就活?薬物依存症で?うつ病は抗うつ薬で発症!

鬱病になる理由は覚せい剤、麻薬の抗うつ薬。

うつ病の薬で

薬物依存症。

 

薬物乱用

けっして使用してはいけないもの。

 

 

就活で疲れたからと

病院の診断を受けて

 

その治療でなるのがうつ病。

 

それまでのは疲労。

 

これで体調を崩して就活ができない。

これがうつ病の共通点。

困っている人たちを

治療というもので誘い出し

お金儲けをする。

 

苦しいことになる。

定期的に来る使用者のうつ病。

メンタルクリニックや薬局は

薬を売るだけ。

 

 

 

うつ病の定義が間違い。患者を囲って金儲け。

 

 

 

うつ病を隠すことで就活ができるとごまかす。

重い体を無理やり動かして。

 

 

しかし見た目からしてもおかしいのでばれる。

 

 

面接を受けても落ちる。

 

 

結果も毎回不採用になってやる気がなくなる。

 

 

精神科医の詐欺にはまっているから。

 

うつ病の定義そのものが間違っている。

 

 

うつ病とは治療でなる。

 

これがうつ病。

 

行かなければうつ病にはならない。

 

精神科・心療内科では学生の被害者たちも多い。

 

就活生だったけどうつ病といった薬害にあってしまい。

 

就活できない状態。

休学に追い込まれる。

 

大学生の退学。

 

そうした弱みを利用した犯罪なのが

 

うつ病。

 

うつ病の人はつくられたもの。

 

就活できなかったから困り

 

両親と実家暮らしをする。

 

それか

 

生活保護の受給者に追い込まれる。

 

 

 

うつ病の人がする対策

 

 

うつ病の人は

こうしたクズどもと縁を切るのが必須。

薬物の売人を手を切るのだ。

 

 

断薬も含めじっくり取り組み

完治をすることだ。

治ったあとに就活だ。

完治をしたあとなら

うつ病だったと言う必要もない。

 

 

 

精神病や精神障害者にある差別や偏見とも

関係がなくなる。

当然就活もまったく変わる。

うつ病の患者とはつくられたもの。

周囲のうつ病に対する理解がないのは

理解を求めては

使い続けるうつ病の人が悪い。

 

 

 

うつ病の症状はしているから

 

 

うつ病から就活。

仕事をするのに

当然

薬物はしてはいけない。

 

元気になってからとなる。

こうした詐欺師たちは

精神科医や

臨床心理士も職員たちも

甘いことをいっては騙す。

彼らは根拠がなく。

そして具体性がなにもない。

「大丈夫です。」

「治ります。」

こうしたことはいうが

中身が何もない。

なんjや2chのスレや知恵袋。

様々な被害が語られているが

残念ながらしてしまっているから。

そして薬局でいつも売人の薬剤師から購入をしている。

 

対策はまずはこういたクズから離れることだ。

入院をしても薬漬けになるだけだ。

就活にしても。

新卒の人もそう。

しかも留年をしてしまうケースも多い。

学生で精神科や心療内科に。

両親は反省をすべきだ。

こうした危険なものを子供たちに飲ませて。

何をしているのかチェックもせずに。

無責任でしかない。

 

手遅れになれば脳が破壊される。

 

 

 

うつ病でも働ける仕事​はない。甘えはやめること。

 

 

就活できないのはつらいが

しかしそれよりもうつ病からの完治が最優先。

 

うつ病のままでは再就職も不利。

誰もしている人を採用したいとは思わない。

仕事にもならない。

それどころか

暴れること、叫ぶこと、

顧客に攻撃的になり危害を加える、

など

とてもではないが無理。

仕事ができないのは

理解されていないなどは甘え。

うつ病でも働ける仕事などはない。

就職活動は治したあとにすること。

 

薬物の使用者

体調の悪化が続いて

死亡となる。

 

 

こういったクズたち。

就活支援はできない。

転職エージェントであったり

会社の人事担当者でもない。

何もできないのである。

それをできるといっては薬を売るだけ。

カウンセリングも違いはなく

臨床心理士も何もできない人

未経験者。

就活前や就活中に

できない人が上から目線で助言をしている。

でたらめな助言で悪い影響を受けてしまうだけ。

 

そしてするように誘導をする。

 

 

 

完治をしてから

転職サイトなども使い

就活をすることを。

 

 

コメント

  1. より:

    薬物の使用者とは仕事はできません。きっぱりとやめること。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました