うつ病は薬物依存症!眠気がひどいのも!

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ薬、抗うつ剤、抗不安薬、精神安定剤、睡眠導入剤、睡眠薬

薬物依存症。

 

薬物乱用は絶対ダメ!

 

うつ病は精神科、心療内科が原因の薬害。

 

TMS治療も薬を使わない依存症。

 

 

 

眠気がひどい。

 

 

 

鬱病で眠気、回復期

 

 

 

鬱病というのは抗うつ薬や睡眠薬でなるもの。

ほかにも精神病は種類があるが。

 

精神科・心療内科でなる。

 

症状は使用者。

 

 

うつ病というのは薬害。

 

眠気があるのも同じこと。

 

 

臨床心理士のカウンセリング、スクールカウンセラーに誘導される。

 

薬局で薬剤師、事務員から覚せい剤、麻薬の購入。

毒を盛られて。

こうしたクズたちは何をしているか

理解している。

 

 

 

 

うつ病になり

昼間も眠気。

 

 

うつ病とは犯罪。

 

回復期を手に入れるには

 

精神科医も臨床心理士も

ただのクズとわかり決別をしてから。

 

 

使用してはいけないもの。

 

これでうつ病になる。

 

 

体調の悪化を続ける。

 

 

 

 

対策というのでうつ病の症状の進行を続ける。

 

 

 

 

あなたもうつ病の人にやめるように伝えているだろうが。

話が通じない。

 

急にキレて暴れる。

薬物が最優先事項だから。

 

ほかのことには耳を貸さない。

 

 

見捨てる。

あきらめたら正しい。

 

 

うつ病だから医療で治すもの。

 

 

だから先生がしてくれる。

 

眠気があるから睡眠導入剤などを服用する。

 

 

 

カウンセリングも薬への誘導。

うつ病と呼ばれている

症状は進行を続ける。

 

眠気も。

 

 

 

 

うつ病の対処をするも。

 

 

 

最後は過剰摂取となり

死亡。

 

うつ病はない。

手遅れになると

うつ病も眠気も話が通じないことになる。

 

理解力の低下もするが。

家族も信じ込んでいる場合が多い。

 

 

コメント

  1. 医師 より:

    副作用に記載があります。薬局で渡されますから読みましょう。精神医療は医療ではありません。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました