うつ病で体が動かないのは薬物依存症、薬害で

うつ病になるのは覚せい剤の抗うつ薬、向精神薬で。

睡眠薬、睡眠導入剤、安定剤も麻薬。

体が動かないのもうつ病ではなくて。

 

薬物依存症

薬害。

 

覚せい剤であるため辞めるしかありません。

人間をやめるのか?

薬物をやめるのか?

 

あなたがうつ病の人に説明をしても

彼らはすっかりと信じきっているだろう。

 

 

あなたがうつ病の人をみて

 

 

 

これはあきらかにいってしまっている・・・

 

手遅れだ・・・

 

 

そうであれば無理に

 

説得をしようとはしないほうがよいです。

 

逆に逆恨みをされてしまいます。

 

なんでうつ病を理解してくれない?

 

など

 

 

差別ととらえます。

 

あなたに危害を加えるリスクがあります。

 

放火をされる恐れもあります。

 

 

 

朝も症状がでて・・・うつ病詐欺

 

 

うつ病が治った例がない。

うつ病など精神疾患については

 

「犯罪そのもの。」

体が動かない状態になるのは

こうした甘い話にのってしまったから。

 

 

「うつ病は存在しない。」

 

要は人間関係などで疲れた

ストレスが溜まって嫌になった。

気分が悪い。

など。

こうした状態で

 

精神科医や臨床心理士が甘い罠がある。

 

抗うつ薬や睡眠薬を使えば

 

こうした問題がなくなると。

人の弱みに治療で治ると

でたらめなことを話す。

 

普通はそういった魔法がないことは

分かり切った話である。

胡散臭い話で相手にしないことだが

 

弱っていると信じてしまいやすい。

 

 

体が動かない時・・・うつ病にされてから。

 

 

うつ病の話はよくある詐欺の一種。

臨床心理士は同じことを経験していない。

他人には見えない。わからないこと。

それをやさしい人を演じてわかったふりをする。

ちょっと~だからと薬や精神科医に誘導をするだけ。

 

さらにやっかいなのがわからないで

うつ病の人は自覚がないままで

病気だと信じ込んでいる。

 

 

うつ病という薬害を発症をする。

 

しまいには体が動かないことになる。

成分からしてもわかること。

 

体が動かない時は

すればなる。

 

あなたの周囲にいるうつ病という人。

 

説得をできたらでいいので

 

やめさせるのをおすすめします。

 

 

 

 

ただし。

すでにもうあきらかにいってしまっているのは

見捨てるしかありません。

 

 

ここでうつ病に説明をすれば

かえって恨みを買ってしまいます。

 

 

巻き込まれてしまうきけんがありますため

 

縁切りをする

関わらない

近づかない。

 

など注意をしてください。

 

 

コメント

  1. 被害者 より:

    私のケースは気づいてすぐにやめましたが。
    でもうつ病だと信じ込んでいるのに
    話しても話がほんとつうじない。
    カ〇ト〇教と同じです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました