うつ病は薬物依存症。薬を飲まないとどうなるのか?薬じゃ治らない!

覚せい剤、麻薬が抗うつ薬、向精神薬、

睡眠薬、睡眠導入剤、精神安定剤、抗不安薬。

 

薬物依存症。

絶対に使用してならない!

そのもの。

薬物乱用で廃人。

家庭崩壊、退職、クビ

など。

してはいけない。

 

 

抗うつ薬など向精神薬は

 

精神科・心療内科でするのは

らりっている状態をつくりだすこと。

当然ながら治療といえるものではない。

 

薬を飲まないとどうなるのか?

むしろそれがうつ病には必要なこと。

 

 

薬を飲まないとどうなるのか?

 

依存症を治すには

 

飲まないのが正しいこと。

 

 

そして断薬もだが

することは多い。

完治をしてから社会復帰。

 

 

 

うつ病の症状は

 

 

 

 

 

 

誤解がある話。うつ病は薬をやめたら治った説。

 

 

 

うつ病は薬じゃ治らないのは常識。

らりって治るわけがない。

薬を飲まないとどうなるのか知りたくて

ここで間違いをしてしまうことが多い。

 

薬を飲まないとどうなるかで相談しに

 

精神の病院やメンタルクリニックの受診をすると

 

 

 

当然ながら否定されてしまう。

 

 

 

症状が続くことになる。

 

 

しかし

うつ病は薬をやめたら治ったといった話

これも間違いがある。

薬でなるのは依存症。

たしかにうつ病は薬をやめると治る。

 

しかしうつ病の以前からあること。

 

これはまた別の問題。

 

この誤解がある。

 

 

 

 

 

うつ病は薬をやめるのが必須。効かないのが常識。効果は副作用。

 

 

 

うつ病は薬をやめると治る。

薬を飲まないとどうなるのかでいえばそうなる。

しかし。

それでいいと思ってしまうのは大変危険なこと。

 

ついつい楽にしたい。

 

一瞬で治す方法が欲しいなど。

 

サボりたくなる。

 

 

うつ病だからと言い訳ばかりをしていて。

 

 

そういった甘えをすてて

 

必死に取り組む。

 

そして

 

 

「もう薬は飲みたくない。」

 

「もううつ病という詐欺話にはこりごりだ。」

「クズだ!」

こうなるのは最低限、必要。

 

 

うつ病の薬は効かないといえる。

 

効果は副作用そのもの。

 

 

 

 

 

軽いうつ病もあれ。そして抗うつ薬で症状が進行していく。

 

 

 

治るには

精神科医や臨床心理士のカウンセリングをやめることを。

 

 

 

私たちがうつ病の人に伝えると。

 

 

「うつ病の薬を飲まないとどうなるのだろうか?」

「でも先生が飲み続けるように言うから。」

「職員たちも安全なおクスリだからと言うから。」

 

こうしたことを言っているだろう。

そして

怒り出す。

キレる。

暴れる。

うつ病が理解されない。

など

被害者だと思っていて

加害者の社会や周囲が

するのが当たり前。

 

やってもらおう。

など

 

 

結局は文句ばかりいって

急に叫ぶものまで。

 

 

あなたもだが自覚するわけだ。

 

「手遅れなのを。」

 

 

 

最初に受診をして

 

精神科医の抗うつ薬で軽いうつ病になる。

 

そのまま飲み続けていると

症状が進行していく。

 

そして共犯者が臨床心理士のカウンセリング。

 

薬をすすめる役割を担っている。

 

 

最初はまだうつ病はいいほうなので

 

薬を飲み忘れてもいいのが

うつ病が進み。

飲まないと我慢ができないで

飲まずにいられないことになる。

常用者そのもの。

 

 

 

健康な人が抗うつ剤を飲んだらなるあれそのもの。

 

ニュースになる

芸能人や有名人が手に染めてしまったもの。

これがうつ病。

 

 

コメント

  1. 元臨床心理士 より:

    みなさんよく覚えておいてください。カウンセリングで相談を受けてもカウンセラーにはわかりません。素人なのです。私自身も誤解をしており、反省しました。今は別の業種の仕事をしております。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました