うつ病は薬物依存症!社会復帰は薬物をやめることから

うつ病というのは精神科・心療内科でなる。

抗うつ薬、抗うつ剤は覚せい剤とまったく同じ。

薬物依存症、薬物中毒者、廃人。

使用してはいけないもの。

 

人間をやめるか?

それとも薬物をやめるか?

 

 

薬害と認識をしっかりとした上で断薬をすることが

社会復帰をする上での注意点です。

もちろん精神科医や臨床心理士などという

悪魔と縁を切ることも必須。

 

薬物をやめるか?

 

人間をやめるか?

 

 

社会復帰を支援するという話にも注意をしてください。

 

一見こうした就労支援センターなどに

 

行くのがいいように

 

思ってしまっても考え直しましょう。

 

こうしたうつ病の支援をしている多くは

 

精神科・心療内科とつながりがあります。

 

病院・クリニックの関係者がしていることもあります。

 

 

社会復帰までどうする?支援は役に立たない。プログラムは自分次第。

 

 

アルバイトでいいのでしょうか?

 

こうした支援というものを受けても

 

一時的に社会復帰までしても

 

 

また再発をします。

 

 

うつ病と思っている限りは

 

復帰率は0%。

 

難しいのではなく

 

無理。

 

 

職業訓練をすすめられても

 

企業からすれば怖い。

 

もしも採用をすれば

 

迷惑でしかない。

 

 

うつ病だから

 

あきらめたから

 

仕方がないから

 

 

 

ボランティアをする場合も

 

ありますが

 

 

それでいいのでしょうか?

 

 

 

 

こうしたうつ病に関係する社会復帰を

 

支援しますといった

 

 

もう詐欺といっていいでしょう。

 

 

 

これとは別にあなたも最初から抱えている問題。

 

 

を片づける必要があります。

 

 

うつ病から社会復帰までの話も

 

 

どれも架空の話で

 

じっさいにはないことです。

 

 

仕事は無理です。

 

誰も相手にしません。

 

アルバイトやパートをしても

 

問題があるので

 

長く続かない。

 

 

あなた自身も社会復帰を本気でしたいですよね?

 

それでしたら違う方法が必要です。

 

 

うつ病からの社会復帰をするのは

 

 

プログラムがあっても

 

自分がするのかしないかが分かれ目。

 

説明はできてもするのは本人だから。

 

うつ病はやらせです。

 

焦りがあれば

 

休みましょうといわれる。

 

 

お金は?

 

収入は?

 

 

クズたちはくれません。

 

社会復帰をするには

 

支援を前提にするのを

 

やめることです。

 

 

うつ病の人を支援しますといったのを

 

あてにしていませんか?

 

甘えていませんか?

 

社会復帰をしても一時的。

 

ハローワークにいって

 

再就職の活動。

職種もないようなもの。

 

それか

社会復帰ができないか。

 

どちらにしても

認知症、ボケる

 

癌など病気になってしまい

 

命を失う。

 

精神障害者とは使用者。

 

その状態で社会復帰をしたら

 

それこそ周囲に迷惑がかかるだけ。

 

 

助けは期待するな!無理といっている限りは社会復帰はできない。

 

 

社会復帰を果たしたいが

やってもらえる?

 

仕事探しを

精神科医や臨床心理士。

 

社会人経験がない。

就職活動の経験がない。

 

わからないで未経験。

こうしたクズに助言を期待するのはやめましょう。

 

 

うつ病から社会復帰に成功したひとは

いない。

 

しかしそれは

うつ病であると思い込んでいるから。

 

 

うつ病のままで

 

精神障害者の手帳を使っての就職というのは

おすすめはできない。

 

 

精神科・心療内科のクズ職員からも

手帳を使えば仕事があるという

 

甘い話があるだろう。

 

社会復帰をしたい気持ちがあり焦りがあるだろう。

それを利用されてしまっているのだ。

 

甘えがでて

手帳の取得?

 

 

 

冷静に考えれば

 

実際には精神の障害者に仕事はない。

 

会社が嫌がる、不採用にするのが当たり前。

 

 

ただのクズで転職エージェントでもない。

 

そして

 

とんでもないこと。

あれを使っていれば

 

周囲に暴力をふるう可能性も否定できない。

 

そしてしていれば進行過程では様々に問題を起こす。

突然キレる。

 

暴れる。

 

事件を起こす。

 

精神科・心療内科の方法でうつ病になる。

 

次の段階では

 

体調が悪化を続ける。

 

 

 

仕事ができないからだになる。

 

 

 

うつ病から社会復帰したい。

 

そのためには行動が必須。

 

精神科・心療内科では期間が延びていくだけ。

 

社会復帰率もどうでもいい話。

 

職業訓練は関係がない。

 

使用者は社会復帰はできない。

 

うつ病からの職場復帰のタイミングはない。

している限りは。

 

 

職種は?ボランティアでいい?正直に。

 

双極性障害も同じこと。

使えばなる。

 

精神科・心療内科・

臨床心理士・心理カウンセラーのカウンセリングが原因。

 

復職をするには

 

悪魔との関係を絶つことから。

 

職場復帰をしたいのなら。

 

周囲にしても

職場にしても

うつ病との接し方に困ります。

対応する方法がわからないから。

これも業界の話を信じているから。

 

 

もちろん誰もが生きていれば

 

不安がある。

 

 

社会復帰といっても失敗してばかり。

無理だとあきらめたと思う時もあるだろう。

 

でもここで焦りは禁物。

仕事に戻りたい。

社会復帰したい。

 

社会復帰するといっても

 

社会復帰後にボランティアは違います。

 

あなたも本当は

ボランティアなんかやりたくないでしょう?

仕方なくしたってバカらしくなるだけです。

 

 

それよりも

正しい方法でうつ病を片づけること。

 

 

コメント

  1. より:

    完全に薬物を断ち。精神科医や臨床心理士とはきっぱりと縁を切る。
    それからでしょう。会社の面接、仕事などは。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました