失恋うつ病は薬物依存症。病院で作られるもの。克服をするには?

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ薬、抗うつ剤、抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤

薬物依存症。

 

薬はあの使用者、逮捕者。

 

 

ニュースで芸能人、有名人などが使い

ワイドショーなどでも取り上げられるもの、

 

そのもの。

 

失恋うつ病というのも

失恋に原因がある?

 

 

違います。

 

失恋したショック。

感情に変化が起こる。

感情であり

病気というものではないです。

 

 

ここですると

精神科医の診察を受けて

あれをするから

 

失恋うつ病と信じているから。

 

治らないのもしていれば無理です。

 

悪化もします。

 

 

乗り越えることでこうしたことを

克服をするのが常識です。

慰謝料を求めるのもそのひとつです。

 

病院と失恋。

 

関係がないことです。

薬をすれば

復縁しますか?

 

 

 

 

診断で悪化が始まる。

 

 

 

失恋をしたからうつ病。

診断もいいかげんなのです。

病院にいってしまったがために。

チェックをするといっても

こうしたことは医療で治るものではないです。

 

 

 

臨床心理士のカウンセリングで誘導されてしまう被害も多い。

そして薬局に行き薬剤師から購入する。

 

 

 

 

 

失恋うつ病というのも

 

精神医療の業界が故意につくり

 

 

宣伝をして

流行らせて

 

 

これはうつ病もですが精神疾患のすべてです。

 

 

これで失恋うつ病を治すにはクスリを?

 

その薬で発病をして

悪化をしていく。

 

 

年齢も関係がありません。

20代、30代の違いもない。

 

 

すればなる。

失恋うつ病と思い込み。

 

 

 

飲み薬の治し方があると毎回だまされる。

 

過食症になってしまい。

 

 

食べては太る。

吐く。

 

 

男があまりにもひどいのなら

 

自分で振ったほうがいい。

縁切りをする。

失敗をいかして

 

 

素晴らしい男性と結ばれるために努力をするのか

 

 

ちょっとしたすれ違いであれば復縁を考える。

 

 

など。

 

あなたの状況を精神科医も臨床心理士も

 

 

同じ体験をしたことがありません。

 

 

 

その場にいたわけでもない。

わからないのです。

わからないのをわかるふりをしている

 

 

クズたちです。

 

 

 

 

失恋うつ病の症状はあれだった。克服をするには?

 

 

失恋でうつ病にはならない。

失恋うつ病が治らない。

 

 

それもそのはずで。

鬱病の症状は危険なあれを使用するから出るのです。

 

 

 

していれば退職となる。

 

 

薬害です。

これで済めばまだいいほうで

 

 

自殺も。

 

 

仕事で重い責任がある場合もある。

 

 

しかしあれをすれば異常者となる。

 

 

知恵袋にある話もあれのことです。

 

 

そして体調が悪くなり休職。

 

 

性別も関係がない。

 

 

女性、男の場合などもない。

 

 

すれば頭がおかしい状態で

 

 

なにも手につかない状態になる。

 

克服をするには

 

こうした話につけこまれる

 

自分の弱さ。

 

問題をなくすこと。

 

これには

 

自分自身にもあること。

 

例えば

性格が自己中心的。

 

失恋うつ病はないものです。

 

 

 

コメント

  1. 元臨床心理士 より:

    誰もが相談されても答えを提示できることはありません。
    しかも臨床心理士は特に社会経験が乏しいです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました