うつ病は薬物依存症!旅行なんか考えるな!

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ剤、抗うつ薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤。

薬物依存症。

うつ病は薬物中毒者。

絶対にダメ!!

危険!

 

 

うつ病とは使用者。

 

 

疲れたり

悩んでいる

など

そこに薬物。

 

わたしたちがうつ病の人を見ると

何かしている。

と理解する。

 

 

学校で使ってはいけない危険な物。

と習うもの。

 

これで旅行はとてもではないが

おすすめはしない。

いやしてはいけない。

 

完治をしてからなら

旅行だろうがいいが。

 

 

 

 

鬱病で旅行は行けるわけがない。

 

 

鬱病はあのこと。

これで旅行は行けるのか?

など考えたことがあるだろう。

 

あなたもだが

うつ病を見ると

 

うつ病に甘えていないか?

そう思うわけだが。

 

そのたびにうつ病だからと理由をだされて。

休職をしたり

遊んでいたり。

あなたもうんざりだ。

 

うつ病の人は

うつ病でいることを望んでいる。

薬物が最優先事項である。

 

公的は支援があるから

楽でいられる。

 

 

日本全国にある精神科・心療内科

臨床心理士のカウンセリングなど

 

 

うつ病と言う作り話を使う。

 

 

 

そうなると

 

行き先は完治が最優先。

 

 

 

旅行で悪化!おすすめしない!

 

 

そうなると旅行どころの話ではない。

 

うつ病といっても結局はあれそのもの。

急に悪化をして

暴れることもある。

危険そのもの。

 

 

 

うつ病はおかしい。

 

 

支払いにしても実際には高いのだが

保険の制度を利用した詐欺行為そのもの。

 

 

 

 

うつ病を旅行に誘うのは危険な誘惑になる!

 

 

 

旅行をしたい。

 

うつ病の人は

うつ病を治したいと口だけはいう。

 

 

生活保護の受給者となり

 

旅行に行きたいときに

 

旅行に行く。

 

働かないで

税金で。

 

 

旅行会社に連絡をして元気にして。

 

遊んでいる。

 

 

気分転換に旅行に誘うことは

完治後となる。

 

 

コメント

  1. 被害者 より:

    甘えが多いです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました