うつ病は薬物依存症。点滴さらに悪化。完治は断薬をすることから。

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ薬、抗うつ剤、睡眠薬、睡眠導入剤、抗不安薬、精神安定剤。

薬物依存症。

うつ病になるのは治療で。

 

そして効かなくなる。

クスリを増やすが。

 

そして点滴する。

薬物乱用。

恐ろしいこと。

うつ病は存在しない。

 

点滴をするような状態は

かなりの進行をしている。

 

精神科、心療内科、

 

精神科医の治療で精神に異常をきたす。

臨床心理士のカウンセリングで誘導される。

 

点滴も薬物も

絶対にダメ。

 

 

 

 

薬、点滴で終わりへ。

 

 

あなたもだが

わたしたちがうつ病に人を見ては

 

あきれるが。

 

うつ病の人は

 

精神科医が治すものと誤解をしている。

 

 

うつ病になり

そのまま症状が重くなる。

 

 

点滴もするのは

 

かなりの重度となる。

 

 

治療でなる。

 

 

精神科・心療内科でうつ病になるとは思っていない。

 

 

むしろうつ病の人は

 

よいものと信じている。

 

点滴にまで手を出して。

 

 

うつ病の点滴。

 

入院するレベルとなると

 

依存症も重症となっている。

 

 

 

名前の種類はあっても同じもの。

 

副作用、効果はあれそのもの。

 

 

しかしこの中身がなにかわかると

 

薬物中毒者

になるのが常識なのはあきらか。

 

 

たしかに有名アーティストたちが使用をしては

 

 

亡くなるものだから。

うつ病といったのはこれのこと。

病院に行く前は

 

ただのネガティブな感情。

 

 

 

 

治療でうつ病に寝たきりに。

 

 

辛いことがあったり

疲れたり

嫌なことを

 

薬物を使って

それはまさにあの状態。

 

 

 

うつ病はないもの。

 

 

または元気がなくなったなどで。

 

 

食欲不振で

 

食事が食べられない状態になることは誰にでもある。

 

 

 

しかしうつ病というのをうのみにして

 

使ってしまえば

 

点滴も含め

 

大変なことになる。

 

 

療法がまさかの原因。

 

 

重度のうつ病というのも

治療が理由。

 

 

 

寝たきりにもなり。

 

時間が経てばたつほど

 

 

症状が進行する。

 

 

うつ病とはつくられたもの。

 

点滴をするということは

 

これはあれの使用者が

 

筋肉注射をすると

強さが強くなる。

 

 

 

最初は鼻から吸っていたのが

 

 

それでは効かなくなり

 

点滴をするのは

 

あの状態に陥り

 

 

注射をするのと同じこと。

 

かなり状態が危険である。

 

 

 

 

なぜ鬱病?精神科・心療内科に行くから。

 

 

遮光という話があるのも

 

使っていればそうなる。

うつ病が重症になるのは

 

詐欺師たちの治すという話を信じてしまってから。

 

しまいには点滴で改善すると思わされてしまう。

 

 

けっこう多い被害のひとつに

 

 

食事の拒否がある。

 

 

これもそういうこと。

 

 

しまいには

 

入院を。

 

死亡、早死に。

 

 

コメント

  1. 医師 より:

    点滴をする段階にまでなってしまいますとかなり大変な状態です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました