うつ病と熱は薬物依存症。早死に

うつ病になるのは抗うつ薬で。

そして熱が出るのも。

体が弱ってしまい。

 

困っても薬を売るだけの

精神科医。

鬱病は治療が原因。

そして熱も。

 

 

 

鬱病で微熱が続く。熱っぽいはまだいい方。

 

 

鬱病とは薬害。

困りごとを抱えている人たちに

あれを売ってお金儲けをする。

 

臨床心理士のカウンセリングは薬物に誘導する。

お金の無駄遣いどころか死亡をしてしまう。

 

元々からあるのは

別に理由がある。

治し方も別の方法。

 

微熱が出るようになる。

 

辛い状態。

 

熱っぽい。

 

これは軽いほう。

 

ここで

精神科医に相談をすると

うつ病や精神病のせいにする。

回復するのに仕方がないから。

など。

 

 

しかし誰も治った人がいない。

 

周囲からすれば

 

 

「精神科、心療内科に行くからうつ病になるのに。」

「熱が出るのも治るといったのを信じているから。」

 

 

 

うつ病に発熱。

 

 

うつ病は

早死にする。

 

うつ病。

若い人たちも。

10代、20代でも。

 

うつ病はないのに

うつ病があると信じ込まされる。

発熱がするのは

クスリで体の力が低下する。

熱中症や風邪もだが

かかりやすくなる。

 

 

あなたはうつ病の人にやめるようにいっているだろうが。

熱の被害のことで

周囲がやめるように伝えても

話を聞かない。

 

 

 

何度話しても

「うつ病だから治療で。」

こう言っては

文句ばかり言ってくるだろう。

 

 

こうなってしまうと

治らない。

 

コメント

  1. 被害者 より:

    カウンセラーとも縁を切ることが必要です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました