うつ病の薬は覚せい剤。飲まない方がいい。精神科の薬が原因

うつ病の薬は覚せい剤。

当然ですが飲まない方がいいです。

ご家族でうつ病の人がいれば

やめさせるしかありません。

何か問題があり気分が悪い。

気分の低下。

または

興奮気味。

 

このときに治療を受けてしまうと

抗うつ剤で気分を上げる。

精神安定剤や睡眠薬・睡眠導入剤で気分を下げる。

 

依存症に。

飲まない方がいいのです。

 

 

 

抗うつ剤を普通の人が飲むと廃人に。薬をやめたら治った?

 

 

 

うつ病とは薬害でありますから

薬をやめたら治ったという話はそうなのです。

 

 

抗うつ剤を普通の人が飲むと当然ながら

 

 

依存症になってしまいます。

 

これがうつ病なのです。

 

知恵袋ではうつ病に関することがありますが。

 

どれも異常としか思えませんよね?

 

 

 

健康な人が抗うつ剤を飲んだら?

 

 

 

健康な人が抗うつ剤を飲んだらいけません。

 

うつは薬じゃ治らないのです。

 

うつ病は薬を飲まないで治すといえばよいのか

薬で発症するのがうつ病。

 

精神科の薬が原因であります。

 

誰もが飲みたくないものです。

使えば

廃人となってしまいます。

 

 

 

うつ病、躁鬱病、精神疾患。薬では治らない

 

 

抗うつ薬では治らない。

うつ病に効かない。

うつ病の原因ですから。

 

 

 

抗うつ薬は飲まない方がいいのです。

あなたのご家族でうつ病の方がいる場合

早めにやめさせましょう。

 

うつ病は薬では治らないのです。

鬱病は嘘であります。

 

あなたがうつ病を疑うのはそのとおりであります。

うつ病で困るのは

本人はだれかがしてくれると思っています。

 

薬がなくても改善できる方法といえば

 

電気ショックがしたいなど。

 

もうどうしようもないケースが多いです。

 

 

口ではうつ病の薬を飲みたくないと言っていても

 

実際にははまってしまっており。

 

飲みたいのです。

 

躁鬱病も同様に

 

薬でなります。

 

うつ病は治療薬でなるのです。

 

副作用しかありません。

 

コメント

  1. より:

    家族の方もわるいんですよ。
    無責任で。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました