うつ病は薬物依存症!涙が出てくるのは感情。泣くことは誰でもあること。

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ薬、抗うつ剤、精神安定剤、抗不安薬、睡眠導入剤、睡眠薬

 

薬物依存症。

 

うつ病になる理由は治療。

 

困ったあなたに危険なのを使うのが

 

治療という詐欺。

 

 

涙が出てくるのも泣くことも

 

誰でもがある感情。

 

そもそも向精神薬を飲んでも

 

嫌な人がいなくなることはない。

 

このやり口に困ったり疲れたりしたり

 

弱ったところに付け入る。

 

うつ病は存在しない。

 

 

 

鬱病の症状はあの粉の症状。泣くと楽になるのは普通のこと。

 

 

 

うつ病はないもの。

 

 

泣くのは普通のこと。

 

鬱病の症状は

 

薬物を使用してしまい

 

なってしまうもの。

 

 

 

よくニュースになる

 

 

有名人や芸能人が逮捕をされているもの。

 

 

 

 

泣くと楽になるというのも

 

これもふつうのこと。

 

取り乱したりすれば

過呼吸になったり。

 

 

混乱をしてしまったり。

なることもあるが。

これに薬物をしてしまえば

 

 

使用者となる。

 

 

 

 

うつ病の彼氏はあの状態。泣くのは男もあること。

 

 

 

付き合っている相手がうつ病。

これは彼氏はあの状態。

断薬が必要と

説明をすること。

 

あれをしていれば

本人もですが

周囲も危険です。

 

 

そのときはよくても。

あれを飲み続けていると

いきなり

急に

正気を失う。

暴力をふるうなど。

 

実際に精神科・心療内科はそういったことが

 

よくあります。

泣くことは男でもあることです。

 

 

精神科医はこうして

 

病気をつくりだしています。

臨床心理士のカウンセリングも同様です。

 

 

 

何かするかっこだけはするが

高い請求に

薬への誘導

役にたたない。

 

 

 

 

うつ病の対処は?接し方はどうする?

 

 

うつ病への対処は

まずは詐欺にあっていることを自覚すること。

 

そして治す方法をする。

うつ病と呼ばれているのは

 

やらせ。

泣くのも含めて

次々と精神疾患ということにしては

 

薬を売るだけ。

 

 

周囲のあなたが

うつ病の人への接し方は

精神科・心療内科・デイケアへの通院、

行くのをやめさせることからです。

 

 

コメント

  1. 元臨床心理士 より:

    つらいことはみなさんあります。しかし精神科医は薬。臨床心理士はなにもできません。みなさんはひっかからないでください。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました