うつ病は薬物依存症!泣くのは何?誰でもあること。

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ剤、抗うつ薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤

薬物依存症。

 

うつ病は薬害。

 

 

うつ病になる理由は

 

困ったときに

トラブルで悩む人に

 

危険なアレを売るため。

 

 

治療というものでトラブルの解決?

いかにも怪しい。

ここで

 

病名というものを用いることで

 

騙しやすいものにしているのが

 

うつ病や精神病、精神疾患

 

泣くのは感情。

 

 

涙が出てくるのも泣くことも

 

誰でもがある感情。

 

向精神薬を飲んでも

嫌な人がいなくなることはないです。

 

 

 

 

鬱病の症状は?泣くと楽になるのは普通のこと。

 

 

 

 

泣くのは普通のこと。

 

 

鬱病の症状は薬というアレと同じ成分を使ってしまい

薬物乱用。

 

 

よくニュースになる

 

有名人や芸能人が逮捕をされているもの。

 

これで元気にはならない。

廃人になる。

 

 

泣くと楽になるというのも

 

これもふつうのこと。

 

していれば

過呼吸にもなる。

 

 

混乱をしてしまったり。

 

 

 

 

うつ病の彼氏は?

 

 

 

付き合っている相手がうつ病。

 

これは彼氏はあの状態。

説明をすることが求められます。

 

あれをしていれば本人もですが

 

周囲も危険です。

 

 

そのときはよくても。

 

あれを飲み続けていると

いきなり急に

 

正気を失う。

 

暴力をふるうなどします。

 

暴れるとどうなるかわかりません。

 

 

精神科・心療内科はそういったことが

 

よくあります。

 

 

泣くことは男でもあることです。

 

精神科医はこうして

 

病気をつくりだしています。

 

臨床心理士のカウンセリングも同様です。

 

薬への誘導をします。

 

高い請求でお金の無駄遣い。

 

役にたたない。

 

 

 

うつ病の対処は?接し方は?

 

 

うつ病への対処は

 

まずは詐欺にあっていることを自覚することです。

 

そして治す方法をする。

うつ病と呼ばれているのは

 

ない。

 

 

泣くのも含めて

次々と精神疾患ということにしては

詐欺をする。

 

最初から抱えているもの。

 

 

たしかに体調が悪いのは

この段階でもあっても

 

 

薬害とは違います。

 

 

周囲のあなたが

 

うつ病詐欺にあっている人への接し方は

 

精神科・心療内科・デイケアへの通院、

 

臨床心理士のカウンセリング

 

行くのをやめさせることからです。

 

 

コメント

  1. 医師 より:

    もんだいがあるからつらい。泣く。不安。
    それであれば問題に対処です。
    仕事や学校であれば転職や転校。
    薬物は関係ないのであります。
    カウンセリングというものを受けましても
    嫌な相手がいなくなることはありません。意味ありません。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました