うつ病で思い出せない。薬物依存症。覚せい剤中毒者で忘れっぽい。記憶低下。

うつ病にさせられてしまい記憶低下もある。

精神科の薬は覚せい剤、麻薬。

うつ病の治療で薬物依存症。

 

うつ病になるのを知らずに続けてしまうために。

 

最初の症状は昨日したことを物忘れ。

思い出せないのが一時的。

忘れっぽいのは悪化を続ける。

これからしようと今思ったことも

思い出せないことになる。

そのまま放置すれば

認知症になる危険がある。

 

 

あなたの周りにも

 

うつ病の人がいるでしょうが。

 

早くやめるように説得をしましょう。

 

 

 

記憶低下に物忘れ。診断からはじまる。

 

 

昨日話したことを思い出せない。

うつ病といった話しを信じてしまったから。

あなたの周囲にも

うつ病の人で

 

今日になったら

昨日のことを新しいこととして話していた。

そうしたことがないだろうか?

 

 

 

しかしここでうつ病で多いのが

わからないまま。

 

思い出せないのは悪化を続ける。

 

うつ病の診断があり

 

治療が始まってからなる被害。

 

 

治った人がいない。

 

そして

うつ病は治らないものという

精神科・心療内科の説明。

 

 

 

 

忘れっぽいし物忘れが激しい。仕事どころか死亡する。

 

 

うつ病は作り話。

薬を売るだけのため。

 

思い出せないのが続き

物忘れが激しい。

 

完治をした人がいない。

 

 

うつ病の治療で思い出せない。

記憶があいまい。

顔つきもあきらかにおかしい。

あれをしている状態そのもの。

 

そのままでいれば死亡、早死にとなる。

 

思い出せないのがひどい。

記憶が抜け落ちるのがひどい。

期間が長引けば

それだけ脳にダメージを受ける。

 

記憶障害。

仕事ができない。

ボケて認知症。

 

うつ病や精神病の症状はあれでつくられるもの。

 

 

コメント

  1. 被害者 より:

    精神科医や心療内科にほんと多いです。認知症が。
    どこかに丸投げですてるだけ。
    病院や施設に住所を移して生活保護費で。
    提携先っていうか共犯者。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました