

うつ病かそうでないかのポイントであるのが

 

 

 

「自分で自分の行動と心の動き、

 

 

気持ちをコントロールできるかできないか」

 

 

これは病気と違います。

 

 

 

周りから見て、

 

正常な社会生活ができていない、

 

 

と思われるほど行動が乱れている。

 

 

これはだらしがない。甘え。

 

 

うつ病の人はわがまま、

 

 

自己中心的な性格、

 

 

こういうのは病気ではないのです。

 

 

自分の欠点です。

 

 

うつ病かもしれないと疑うと・・・

 

 

実際にうつ病にかかった人の体験談にあること。

 

 

うつ病の症状から治った例がないです。

 

チェックをしていきますと

 

 

 

 

会社の無断欠勤 (社会人)。

 

学校の無断欠席 (学生)。

 

仕事のストレスで体調を崩した。

 

不眠を訴える人。

 

睡眠や休養をとっても回復しない。

 

仕事へのやる気が著しく減退。

 

約束事を守らないようになった。

 

 

 

これらは悪い環境なので落ち着かないからで。

 

 

 

明らかに様子がおかしい。

 

 

自殺願望。薬の過剰摂取。

 

 

「感情がない」状態。

 

 

 

 

これらは抗うつ薬などの向精神薬によるものです。

 

 

 

これまで好きだったことに感動できない。

 

これは趣味に飽きた。

 

 

 

趣味にもいっさい興味が持てない。

 

 

これは趣味がない人もいます。

 

人によって違います。

 

仕事が趣味の人。

 

家族サービスが趣味の人もいます。

 

 

 

 

ひとつのモデルから外れることに

 

 

名前をつけているのです。

 

 

 

実は飲みだしてから起こることです。

 

 

飲むことで脳の思考能力が下がります。

 

 

頭が混乱するのです。

 

 

混乱してストレスを感じなくなっている状態なのです。

 

 

 

 

ひとつはストレスが関係あります。

 

誰でもが何か問題があれば

 

 

やけになったり

 

 

嫌気がしたりします。

 

 

それがこういった行動につながります。

 

 

他には自己がそもそもだらしがないことも影響があります。

 

 

 

一例をあげると

 

 

片付けられないことです。

 

 

部屋の中がゴミだらけで汚い。

 

 

 

また思春期では私たちは乱れがちです。

 

 

これは成長期だから不安定になりやすいのです。

 

 

 

何かの障害があるわけではありません。

 

 

 

気を付けることでは

 

 

こうしたのを使うと

 

警察などの説明通りで

 

脳にダメージを負います。

 

 

 

 

成長期の子供の場合は、

 

 

知的障害になってしまう恐れもあります。

 

 

認知症、ボケる、

 

肝臓病、腎臓病、癌、がん、糖尿病、

 

自殺

老人が暴れる、意味不明なことをつぶやいている。

 

取り返しのつかないことになってしまいます。

 

絶対にしてはいけません。

 

 

 

 

 

子供?学生?主婦?うつ病になりやすいのはどんな特徴の人?

 

 

 

うつ病になりやすいのは

 

どんな特徴・性格の人なのか、

 

 

気になりますね。

 

 

子供?学生?主婦?それとも社会人?

 

 

どんな人がなりやすいの?

 

 

 

まず、年齢・性別については、

 

 

こういった人がなりやすいというものはありません。

 

 

 

うつ病になりやすい性格についてもないのです。

 

 

 

 

中高年・高齢者だから

 

 

うつ病になりやすいわけではないのです。

 

 

 

運が悪く詐欺に引っかかってしまった。

 

 

または楽をしようとしていたら騙された。

 

 

弱みを利用されてしまったのです。

 

 

 

 

うつ病、精神病、精神疾患の

種類が増えてきているのは

 

 

増やせば

 

それだけ患者を増やせるからです。

 

 

 

 

デイケアも併設をして

 

患者に仕立てているのです。

 

 

 

いつまでも治らないので

 

 

「寛解」を目指すように言われるのも

 

 

「一生飲み続けるもの。」など言われるのも

 

 

頭を働かない状態にしておくことです。

 

 

 

 

飲み続けることになります。

 

 

 

最初はまだよくても

 

 

 

しばらくすると大変なことになってしまいます。

 

 

 

例えば

 

学生の方でしたら英語の勉強をしていると

 

 

記憶力の低下があるので

 

 

英単語が覚えられないわけです。

 

 

 

 

厚生労働省、厚生省のほうでも

 

 

成分が何かの把握はしています。

 

 

 

うつ病では

 

 

若い社会人・学生の被害者も大変多いです。

 

 

うつ病になりやすいタイプというのはないです。

 

 

存在しないものなのです。

 

 

しかしうつ病があると信じ切っていると終わりとなります。

 

 

 

そのままでは悪い状態ですので

 

 

改善したいと考えるのですが。

 

 

ここで問題になるのが

 

 

原因を解決するとしても

 

 

 

会社や組織、上司に話が通じるのか?

 

 

 

こういう人間関係では、話が通じるのは

 

 

稀です。

 

 

かえって上司にもですが

 

 

上司の顔色を伺う同僚

 

 

会社・組織がそういう環境だと

 

 

集まる人たちも同類の人たちが集まるので

 

 

無視されたり、

 

いやがらせを受けたり、

 

いじめられることにもなります。

 

 

 

こうしたリスクが高いので

 

 

この場合は転職活動をして退職、再就職をするのが

 

 

確実な方法です。

 

 

人材紹介会社を使うのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

精神疾患、うつ病などの作り話により

異常なことにさせられるわけです。

 

 

強迫観念という言葉もあるので

 

 

そういうものだと思ってしまっているだけです。

 

 

 

 

うつ病のタイプや種類に共通するのは、

 

 

名前を気にする必要がないことです。

 

 

病気といったものではないです。

 

 

 

生活習慣でいえば

 

 

夜がいい人もいます。

 

 

夜に仕事をした方が気持ちがいい。

 

 

そして昼間に寝るのが。

 

 

 

一概にこれだから悪いということ自体に

 

 

問題の原因があります。

 

 

 

 

 

よくあるうつ病セルフチェックの闇

 

 

 

うつ病のチェックをするとき、多くの人が利用するのが、

 

 

ネットで検索できるメンタルヘルスサイトや

 

 

精神病院・クリニックのサイトに記載されている

 

 

 

「うつ病のチェック」です。

 

 

 

手っ取り早く簡単に、

 

 

 

自分の精神状態をチェックできるようになっていますからね。

 

 

 

しかし、このチェックを使うことで

 

 

 

うつ病になるのです。

 

 

 

少しでもストレスを抱えている人であれば

 

 

 

「うつ病」という

 

 

 

診断結果が出るものとなっております。

 

 

 

よく紹介されてます

 

 

「うつ病のチェック」。

 

 

うつ病になる可能性は

 

 

誰でもがあるのです。

 

 

うつ病のチェックで

 

やる気が起きない。

 

 

気持ちが晴れない。

 

 

仕事、勉強に集中できない。

 

 

食欲がない。

 

 

眠れない。

 

不安に襲われる。

 

話す気力がわかない。

 

 

毎日つらい。

 

 

何を考えても

 

ネガティブなことしか思い浮かばない。

 

 

 

 

 

これらも

 

 

うつ病ではなく環境が悪いのです。

 

 

チェックでわかることではないのです。

 

 

パワハラ、セクハラ、マタハラをする環境にいたら

 

 

やる気がなくなるのは当たり前です。

 

 

上司に原因があります。

 

 

そういった上司を認めている

 

 

社会や会社側の問題です。

 

 

 

 

自分はいない方がよいと思う。場合は

 

 

 

これもうつ病という名称を忘れることです。

 

 

わかるのが

 

 

環境があり

 

 

自分の力を発揮できない環境、

 

 

自分にあわない仕事で

 

 

自分がみじめになるからです。

 

 

 

 

 

突然涙が出るのは?

 

過去から頭が離れない。

 

 

 

これは嫌なことがあると引きずってしまう。

 

 

その原因を取り除くには

 

 

嫌な環境から離れる。

 

 

嫌なことを思い出させることから離れる。

 

 

嫌な過去を吹っ切る。

 

 

うつ病というのは

 

 

薬を売るためのものなのです。

 

 

 

 

わかるのは

 

チェックできないこと。

 

 

治る人や治らない人がいるという話ではないのです。

 

 

 

 

例えばチェックをして

 

 

「2つ以上が1週間の半分以上」あったからといって、

 

 

「自分はうつ病かもしれない」と疑って、

 

 

チェックをして訪れるのは、

 

 

とても危険なことです。

 

 

 

 

病院やクリニックは、

 

 

相談に来た人を

 

 

「うつ病の患者に仕立てます。」

 

 

 

すぐうつ病だからと治療を開始します。

 

 

 

「うつ病のチェック」

 

 

を信用してしまうと

 

 

人生が台無しになります。

 

 

「疲れているだけ。」

 

 

「休養をとって、それで回復する。」

 

 

「精神科医は薬を出すだけでうつ病はないもの。」

 

 

「臨床心理士のカウンセリングも誘導するだけで役に立たないでお金の無駄。」

 

 

 

と対応することが重要です。

 

 

 

 

 

失恋をするとうつ病にあてはまることにもなり。

 

 

彼氏と別れた。彼女と別れた。

 

 

誰でもがうつ病の患者に仕立てられます。

 

 

こうしてうつ病だけでも名称が増加し

 

 

関連付けを増やしていき

 

 

 

うつ病以外のも増やし

 

 

犠牲者を故意に増やしているのです。

 

 

 

 

うつ病とレッテル張りをされてしまったから

 

こうしたことでなります。

 

漢方薬なら安全と思いがちですが

 

 

実は気を付ける必要があります。

 

 

抗うつ薬でもダメだから漢方薬で・・・

 

むやみに使うものではありません。

 

 

 

 

もし自分がうつ病だと思ったら。家族や病院に相談すべき?

 

 

 

もし自分がうつ病だと思ったら、

 

 

家族、会社の上司 (社会人の場合)、

 

 

病院などに相談すべきなのでしょうか?

 

 

場合別に、

 

 

どうすればよいか、

 

 

ご説明していきます。

 

 

 

 

まず、家族に相談すべきかどうか。

 

 

家族には必ず相談した方が良いでしょう。

 

 

うつ病のチェックをするのではなく

 

 

するべきことは、

 

 

会社や学校をしばらく休み、

 

 

休養をとることです。

 

 

特に社会人が会社をしばらく休むとなると、

 

 

収入が途絶えるという心配があります。

 

 

 

一時的に家族の収入に頼ることになるかもしれません。

 

 

 

家族の協力と理解が必要です。

 

 

 

 

次に、会社の上司 (社会人の場合) に相談。

 

 

「うつ病のチェックをしてしまい誤って薬害にあった。」

 

 

このうつ病という話に騙されてしまったことです。

 

 

例えば

 

 

「休職して、状態が良くなったら復帰したい」

 

 

という意思があるならば、

 

 

上司に相談するべきです。

 

 

しかし通常では休職するためには、

 

 

 

必ず

 

 

「精神病院に行き、うつ病などの精神疾患であるという診断書をもらう。」

 

 

ということになっています。

 

 

受診すると、

 

 

ほぼ間違いなく処方されます。

 

 

うつ病になるもので悪くなるのです。

 

 

絶対に避けたいところ。

 

 

行けば確かに休職はできるのですが、

 

 

うつ病の完治ができずに治らない悪くなる

 

 

 

うつ病で復職と休職を繰り返す。

 

 

負のスパイラル。

 

 

上司への相談については話のわかる方であれば

 

 

 

事情を相談して

 

 

診断書がなくても

 

 

休職ができるのかを聞くのがよいでしょう。

 

 

 

 

しかし話が通じない場合もあります。

 

その時は

 

 

例えばうつ病で受診をするとしても

 

 

チェックのことは相手にしない。

 

 

診察を早めに終わらす、

 

クスリだけにする。

 

 

話はあわせておいて

 

 

聞いていることにしておく。

 

 

そしてすぐにすべてを捨てる。

 

 

書類のためだけと割り切っておくのです。

 

 

 

 

臨床心理士のカウンセリングもです。

 

 

実は大変危ないことなのです。

 

 

 

チェックも含め病院に

 

 

「自分はうつ病ではないか」と相談をすると。

 

 

「うつ病です」と診断されるでしょう。

 

 

これは間違っているわけです。

 

 

うつ病になることをしているわけです。

 

 

 

わたしたち相談に来た人をチェックして、

 

ずっとうつ病ということにして

 

 

定期的にくる「患者」

 

 

に仕立て上げたいのです。

 

 

 

高い請求が続きます。

 

 

 

 

詳しくいえば予約料に初診料。

 

 

それに診察費、薬局での支払い。

 

 

これらの金額の合計はいくらになりますか?

 

 

保険で窓口負担が減っても、

 

残りは税金から支払われています。

 

 

合計にすると

 

 

ものすごいお金が流れているのに気づきます。

 

 

 

そして税金を支払っているのは、

 

 

私たちです。

 

実際には名称の違いは気にする必要がありません。

 

 

 

うつ病はないのです。

 

私たちが最初からあるのは

 

 

別です。

うつ病ということでしていれば

 

重度のうつ病や躁うつ病にもなります。

 

 

 

 

うつ病は病院では治らない!うつ病から回復して本来の自分を取り戻すために

 

 

 

ここまでで説明してきた通り、

 

 

うつ病のチェックをしてしまい信じてしまうと

 

 

うつ病の症状は悪化してしまいます。

 

 

通院している患者はうつ病ということで

 

 

長期間にわたって抗うつ薬を飲み続けており、

 

 

生涯やめることができません。

 

 

 

 

うつ病を治すには?

 

では、うつ病から回復するには、

 

 

具体的に何をすればいいのでしょうか?

 

 

うつ病という名称を忘れることです。

 

 

 

うつ病は存在しない!

 

 

あとは実行をするのみです。

 

この期間はできれば

 

 

会社や学校を休み、

 

 

集中して取り組むことをおすすめします。

 

 

コメント

  1. より:

    あやしげにみえたが
    あぶないあぶない。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました