うつ病は薬物依存症!イライラするのは!薬物乱用は絶対ダメ!!

覚せい剤、麻薬の向精神薬、睡眠薬、睡眠導入剤、精神安定剤、抗不安薬、抗うつ薬、抗うつ薬

薬物依存症。

 

私たちがうつ病の人を見ると

いかにもやっているなと理解する。

 

そしてやめるように、

断薬をすすめるが

うつ病の人に理解されない。

 

逆に怒る。文句。甘え。

など手に負えない。

 

 

 

ニュースで逮捕される映像を見る。

 

絶対に使ってはいけない!

 

うつ病とはないもの。

 

使えば

イライラもするようになる。

 

何かしらあって

そして気分が悪い。

ここで

うつ病とレッテル張りをされる。

精神科・心療内科で。

 

臨床心理士のカウンセリングは

誘導するのが目的。

薬局の薬剤師や事務員にまで騙される。

毒を盛られる。

 

 

あなたは

うつ病は

わからないままでしているのだろうから

親切心で

伝えているだろう。

ところが

暴れる。

暴力をふるう。

などされる場合もある。

 

 

イライラしやすい。

 

 

完治は

断薬もだが

様々な努力が必要となる。

 

うつ病に対する差別といわれただろうか?

そしたら

自己中心的で甘えであるので

無理だろう。

数度伝えても

飲み続けているのなら

 

縁切りしかない。

 

 

 

対処で攻撃的になりイライラが止まらない。

 

 

 

精神科医の対処は薬を出すだけ。

 

薬物に対しての耐性ができ

効かなくなる。

さらにほしくなる。

 

依存症。

 

 

大変なことになるだけ。

 

うつ病のままで早死にとなる。

 

 

攻撃的なるのも

使えばなるもの。

 

 

うつ病というつくり話に騙されている。

 

 

うつ病でイライラしてしまう。

家族にあたってしまい

さらにイライラする。

 

この悪循環は

 

うつ病で。

 

うつ病でイライラが止まらない悩み。

 

周囲にしても

 

夫がうつ病

親がうつ病

 

 

対処法を求めても

 

精神科医が原因。

相談する相手が

実はクズだった。

躁うつ病もこうしたからくりでなるもの。

 

 

 

イライラするのを放っておくと大変なことに。あの解消法は危険。

 

 

 

うつ病ということで

泣くこともある。

使えばなる。

 

イライラする辛い日々。

 

 

精神科医にうつ病と騙され。

 

 

詐欺師たちの対処法でうつ病に。

 

 

イライラ感が増していき。

 

イライラしやすいので困る。

 

解消法を求めて

 

止まらないのを解消したい。

 

 

 

しかしここで薬で

 

 

イライラしたときを抑えることは

 

してはいけないこと。

 

 

 

あれを使うとどうなるのかわからない。

 

 

そう・・・

暴れることにもなる。

イライラを抑えられないことに陥る。

 

頭が飛んでしまい

事件をおこすことも。

 

 

無意識にしてしまっても

犯罪者、前科者。

 

 

 

 

うつ病で周囲の接し方で大事なのは?

 

 

 

すればイライラして眠れないのは常識。

手錠をした彼らは

目にクマがあり。

同じこと。

 

 

イライラしない方法はあるが

ここで大事なのは

意識を変えること。

 

 

ついつい楽をしたいと思い

安直にイライラしたときにあれをする。

 

うつ病だからと言い訳をしては。

 

その時はいいが・・・

取り返しのつかないことになってしまう。

 

イライラする時は考え直すサイン。

 

詐欺師たちを

「先生」とあがめるのをやめること。

 

うつ病からの方法があってもこれがないと治らない。

 

周囲のうつ病の接し方では支えはできます。

 

誰も本人のかわりにはできません。

 

 

コメント

  1. 看護師 より:

    うつ病と信じている方は薬の説明を読んでください。記載があります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました