うつ病は薬物依存症!家族にも理解されない!絶対ダメ!危険!

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ剤、抗うつ薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠導入剤、睡眠薬

薬物依存症

 

絶対にダメ。

少しでも使用してはいけない!

 

 

もしもしてしまったら?

捕まるもの。

 

これでは理解されないのが普通のこと。

 

うつ病とは薬害。

 

 

周囲からは

嫌がられ。

 

当初はうつ病だからで済んでいても。

 

長期化して

家族もおかしいことがわかる。

理解されないことになる。

 

 

 

親にも会社にも理解されない。

 

 

うつ病が理解されないのは当たり前。

 

あなたもだが

うつ病の家族が

 

薬物乱用者だとわかっているはずだ。

 

 

うつ病の人は

あれをしているとは理解していない。

 

むしろ

治すために飲み続けている

 

薬物の使用者は

 

薬物が最優先となる。

 

 

親や会社に理解されない。

 

辛いから理解されないのは差別と怒る。

 

 

うつ病に対する理解がない。

ないのが常識。

 

 

会社を解雇になっても

仕方がない。

 

上司にしても

うつ病の人が

何かやっているのがわかる。

 

 

様子がおかしいのはわかること。

 

いつまでも治らない。

 

 

親にも理解されない。

 

 

 

家族や彼氏はどうする?

 

 

うつ病の家族や付き合っている彼氏の対応も変わる。

 

 

うつ病という話だと思っていたのが

じつはうつ病は存在しないもの。

 

本人も理解されないと苦しんでいる。

 

支援するには

 

治す方法はあるが

 

その前にまずは

 

精神科・心療内科・臨床心理士のカウンセリング・デイケアなど。

 

こうした治療というのをやめること。

 

うつ病という害の元だから。

 

うつ病と言う名の被害が知恵袋を見ても

 

大変多いのがわかる。

 

 

なにしろ日本全国で大規模に行われているのだから。

 

 

 

夫や妻の救出を!うつ病はない!

 

 

 

うつ病は薬を売るため。

実際に精神科医などがすることは

 

薬を出すだけ。

いろいろとうつ病と理由をつけては

売るだけ。

 

 

そしてうつ病が理解されないのは差別といっている

 

偽善者。

 

夫や妻の付き添い

多くの人たち。

 

 

話が通じない状態。

 

信じ切ってしまっていたから。

 

しかしここで考え直すことで

救出を間に合う。

 

 

コメント

  1. 医師 より:

    家族や周囲の方はうつ病の患者と思い込んでいる本人に精神科、心療内科の治療をやめさせて断薬です。毒が抜けた後、体の機能が回復するには時間がかかります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました