うつ病の初期症状とは薬物依存症。すでにほぼ手遅れの状態。

うつ病は薬でなるもの。

覚せい剤、麻薬の抗うつ薬、抗不安薬、向精神薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠導入剤、睡眠薬。

薬物依存症になるだけ。

最初は嫌なことがあったぐらいで

泣くぐらいだったのが。

これを相談しに

精神科・心療内科の治療を開始してしまうと。

 

薬物中毒者となる。

薬物乱用は

一度なると回復は難しい。

けっして使用してはいけない。

 

仕事もできない。

周囲の家族も対応に困る。

 

 

 

治し方がうつ病の原因。

 

 

うつ病の初期症状とは何かさまざまにいわれてはいるが

どれも間違い。

うつ病の治し方でさらに薬を増やす。

強くする。

一度でも手を出してはいけない。

警察も警告をしている。

あれはきれる。

イライラする。

そしてさらに使ってしまう。

同じこと。

 

初期症状ですでに危険。

知恵袋などでもこの種の

 

うつ病についてはあるが

業界の話にのってしまっている限りは

 

 

抜け出せない。

当然ながら学生でも使えば

なってしまう。

 

 

うつ病詐欺にあう危険は

 

誰にでもある。

 

高校生に中学生、大学生

小学生に児童精神科。

 

 

診断をされて

うつ病とレッテル張りをされ

 

始める。

 

 

サイトなどでチェックシートをするのも罠。

 

対処が間違い。

 

 

 

うつ病と不眠

 

 

うつ病と信じ込んでしまい

していれば不眠にもなる。

睡眠薬、睡眠導入剤となる。

これも同じもの。

初期症状から進行をする。

 

頭痛がする。

物忘れがひどい。

昏迷。

薬をするから。

 

治療でなるのがうつ病。

身体症状はどれも

使用者そのもの。

周囲からも

うつ病の人は

 

何かしていると理解されて

 

嫌われる。

 

しかしそれでも

鬱病の治し方を信じていることが多い。

 

 

自己改善するのに

臨床心理士、心理カウンセラーのカウンセリングもすすめられる。

 

しまいにはやりすぎで

表情がおかしいことに。

 

最初のうちはまたいい。

頭痛や肩こり

 

顔の表情に変化。

 

しかし自分で気づくことはほとんどない。

 

 

精神が不安定になり

すぐ泣くのもある。

 

会社も辞めたい。

症状は段階を追って悪化をする。

 

 

自然治癒するなどと甘えをいってばかり。

男性、女性、

性別も関係ない。

すれば

大変なことになる。

 

 

あれで寝るのも

意識を失うだけ。

 

 

寝ているわけではないので

休めない。

 

疲れがたまる一方。

 

 

 

うつ病、精神疾患は作られた病気、障害

 

 

 

あれはよくニュースで有名人や芸能人が使って

騒いでいるもの。

うつ病は存在しない。

 

精神疾患にはうつ病の他にも

様々なのが一覧にある。

しかし作られた病気、障害。

 

ステージはしている限りは

進む。

初期症状の段階で気づくケースは少ない。

 

周囲から

精神科医などにいくのを

 

やめるように助言があっても。

多くは悪化のサインを甘く考えている。

 

 

周りは異変に気付く。

 

顔があきらかにしている特徴。

 

 

誰でもがなりやすい人に入る。

しかしここから完治をするのは

方法がある。

まずは

すでに断薬を済ましていることが前提となる。

通院もやめて。

 

 

あれをしながら使用者のままでいたいけど

 

治したいとうつ病の人はいうが

 

当然ながら治らないのが現実。

 

 

うつ病の症状はつくられたもの。

 

顔つきもおかしい、

異常者。

 

 

うつ病の人がとる行動は危険。

家族も巻き込んでしまう。

 

こうしたことを伝えても

うつ病と自分で言う人は多くいる。

 

うつ病の人にやってはいけないことは

甘えを助長すること。

 

やさしくする。

理解しようとする。

 

これらは

 

あれをするのを肯定することを意味する。

 

 

 

コメント

  1. 被害者 より:

    精神科医、臨床心理士、職員、看護師、受付、薬剤師、事務員、就労支援、作業所・・・殺人事件

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました