うつ病を解雇したい!薬物依存症だから。

うつ病の抗うつ薬、向精神薬は覚せい剤。

うつ病になるのは薬物依存症。

同じ成分。

 

安定剤や睡眠薬は麻薬でダウンさせる。

 

 

これはうつ病ではなく

薬物中毒者。

解雇したいのが自然なこと。

 

解雇されて当然。

うつ病など精神疾患には

完治をした例がない。

精神科や心療内科の

治療が原因でなるからだ。

臨床心理士、心理カウンセラーのカウンセリングは

その薬物へ誘導する。

 

 

うつ病という作り話に乗せられてしまい。

治るには薬害もだが

 

これとは別に原因がある。

 

 

 

理由はあれだった。違法なはずが。

 

 

私たちが

うつ病の人を見ると

なにかやっていると思う。

その通りである。

 

 

うつ病というのは存在しない。

 

私たちは

誰もが辛いことや困難なことがある。

ここで嫌な感情がでる。

これは自然なこと。

問題を乗り越えると

こうした感情はなくなる。

そしてやりきった

いい感情がくる。

 

 

ここで

 

精神科医などがだますのだ。

薬物をして気分をよくする。

これが治療。

うつ病は

症状はあれそのもの。

治った人がいない。

 

 

 

 

困った人に

 

疲れた人に

気分がすぐれない人たちに

でたらめにうつ病など診断名をつける。

そして

 

あれをすれば気分がよくなります。

これが治療というもの。

 

これでは解雇されるのが普通のこと。

 

 

臨床心理士もてきとうに理由をつくっては

カウンセリングで高い請求を繰り返すだけで

するように誘導を繰り返すクズ。

 

いつまでも治らないので

治るためと思い込んで通院を続ける。

 

 

 

解雇したいのが常識。就業規則以前の話。

 

 

わたしたちが思うのは

うつ病がそうなら

断薬すればいいじゃないか?

これは正しいこと。

 

しかし

うつ病の人には話が通じない。

理解できないのだ。

1週間から2週間でいいので

数度、うつ病の人に説明をして

薬物をやめるように伝えることだ。

これで無理なら解雇するしかない。

 

うつ病の人にはしつこく何度も説明はしないことだ。

 

期間も長くしないことだ。

 

理由は

 

逆恨みをされるからだ。

 

 

事件に巻き込まれたり、

 

放火される危険がある。

 

 

あくまでもある程度にとどめる

 

うつ病の人に伝えて

 

反応をみておくことだ。

 

 

たしかに

知らずに使ってしまったわけだが。

 

その後はやめられなくなる。

 

有名人や芸能人が

逮捕されたときの

 

状態を思い出していただきたい。

 

同じなのが理解できる。

 

 

会社側にすれば解雇したいのが常識。

 

うつ病だから頭がおかしいと思うのが自然なこと。

 

 

うつ病で解雇は就業規則どころの話ではない。

 

逮捕されるものだから。

 

 

解雇できるかと職場の同僚や上司も思うのが普通のこと。

 

これは差別や偏見ではない。

 

精神病に対する理解がないのが自然。

 

 

 

試用期間や契約社員で

うつ病で解雇になった人たちもいる。

どちらにしてもやめるしかない。

 

 

 

社員がうつ病で相談は精神科医にはしてはいけない。

 

 

社員がうつ病で困ったから

メンタルヘルス対策で精神科医や臨床心理士に相談。

 

これは一番してはいけない最悪のことです。

社員をうつ病にすることをしているのです。

 

そして解雇されたとなり

あとになって面倒なことになります。

 

新型うつ病も作り話。

気づいたら

社員が精神科・心療内科の受診をしている。

この場合は

行くのをやめさせることが必須です。

うつ病からのやり方があっても

実際にするのは本人です。

詐欺と説明を何度もしても

うつ病だから~と繰り返す場合は

辞めさせるのが正しいです。

 

退職金を多めに支払ってでも

 

解雇をすること。

 

危ない人が職場にいれば

 

周囲が危険にさらされます。

 

コメント

  1. さき より:

    私も話がおかしいと思っていましたが。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました