うつ病で元気な人は薬物依存症だから。元気なのに怠けて遊んでいる。元気な時は?

うつ病で元気に見える。

これは覚せい剤を使用しているから。

あなたの家族や友人、恋人などで

うつ病の人にもう疲れた!

振り回されていて!

それもそのはずで。

薬物依存症であります。

人間をやめるか?

薬物をやめるか?

 

人間関係などストレスで疲れた人に

あれをするのが精神科医の治療。

 

当然関係がないことをしている。

元々は病気ではなく元気なのに。

そこにするのだから大変なことになってしまう。

 

 

鬱病で元気な人。それは危ない状態。

 

 

鬱病で元気な人がいるときもあります。

成分からしてわかるのですが

あれで気分をあげているのです。

危ない状態。

よくニュースなどで見る有名人や芸能人が

手錠をしている映像。

あの状態がうつ病や精神病と呼ばれているもの。

うつ病で元気そうなのは実は違うのです。

 

元気な時もある。波がある。

気分の浮き沈みがある。

たしかに使えばなる症状。

 

うつ病とでたらめに診断をして

元気になる薬と抗うつ薬などを売るだけ。

元気になるにはこれではかえって

逆のことになる。

 

例えば

ある日

「元気になってきた!」

こう話していたら。

あなたは

元気づける目的で

「よかったね!」

こうしてしまいがちですよね?

これはうつ病を肯定してしまうことになります。

 

うつ病の人は

もっともっと

毎日飲み続けます。

これを後押ししてはいけません。

 

元気の出し方といっても

これをしたら次になることはあきらか。

 

例えば

目がうつろ。

ろれつがまわらない。

よだれを垂らしている。

 

 

 

元気そうに見えてのが

次には落ち込んだ。

これはあれがきれたから。

 

そして躁うつ病というのも

これで上げ下げしているから。

 

 

 

うつ病で元気な人は元気になったあとに終わる。

 

 

うつ病は作られた話。

元気な人はアレを使っただけ。

次には元気になったあとにきれる。

 

頭がおかしくなる。

うつ病から元気になるには

別の方法がある。

しかしあなたが説得したところで

うつ病は

聞く耳を持たないことが多いのが現実でしょう。

 

精神科・心療内科の通院をしていると

 

精神科医などからの言葉は

あなたは悪くない。

理解されないのは周囲が悪い、差別。

こうしてわがままが増していきます。

 

 

 

 

元気になる方法はあるが。

 

 

していれば

廃人になります。

 

 

元気なふりをしたり

 

元気に振る舞うことで周囲に大丈夫と元気を装う。

この場合はまだ可能性があるかもしれません。

 

うつ病とは

被害者だからもっと支援されて当然。

 

このケースが多いです。

 

 

しかし気持ちだけでは治らない。

 

精神科医も臨床心理士も

 

うつ病をつくる。

 

そして定期的に騙されに通院する。

 

儲かる。

 

元気がないときに甘い話に騙され

 

してしまったから。

 

元気すぎるので躁病なのは

 

すればなる。

 

元気が出ないで辛い。

 

しかし

 

元気な時もある。

 

これは最初から間違い。

 

粉で元気出しても

 

してはいけないこと。

 

そして一時的に

 

元気がある時があると

 

改善する話が本当だったと誤解をして

 

休職、復職、退職を繰り返す。

 

コメント

  1. より:

    こわくて一緒には働けません。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました