薬物依存症が新型うつ病!症状は薬物乱用!絶対ダメ!

 

覚せい剤、麻薬の抗うつ薬、抗うつ剤、向精神薬、睡眠薬、睡眠導入剤、抗不安薬、、精神安定剤

薬物依存症。

 

新型うつ病、精神病、精神疾患は薬害。

 

薬物乱用は絶対にダメ!

そう私たちは理解している。

 

 

 

新型うつ病の症状の説明はデタラメ。

 

 

辛いことがあった、

疲れたなどしたところで

 

騙されてしまい

 

使用をして。

 

 

新型うつ病とは行ってしまったから

知らずに飲み続けていると

 

死亡、早死に。

 

 

 

精神科医に加え

 

臨床心理士がカウンセリングで高い請求をしながら誘導をする。

 

薬局で薬剤師、事務員に毒を盛られる。

 

死亡。

 

殺人。

 

 

うつ病と新型の違いはない。

 

 

 

辛いことがあったこと

 

これは原因は薬物とはまったく別にある。

 

治す方法も違いがある。

 

 

これに加えて

 

新型うつ病と呼ばれている

 

使用者になるだけ。

 

 

新型うつ病の人は治療で治ると思い込んでいる。

 

完治できないで死亡するが。

 

元気になるわけがない。

 

 

 

精神疾患にある名称。

種類はあるが

どれも同じ。

 

うつ病と新型の違いも

診断を受診してから

 

発症する。

 

ニュースになる。

事件を起こして逮捕される。

有名人や芸能人が捕まる。

 

こうしたことと同じ状態。

 

新型うつ病も

 

現代型の詐欺、犯罪。

 

見た目は一見よく見えて

 

話を聞いてくれそう。

 

理解があるふりをする。

 

困ったいるところでやさしくされて。

 

 

 

 

新型うつ病とはつくられたもの。周囲の迷惑になる。

 

 

 

新型うつ病の接し方で困る。面倒。

職場などで正直な考えです。

 

「禁句なんかくだらない?」

「新型うつ病では職場の対応のマニュアルはクズ話と思う。」

その通り。

 

新型うつ病とは存在しない。

 

使用者で

 

周囲に迷惑をかけるのが常識。

 

すれば思考能力の低下に混乱状態。

適応障害というのにもなります。

 

 

 

 

 

新型うつ病などチェック、診断テストをするのは無意味なことです。

 

 

どれも特徴は治療でなる。

 

 

 

新型うつ病での接し方を見直すこと。

 

 

周囲の

新型うつ病での接し方も当然間違っています。

 

病院に行き、

精神科医の薬でなるのが新型うつ病。

 

 

新型うつ病は存在しない。

 

つくられた病気。

 

新型うつ病の対策で

周囲は本人に説明をすることです。

 

ここで実際に治す方法を

実行するのか

しないのかが判断材料になります。

するのなら周りは支援する。

応援をする。

がんばれなど。

 

 

一方で

やらないで言い訳をしている。

この場合は治らないです。

甘えです。

わたしたちが説明をしても

新型うつ病については治すために

治療が必要と言っている。

そしたら

仕事ができないのが当たり前。

 

あげくに休職したい、会社に行きたくないと

診断書の提出をしてきた。

何度説明してもこうだったら

解雇をするしかありません。

 

している人が職場にいれば

新型うつ病の人がとる行動は

大変、危険です。

その時はよくても

急に暴れる、叫ぶなどする恐れがあります。

いつなのかはわからないのです。

同僚や上司の命にもかかわることになります。

 

 

コメント

  1. 医師 より:

    うつ病は薬を売るためです。TMS治療も同じことです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました