うつ病の症状は薬物依存症。薬物をやめる?人間をやめる?

うつ病の症状は薬物依存症。

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ薬、抗うつ剤、睡眠薬、睡眠導入剤、抗不安薬、精神安定剤。

薬物乱用は絶対にダメ!

あなたもうつ病の症状に疑いがあるわけだが。

 

そのはずだ。

 

うつ病の症状は薬害。

 

 

 

 

初期では軽度なのが治療というので

 

悪化を続ける。

 

顔つきにも変化があらわれて

おかしい状態になる。

 

 

 

 

精神科医の初期の対応でうつ病の症状になる。仕事もできないことに。

 

 

うつ病の症状の完治をしたい。

 

元気になりたい。

しかしだ。

 

何かしら辛いことやトラウマになること。

 

これらが薬物をしたらなくなるわけがない。

 

いかにも

 

詐欺なのだが。

 

 

 

ここでうつ病の症状をいうものを用いて

 

騙すわけだ。

 

 

うつ病の症状とは精神科医。

 

臨床心理士のカウンセリングで誘導をする。

 

学生であればスクールカウンセラー。

 

 

うつ病の症状といったものを用いる。

 

 

このクズたちの初期の対応で

 

うつ病の症状、

 

使用者となる。

 

そして仕事もできない体になる。

 

 

 

 

鬱病の症状が重度になる。

 

併発もする。

腰痛もよくある被害のひとつ。

 

 

うつ病の症状では

顔つきに目も影響がでる。

周囲からすればあきらかに

危険だと思われます。

 

涙を流していたら

次には気分が明るくなる。

 

うつ病の症状では泣くことや

めまいやイライラもあります。

 

これらも向精神薬が理由です。

 

 

 

 

 

朝も眠い。吐き気もする。泣く。うつ病の症状はつくられたもの。

 

 

 

うつ病の症状であるのが

朝も眠い。

 

吐き気もするし泣くこともある。

こうしたうつ病の症状はつくられたもの。

 

 

 

精神科・心療内科は

 

 

治す考えはありません。

 

定期的に患者が来るようにする。

 

高い請求をする。

 

うつ病の症状と治療にはこうした誤解をわかること。

 

うつ病の症状については

 

躁うつ病の症状もあります。

これもあれをしていればなるのが常識。

 

こうして診断でつくられるのがうつ病。

 

うつ病の症状では物忘れもあります。

 

 

 

 

いつまでも治らないままでいるとなります。

 

しかしすぐになる場合もあります。

 

仮面うつ病の症状も。

 

 

 

 

 

子供のうつ病の症状。知的障害者になる危険も。頭痛はまだいいほう。

 

 

 

臨床心理士のカウンセリングも

 

うつ病の症状と誘導する。

 

発達障害とでたらめにいっては

 

薬へ誘導するだけ。

 

 

子供では

 

 

子供が騒がしい、元気であるのは

 

ふつうのことです。

 

もちろん

おとなしい子供もいます。

 

個性です。

 

 

これと薬物は関係がありません。

 

治療することでもありません。

 

 

 

 

学校であればいじめ。

 

 

犯罪なので

警察や弁護士がすることです。

 

 

 

特徴はマルチ商法でもあります。

 

就労支援センターなどがそれにあたります。

 

 

頭痛はうつ病の症状では軽いほうです。

 

睡眠への悪い影響もあります。

しまいには寝たきりになります。

 

 

頭がおかしい。

もう会社に行きたくない気持ちにもなってしまう。

 

転職もできない。

 

子供がすれば知的障害者になる恐れもある。

 

 

高齢者もこうした危ないのをすれば

 

脳にダメージを受けます。

 

認知症、ボケる、暴れる、廃人

など。

なります。

 

 

もしあなたの彼氏がうつ病の症状があれば

 

 

あなたの身にも危険が及びます。

 

 

あれをしていれば

 

何をするのはわかりません。

 

そのときは大丈夫でも

 

いきなり急にします。

 

 

コメント

  1. 被害者 より:

    早くやめることです。手遅れになる前に。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました