うつ病と悪夢。薬物依存症。薬害で終わりへ

うつ病になる理由は精神科・心療内科の薬、覚せい剤、麻薬。

薬物依存症、薬物乱用。

 

けっして使用してはならない。

 

 

精神科・心療内科のこうしたのは「あの危険なもの。」です。

よく使用者が手錠をしている姿を私たちが見るものです。

対策のつもりが実は悪夢もうつ病はその治療が原因。

毎日悪夢をみるのもそういうことです。

睡眠障害にもなってしまう。

人によりまたその時により症状は違います。

それで精神疾患にはうつ病も含め

様々な診断名があります。

 

 

 

治りかけと悪夢。対策が原因。

 

 

躁うつ病も使えばなる。

診断名を忘れること。

使用者と同じ状態。

 

うつ病の治りかけというのである話にも間違いがあります。

あれで鬱病などになるのです。

最初は悩みや辛いだったのが

仕事の夢ぐらいだったのが

うつ病、睡眠障害、悪夢になる。

悪夢を見ない方法はやめるしかありません。

この精神の病気といった存在しない。

うつ病の再発。

あれの種類を変える、追加をする。

強さを強いのに変える。

そしてあの症状が運がよくてでないときがある。

治りかけ?

これを寛解するといわれているが。

よく症状が治る途中で悪夢を見るというのは

使用者を思い出すとわかりますよね?

一時的に収まっても

また悪くなるのが。

そして治りかけと勘違いをして結局は

薬を飲み続けていると終わることになります。

悪夢を見るのも原因は精神科・心療内科。

 

 

 

 

 

悪夢が。睡眠障害にも。

 

 

変な夢ばかり見るのはまだいいほう。

間に合う状態。

しかし

悪夢ばかり見るのでまた薬をする。

これでは良くない夢ばかり見ることになる。

わたしたちがうつ病の人に説明をしても

多くの場合は

うつ病の人は

理解できないだろう。

怒り出すだろう。

文句を言ってくる。

すねる。

駄々をこねる。

わがまま。

 

 

悪夢をよく見るぐらいで自覚をして

精神科・心療内科

臨床心理士、心理カウンセラーのカウンセリング、デイケアなど

やめるのが最初にすること。

 

うつの前兆はない。

精神科医のクズなチェックでなるのがうつ病。

 

うつ病があるものと信じていれば治らない。

そして治りかけの件でも間違える。

精神科医や臨床心理士の

治療で治るものという

話に乗ってしまう。

肩書がそれっぽくみえて

理解があるように見える。

話を聞いてくれる。

これらはうつ病を作るためで

その後は定期的に騙されに

受診をする。

抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などを

何か体にいい食べ物のように飲み続ける。

しまいには叫ぶ。

 

うつ病で社会復帰をしても再発をする。

 

治りかけと思って

精神科・心療内科に

通院を続ける。

あれで頭がおかしくなる状態が続いているだけ

 

 

うつ病だからとくすりに逃げているだけ。

 

治りかけという話

寛解したので

仕事の就職。

 

脳にダメージを負い障害。

あれをして安定しているというが

やり続けていると廃人になる。

 

 

 

良くない夢ばかり見る​。死亡。

 

 

寝汗がひどい。

 

躁うつ病。

 

悪夢のことも。

診断では

うつ病と知的障害の併発。

 

治りかけまでいったと勘違い

先生が改善するものとまだ信じて。

 

結局は最初は

軽いうつ病だったのが

悪くなり続けて。

話が完全に通じなる。

 

頭の脳が破壊されて

 

知的障害になる。

 

 

コメント

  1. より:

    刑務所でフラッシュバックをするケースもある。
    早くやめることだ。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました