うつ病は薬物依存症!復職が怖い?

覚せい剤、麻薬は絶対に使用してはいけない!

その向精神薬、抗うつ薬、抗うつ剤、精神安定剤、抗不安薬、睡眠導入剤、睡眠薬

薬物依存症。

うつ病とは薬を売るためのレッテル張り。

 

精神科・心療内科。

 

これでうつ病といわれているあの状態になる。

 

最初からある悩みだったり辛いことなど。

薬を飲み続けると

 

問題が解決することはない。

 

復職は不可能。

 

使用者が

手錠をして連行される

有名人や芸能人を思い出すことだ。

 

同じである。

うつ病の再発率はこうしている限りは

100%。

 

治るのも復職も無理。

 

職場の上司や同僚にすれば

あれをしていれば怖い。

 

 

 

 

鬱病で復職をしても長く続かない。

 

 

うつ病で復職をしたい。

寛解したいなど甘えは捨てることだ。

 

 

うつ病が治らない。

復職ができず。

 

 

再発率

 

鬱病からの復職が可能だと間違えて

 

理解。

 

 

ところが

 

 

復職をしても

うつ病の再発をする。

 

復職をしても

 

あの怖いものをしていれば

いずれはきれるから。

 

その後は大変なことになる。

再発率は100%。

 

している限りはなる。

 

 

 

 

うつ病の再発率は。している限りは。

 

 

 

うつ病からの復職。

 

長く続かない。

 

そして怖いことだが

 

実際に腎臓病や肝臓病、認知症に。

抗うつ薬などの向精神薬を飲み続けていると

 

なる。

 

 

うつ病という薬を売るために作られた話。

 

精神科医は薬を出すだけ。

臨床心理士のカウンセリングも

誘導するため。

 

 

することは高い請求にお金の無駄遣い。

 

薬への誘導。

 

復職でいえば

 

こうしたうつ病を利用した詐欺師たちに

仕事を見つける能力はない。

 

就職活動を知らない。

 

知らない人ができない人が

知ったかぶりをしてできるとほらを吹いているだけ。

 

そして怖いあれをするようにもっていくだけ。

 

人に助言ができるなどは

傲慢な人がすることである。

 

 

 

 

うつ病の人は怖い。

 

 

 

うつ病は怖い。

いつまでも治らない。

暴れる。

様子がおかしい。

 

働けない。

無職。

 

周囲からも

怖いと思われ避けられる。

 

孤独にも。

 

たしかにしてはいけないものをすれば

復職はできない。

 

そして

何か怖い。

怪しいものをしているのだろう。

 

 

うつ病とは

 

 

様子がおかしいのはあきらか。

 

 

コメント

  1. より:

    復職の繰り返し。退職。頭がおかしい。一緒には働けません。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました