うつ病は薬物依存症。診断書は嘘!

うつ病は薬物依存症。

覚せい剤、麻薬の抗うつ薬、向精神薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤。

薬物依存症。

 

精神科でなるものがうつ病であります。

わたしたちはうつ病の人をにみると

様子がおかしいと理解する。

薬物乱用だから。

 

うつ病がいると・・・よくある疑問が

うつ病のふりをするだけで診断書がもらえる?

どうせうつ病なんて嘘だろ?

うつ病は甘えだろ?

 

 

多くのうつ病とはこのケース。

だからうつ病は嘘だといわれてしまう。

しかし一方で

まじめで努力家。

 

運悪く

騙されてしまった人たちもいます。

実態は薬害。

 

 

 

うつ病とバレるのはいいこと。

 

 

 

会社でも困るうつ病の対応方法。

さぼるのをありきでいるからうつ病の診断書だろ?

このケースは多い。

 

うつ病を口実に休みがもらえないだろうか?

こういった疑い。

うつ病の本人は本当に体調が悪い。

しかし

病院やメンタルクリニックの治療でなっていることはわからない。

 

周囲からやめるように伝えるきっかけがあれば

ほんとうに治したい人はここで考えを改める。

 

 

 

 

うつ病だから退職させたい?

 

 

 

精神科医も臨床心理士も薬局の薬剤師も

していることを理解した上でしている。

極悪人。

きっぱりと縁を切ることだ。

 

 

会社で最初にすることは

うつ病だから退職させる。

ではないのです。

まずはうつ病の人に

精神科や心療内科にいくからうつ病になることを伝える。

 

 

そして実際にうつ病は薬害と理解した。

受診をするのをやめた。

断薬をした。

 

これらをたしかめることだ。

これには臨床心理士のカウンセリングも含まれる。

意外でしょうが。

カウンセラーは誘導するのが役目であります。

勧誘されてしまいますと

行ってしまうわけです。

甘い話なのです。

 

デメリットしかないのであります。

うつ病や抑うつ状態といった名称を

悪用しているのです。

うつ病には様々な種類がありますが

見分け方はありません。

どれも同じです。

 

鬱病で会社に診断書を提出したら

失業で終わりではありません。

 

 

 

休職の期間

 

 

 

うつ病だということがバレるのは

 

むしろ本人にしてもよいことなのです。

 

これをきっかけにして

きっぱりとやめればよいのです。

 

 

断薬後のリハビリテーション。

体力の回復。

そして問題を片づけるのは大変です。

 

 

会社側でできることは

 

限られてします。

 

職場環境の改善は必要かどうか?

これも職場以外に問題があればする必要はないのです。

あれば改善しましょう。

 

うつ病の支援は

 

 

できても

 

がんばれと応援すること

 

と金銭ぐらいです。

 

 

この期間は休職がよいでしょう。

延長もいいでしょう。

 

メールや電話で状況の確認をしましょう。

 

 

上司の方や同僚の方は

 

 

辞めさせたいと思うでしょうが待ってください。

 

 

うつ病が薬害であることを理解するのに

この期間はできれば

 

2週間は欲しいところであります。

 

 

うつ病の人は最初は

嘘だろ?と思う。

 

数度はうつ病の方に説明をしましょう。

 

 

そして

 

一か月を過ぎても

 

 

変わらずに通院をして治療を受けている場合は

 

 

辞めさせましょう。

 

手遅れです。

 

 

コメント

  1. 被害者 より:

    彼らは公的な支援をあてにしています。
    僕はすぐにやめましたが彼らはどうせやらないですよ。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました