うつ病で仕事を辞める?薬物依存症!診断書の高い支払い!死亡!

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ剤、抗うつ薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠導入剤、睡眠薬

薬物依存症。

 

うつ病は薬物中毒者。

 

絶対にダメ!

使用してはいけない!

 

 

うつ病というとわかりずらいが

あの状態。

ニュースにもなるもの。

 

警察の警告通りで

してしまえばなってしまう。

 

 

 

うつ病になる理由は薬害。仕事を辞める理由も。

 

 

 

これはうつ病いがいの

 

精神病、精神疾患も同様。

 

 

うつ病になる理由は

精神科・心療内科での薬害。

 

初診までのは疲れ。

 

何かしらトラブルがあり

 

そこで薬物をする。

 

関連がまったくない。

 

 

明らかに違いがある。

 

なにかあれば

話を聞いてくれる人が欲しい場合もある。

そこで

 

臨床心理士のカウンセリングでいってしまうと

使用者へと誘導されることになる。

お金の無駄どころか

早死に

死亡する。

 

 

 

うつ病は作られたもの。

 

うつ病で使用者

 

仕事を辞めるのも仕方がない。

 

 

 

仕事を辞める。

 

 

 

うつ病で仕事を辞める。

体が動かない。

 

 

うつ病だからと精神科医のいうとおりにしてしまい。

 

 

あなたもうつ病の人に

メールをしている

頭がおかしいと思うだろう。

 

 

うつ病の人はここで再認識をすることができればいいのだが。

信じ切っているので難しい。

わたしたちがうつ病の人に

薬物、精神科、心療内科、臨床心理士のカウンセリングを

早くやめるように伝えても

理解されないだろう。

 

 

 

うつ病で仕事を辞める。生活費。

 

 

 

うつ病で仕事ができない。

辞めると生活費のことがある。

実家で暮らす。

 

最初はうつ病だからで

済んでいたが。

いつまでも治らない。

家族がイライラ。

 

仕事を辞めると

無職。

 

臨床心理士のカウンセリングでも

甘えを助長する

調子のいいことはいうが

 

高い請求がある。

 

 

どれも他人事。

 

 

彼らが仕事を代わりに見つけることはできない。

 

できるようなことを言っては何もできない。

 

そして

 

薬へ誘導をするだけ。

 

うつ病にさせられてしまった原因。

 

 

 

 

うつ病だから仕事を辞めるべきは。

 

 

 

うつ病ということで治療を受けていると

悪化を続ける。

仕事の復職と休職を繰り返す人たちもいる。

 

 

使用者であるから

早死に、死亡。

亡くなる。

 

精神科医などは

うつ病を治すのに

休職や

仕事は辞めるべきといわれるだろうが。

 

結局は詐欺。

生活保護の受給者に追い込んで

 

定期的に受診をする。

 

税金、保険からの支払い。

 

クズたちは日本全国にいる。

 

相当の数、うつ病という話で使用者となっている。

 

コメント

  1. 被害者 より:

    毒物をしている限りは仕事はできません。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました