うつ病の部下は薬物依存症。上司の責任は?鬱病の本当の接し方・対応は?

うつ病という部下の様子がおかしい。

覚せい剤の向精神薬で。

薬物依存症となり

頭がおかしくなっています。

部下への対応で本当にすべきことは

まずは精神科医の受診をやめさせることです。

 

そして元々あるのはまったく別に理由があります。

 

部下のよくない感情は何か問題があることを示しています。

会社にある場合もあれば

個人的なことで家庭のことである場合もあります。

 

問題が薬をして解決することはありません。

 

 

部下の状態は

薬物をやめる?

それとも

人間をやめる?

 

この状態。

 

薬物をやめるしか方法はありません。

 

 

部下を辞めさせたいと思うよりも

指導をおすすめします。

 

メールで間接的に伝えるところから

連絡をして

始めるのもいいです。

 

たしかに

部下が会社もよく休む。

部下を見ると、

 

あきらかにらりっていて

 

なにかやっている?

 

と思ったら正しいです。

 

うつ病の部下への対応は

 

うつ病と訴えている部下に

 

精神科・心療内科にいくのをやめさせましょう。

 

そういったうつ病の裏事情は?

 

 

 

部下がうつ病で苦しんでいる。接し方ですべきことは?

 

 

連絡で間違えをする。仕事でミスを連発する。

周囲に迷惑をかける。

ところが事実関係がわかると

 

対応を変えるのがいいのがわかります。

 

よくあるうつ病への接し方という話は

 

役に立たないどころか害になるのです。

 

テレビやネットで1日1回は

 

目にするんじゃないかと思うほど

 

よく取り扱われるうつ病。

うつ病の部下は薬害にあっています。

 

これはいわば問題があって困っているところへ

 

 

甘いささやきをしては

 

うつ病ということにして

 

騙しているのです。

 

 

部下は病気ではないです。

 

あの状態です。

 

 

精神科・心療内科の治療でなってしまうのが

 

うつ病。

 

そして、精神科・心療内科で悪化する。

 

うつ病の部下もですが

こうして誰でもがなる危険があるのが

 

うつ病です。

 

 

鬱病は薬害。部下に面談で伝えること。

 

 

 

このうつ病と呼ばれるものに診断される場合は

誰でもがなる危険があるのです。

 

 

鬱病という詐欺は部下だけでなく

 

あなたも他人事ではないのです。

 

 

うつ病の部下も大変なのです。

 

 

うつ病の部下を上司は辞めさせたいと考えるのは

 

ある意味正しいことです。

 

あれをしていては

 

迷惑をかけてしまいます。

 

 

問題は本人がわかっていないことです。

 

 

うつ病という部下と面談をし

 

うつ病というものは薬害であること。

 

そして元々からあるのは

 

原因はほかにあること。

 

躁うつ病と訴える部下もです。

 

これを部下への接し方でしましょう。

 

うつ病の部下への対処は

 

精神科・心療内科にはいかせないことです。

 

 

うつ病で退職の前にできることはすること。

 

うつ病で部下にすることは

 

まずは本人がうつ病だと思い込んでしまっているので

 

いくのをやめさせることです。

 

仕事中に些細なミスに対して強く苛立ったり、

 

何も特別怒るようなことが

 

起こってもいないのに

 

苛立ちを感じたり、

 

自分の部下が

 

最近些細なことでイライラしている。

 

落ち着きがない。

 

これはアレがきれた状態。

 

 

治療というのを

 

受けてしまったから。

 

 

部下に限らず

 

誰でもなってしまう

 

恐れがあるのです。

 

他人事とは考えずにしましょう。

 

部下から相談されることもあるでしょう。

 

そうした場合には

うつ病はないことを説明しましょう。

 

たしかにストレスがあれば

 

精神的な落ち込みが強くなることはあります。

 

その時、気をつける必要があるのは

 

「部下も病院には行かないほうが良い」ということ。

 

うつ病というのは色々な種類がありますが

 

どれもでたらめです。

 

したがって、病院に行かなければ

 

ただの落ち込みで済むものが、

 

部下が病院に行くことで診断されてしまい

 

うつ病になります。

 

そしてうつ病と診断されると

 

処方されるのが、

 

抗うつ薬や向精神薬と呼ばれるような薬です。

 

 

これらの薬を使用した治療というのは、

 

 

世間一般では

 

とても安心して行えるものだと考えられています。

 

 

しかし実際には

 

この抗うつ薬や向精神薬を使用した

 

治療というのは、

 

 

脳に対して

 

とても悪い影響がある薬であり、

 

ダメージを負う効果があります。

 

知的障碍者になってしまうリスクもあります。

 

 

ニュースで逮捕されているのを思い出すと

 

同じ状態なのです。

 

どのようなダメージを

 

体に対して与えるのかを簡単に説明すると、

 

気分の異常な変動や不眠など、

 

一般的にうつ病と呼ばれる症状を引き出す効果があります。

 

これらの症状が現れるようになると、

 

当然ですが部下も

 

これまで通りの生活というのは

 

送れなくなってしまう場合があります。

 

 

世間から

 

「あの人はうつ病になってから頭がおかしくなった」

 

 

という

 

レッテルを貼られる可能性もあります。

 

 

薬漬けの生活が始まることになります。

 

精神科医により

 

頭がおかしくなるようなことを

 

引き起こしたくないのであれば、

 

病院やクリニックでの診察はやめるべきです。

 

 

迷惑と思わずに!うつ病の部下の命を救いましょう!

 

 

部下の指導をするにはメールも使い、

 

よくあるマニュアル話は忘れましょう。

 

うつ病の人に励ますのがよくない。

 

禁句があるからがんばれもよくない。

 

など。

 

がんばって問題点の数々をなくす部下。

 

薬物もやめる。

 

励ます、応援することが

 

被害にあっている部下に心強いです。

 

たしかに部下に迷惑なのでは?

 

そう思ってしまう時もあるでしょう。

 

しかし余計なことと思う必要はありません。

放っておけば

 

部下は命を失うことになります。

 

 

 

鬱病で病院やクリニックに

 

すでに行ってしまっている。

 

その場合は早急にやめさせましょう。

 

うつ病で多いのが

話が通じないことが多いです。

 

ここであなたの指導です。

 

放っておけば

部下の命の危機です。

 

これをどうにかしてうつ病はないと

理解させる必要があります。

 

 

よくある話で「環境の改善」。

しかしあなたもおかしいと思うでしょう。

 

仕事をバリバリして元気な人は元気。

それなのに

 

なぜこうも違いがあるのか?

 

うつ病なんてなかったのに。

マニュアル通りにしてはいるけど

 

改善しない。

 

つまりはうつ病にまつわる話は

 

作り話なのです。

 

たしかに

 

労働環境の改善。

 

待遇も含めて。

 

問題は存在しています。

 

しかしあきらかにうつ病に関しては

 

おかしいと思うのが正しいです。

 

 

うつ病に対する誤解。部下を助けることができる!

 

 

次に紹介するうつ病対策の方法は、

 

家族との協力も必要なものです。

 

というのも、気分の落ち込みというのは

 

職場内の状態が良くなるだけでは

 

劇的に改善するということはなく、

 

 

部下にとって最も心が落ち着く場所である

 

家庭での時間をより良くすることで、

 

より改善しやすくなります。

 

例えば家族とのコミュニケーションに

 

費やす時間を増やしてあげる。

 

本人が希望する日に休みが取れるようにする。

 

楽しみの場を増やしてあげる、

 

といった方法も効果的です。

 

 

勿論こういった改善方法を取る際には、

 

 

自分自身と部下や同僚との

 

関係も良好にしておく必要がありますし、

 

部下の家庭事情なども考慮する必要があります。

 

したがって、常に周りの人間との

 

関係をより良い方向に進めていく

 

努力を怠らないようにしましょう。

 

うつ病への対応は

 

どれも手間がかかるものです。

 

人によって面倒くさいと

 

感じることもあると思います。

 

しかしうつ病に誤解があるために

 

大変なのは部下なのです。

 

こういった改善方法というのは、

 

うつ病と信じている

 

部下の命を救うだけでなく、

 

職場環境そのものを

 

劇的に改善していく効果があります。

 

したがって、

 

こういった対策というのは

 

周りの人が働きやすくなるだけでなく、

 

何より自分自身が快適に働けるようになるという

 

メリットも存在しているのです。

 

どのようにして改善していくのか、

 

周りの人と相談しながら

 

少しずつ取り組んでいくようにしましょう。

 

部下への接し方では

 

精神科・心療内科には行かせないで薦めない。

 

治す考えがないのです。

 

定期的に患者が来る状況を

 

維持しているだけなのです。

 

 

したがって、何も考えずに

 

見ているとほとんど気が付かず、

 

知らない間に部下が病院へ行って

 

抗うつ薬や向精神薬などの

 

薬によって頭がおかしくなってしまったり、

 

薬漬けになってしまっている

 

可能性もあります。

 

 

そのため、部下を助けるには

 

常に周囲に気を配るようにしましょう。

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    なにかあるから辛いのに。
    どうして薬がでてくるのか。
    よくなるわけないのに。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました