うつ病は薬物依存症!あの薬でなる!回復期で全身に回り。特徴は薬物乱用!

覚せい剤、麻薬の抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬、睡眠導入剤、精神安定剤、抗不安薬

 

薬物依存症。

 

 

警察でも警告が。

 

絶対に使用してはいけない!!

 

薬物乱用。

回復期とはあれをして運よく

感じなくなっているだけ。

寛解とは便利な言い訳。

特徴はあの状態。

 

最初からある原因は別にある。

何かしらトラブルがある。

会社をクビになった。

職場の環境が悪い。

収入がなくなる。

薬をしてお金が入ってくることはない。

落ち込んだ状態。

薬物を飲み続けている状態で仕事ができるようにはならない。

お金もないまま。

 

 

 

鬱病の回復期は薬害では来ない。寝てたいしぶり返しもあり。

 

 

 

鬱病は薬害。

 

当然ながら回復期とは

あれを飲み続けている特徴そのもの。

 

寝てたいと思うだろうが。

 

周囲は怠けているとしか思わない。

 

 

うつ病という話をうのみにしたまま

体調が悪化を続ける。

 

 

会社に復帰はできない。

 

 

一時的に改善したと誤解しても

薬物はきれる。

 

うつ病がぶり返す。

 

再発。

 

治療で悪くなる。

 

 

うつ病の回復期はない。

 

 

うつ病は治らないのが特徴なのか?

 

いつまでも甘えてばかりでいないか?

いいかげんやめるのだ。

 

 

 

 

うつ病の症状は使用者そのもの。億劫にも。

 

 

 

うつ病の症状の特徴はあれ。

詐欺そのもの。

精神科・心療内科で

うつ病の回復期というが

 

うつ病の回復期はない。

 

終わりとなった

うつ病の人の特徴を見ただろうか?

 

 

自覚することだ。

 

 

うつ病の治療で

億劫にもなる。

使っているからだ。

 

 

なにをするにも体が重い。

辛い日々。

 

 

 

うつ病の治療の期間で感覚がおかしいことに。焦りも利用されて。急性期で突然死も。

 

 

 

鬱病の抗うつ薬など向精神薬漬けでいると

 

この期間、

悪化をする。

感覚もおかしいことになる。

 

特徴では思考能力の低下。

 

うつ病を治すという話に騙され

 

脳にダメージを負う。

 

 

これがクズたちの被害にあう特徴。

 

 

うつ病の治療で

 

急性期となり

突然死。

 

 

家族、遺族にも理由は詳しい説明はないだろう。

 

精神科医は

 

「おそらく~で。」

 

うつ病に関する説明はこういう方法。

 

収入がないから

焦りがあるのに

 

薬物。

休息が必要と騙される。

 

生活保護の受給者などにもさせられる。

 

 

毎回こうした話で

 

あきらかにうつ病の診断があってから

 

状態が悪化。

 

臨床心理士のカウンセリングも

誘導をするのが役割。

 

 

困り果てた

こうした弱みを利用した

 

詐欺そのもの。

 

そして病気だから

 

精神病だからと適当に言っては

 

薬に誘導をするだけ。

 

うつ病の回復期は

 

こうした詐欺師たちと

 

関わっている限りはない。

 

コメント

  1. 元臨床心理士 より:

    カウンセリングというものは人の弱みを利用して欺くお金儲けであります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました