うつ病は薬物依存症。接し方を変える!やめない恋人とは別れるのが正しいこと。

 

薬は覚せい剤、麻薬と同じ。

うつ病とは薬物依存症。

 

ニュースで芸能人や有名人が捕まるのを

 

みたことがありますよね?

 

これが鬱病の恋人がしているもの。

 

接し方も当然ながら変える必要があります。

 

うつ病の恋人と別れる考えがあるのは

 

正しいことです。

 

恋人に申し訳ないでしょうか?

これは薬害です。

 

薬物乱用、

絶対に使用してはいけない!!

 

知らずに恋人も使っている。

 

元々あるのは原因は別にあります。

 

説明をしましょう。

よく言われている

うつ病の接し方を忘れること。

詐欺師たちの話には乗らないことです。

恋人を救出するには。

 

 

 

詐欺話だったうつ病の接し方。禁句の言葉は相手にするな!

 

 

 

うつ病はつくられたもの。

恋人にはきちんとうつ病はないと伝えることです。

 

ここで接し方で大事なのは

 

恋人が自覚すること。

そして実際に行動をしていれば

 

あなたも支援することができます。

 

恋人の代わりにしようとはしないでください。

 

 

うつ病の代わりはできませんから。

 

禁句と言われている言葉も

やらせです。

これは怠けるを

助長することになります。

 

 

気を付けないと

 

また精神科医の治療や臨床心理士のカウンセリングを

受けてしまうことにもなります。

 

 

恋人はしっかりとうつ病は

 

 

薬害と認識をしないといけません。

 

 

 

うつ病の恋人との接し方は?付き合い方は厳しく!同棲は完治後に。

 

 

あなたがうつ病の恋人と同棲を考えているのなら

 

やめてください。

 

うつ病が完治をした後にすることです。

 

私たちはもしもあれをしている人が

 

恋人であっても

 

まず危険だと認識をします。

 

 

 

接し方でいえば

 

危ないので逃げますよね?

 

 

 

 

うつ病の恋人と接し方も変わります。

 

厳しくしてください。

 

甘えやだらしがない。

 

言い訳ばかり。

 

実際にはこうしたケースが鬱病には多いです。

 

 

恋人も例外ではありません。

付き合い方も見直す必要があります。

 

 

 

例えば

 

 

うつ病なのに

 

年齢の割には若く見える?

 

幼く見える?

 

うつ病とわからない?

 

うつ病の人でこうしたこと思っている場合があります。

 

 

これは要注意です。

 

うつ病と言ってはしている場合が多いです。

知っていてもしてしまうのです。

 

 

 

うつ病の恋人と遠距離だったら接し方はメールで状況の確認を。

 

 

 

うつ病の恋人と遠距離であれば

メールであなたの恋人が本当にやる気があるのか

 

確認をしてください。

 

 

接し方で必ずしも実際に会って

確認をとる必要はありません。

 

見た目でも判断ができます。

 

 

うつ病の恋人の外見はどうですか?

あなたも今までの接し方を見直して

 

 

冷静になって恋人の分析をしてください。

 

 

太っている、

 

顔色が悪い、

 

だらしがない、

 

だらけている、

 

など。

 

 

うつ病の恋人がすることは

 

恋人がうつ病はないと理解する。

 

精神科・心療内科、臨床心理士のカウンセリングもやめた。

 

 

断薬をする。

 

その後も必死にする。

 

 

コメント

  1. 被害者 より:

    薬物の使用者では嫌われます。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました