うつ病は治療で薬物依存症に。期間が経過し早死に!危険!

うつ病の発症もその後の悪化を続けるのも治療方法が原因。

覚せい剤、麻薬の抗うつ薬、向精神薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、睡眠導入剤

薬物依存症。

あなたの周囲にも

うつ病の治療で

被害をうけているうつ病の人がいるだろう。

説得もしているだろうが。

うつ病の人は

理解できないのではないだろうか?

うつ病とは様々なことがある。

治療費が払えない状態に追い込まれることもある。

 

そして死亡、早死にとなることも。

 

 

 

経過とともに体調の悪化。治療期間はうつ病と騙しては高い請求だけ。

 

 

うつ病が治らない。

そして治療費も高い。

いくら支払っても悪化を続ける。

抗うつ薬の成分はあれと同じ。

 

治療に間違いがある。

 

治療でうつ病というあの状態になる。

誰もが何かあれば気分が悪くなる。

これと薬物は関係がない。

原因は治療で解決することはない。

 

パワハラやセクハラがあれば

転職するしかない。

 

ここで治療を受けると

 

うつ病というものになる。

 

 

うつ病とはつくられたもの。

 

働けないので

治療の費用で支払いが大変になる。

 

 

入院も。

 

頭がおかしくなるので

病院に強制的に入れられることもある。

そして出てきたら

廃人

 

 

 

治療中で悪化を続ける。治療経過とともに終わりへ。

 

うつ病の人は精神科医のことを信じている。

 

治療の名医というのであてにもする。

 

あなたもだが

ばかばかしいと思うだろう。

 

あなたが

 

精神科医はクズと伝えても。

うつ病の人は信じ切っているから

 

話を聞かないだろう。

 

 

精神科・心療内科は

 

治療で

薬で脳を動かないようにする。

 

飲み続けていると

危険なものなので

 

もちろん大変なことになってしまう。

 

 

鬱病と呼ばれているのはないもの。

平均の治療の期間の話も実際にはない。

 

そして元々からあるのは

薬以外でするのが正しいこと。

 

最新の薬にしても

結局は同じこと。

 

治療期間が10年以上になっても

治らない。

 

 

 

治療の効果でうつ病。治療費。

 

 

うつ病の人で

妊娠をしても薬を飲んでいる男性、女性がいる。

 

子供たちも後になって

おかしいことになる。

 

そして子供たちもまた

治療というのを受けることが多い。

親子そろって精神科、心療内科に。

遺伝ではなく。

薬物が子供にもいくからだ。

 

 

 

生活保護を受ける。

条件を満たし。

仕事もできないので収入がない。

 

うつ病の治療しながら仕事をしていた人も

続かない。

 

 

 

治療費が払えないことになったら

精神科医はお金をくれるだろうか?

臨床心理士もカウンセリングで高い請求ばかりするが

助けてくれるか?

目を覚ますことだ。

 

 

補助は公的な支援である。

税金の無駄遣い。

 

 

診察の支払いができないから無料にはならない。

薬局の支払いも同様。

薬剤師も自分でしていることを理解したうえで

うつ病の治療ということで

売りつけているクズでしかない。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    わたしも大変な目にあいました。
    精神医療は犯罪です!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました