ウクライナ侵攻はなぜ?ウクライナ戦争はなぜ起きた?原因は?

スポンサードリンク






ウクライナ侵攻を止めるには

通貨の交換を停止することだ。

 

 

アメリカドルとルーブルの交換の停止だ。

 

 

 

中国からの裏支援がある。

 

金融援助と食糧援助だ。

 

 

 

SWIFTからの追放に

 

経済制裁、金融制裁だけでは不十分で

 

抜け道がある。

 

 

 

それかアメリカの参戦。

 

 

ウクライナ侵攻は独裁者の誤った考えで。

 

私たちはウクライナ戦争で

 

なぜロシアがウクライナに侵攻を開始したのか気になっている。

 

 

プーチン大統領

 

独裁者の独りよがり。

 

目的は

 

ソ連、ソビエト連邦の復活をするため。

 

 

 

ウクライナとロシアは兄弟国という表現はしないことだ。

 

とんでもない間違いだ。

 

これもロシアによるプロパガンダである。

 

 

 

 

スポンサードリンク






ウクライナ侵攻はなぜ始まった?

 

 

 

 

 

周りの人たちの話を聞かない。

 

自分の言う通りにならない人たちは粛清。

 

 

誰も周りにいない。

 

 

これにより判断を間違えた。

 

 

ウクライナ侵攻。

 

 

 

ナチを口実にしている。

 

 

 

ナチ、ネオナチのウクライナからロシア人の救出が

 

ウクライナ侵攻の理由とロシアはしてあるが。

 

これはプーチン大統領による。

 

 

ロシアはナチに勝利したことを重視している。

 

 

アメリカの参戦があったから

 

勝利ではあったが。

 

 

 

 

 

ナチスを使用しているのはロシアの国内対策。

 

 

ネオナチの政権、大統領、ナチ化など

 

レッテル張りをして

ロシア国内をまとめるのに

プロパガンダに利用している。

 

 

 

ウクライナの大統領

ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は

ユダヤ人。

 

ナチスが迫害、大虐殺をしたユダヤ人。

 

 

ロシアを見る場合

行動、

していることで見ることだ。

 

 

話していること、

約束や契約は無視することだ。

守らないからだ。

 

目標の達成のために

利用しているだけだ。

 

 

わたしたちの日常の生活と同じ。

 

自分たちの普段の生活でも同じことが言える。

 

助言やヒントをくれる相手がいる。

 

 

時には痛い話だったりもする。

 

 

そして自分でも

 

実は

 

理解している。

 

やらなきゃいけない!

 

って。

 

 

でも見ないようにしている。

 

そういったことがある。

 

 

 

そうであるが

 

ウクライナ侵攻について

 

わかりやすくしたもの少ない。

 

また日本国内において

 

ロシアの援護をする者が一部ではあるがいる。

 

理由はロシアの偽情報に乗っているため。

 

降参をするように言う場合は無知。

 

どれも相手にしないで無視することだ。

 

 

ウクライナに栄光あれ!英雄たちに栄光あれ!をウクライナ語とロシア語で。発音も。

 

 

 

 

ウクライナ侵攻を簡単

 

 

 

ロシアの独裁者は

プーチン大統領は

 

ウクライナ侵攻の開始から

 

1日から2日で

 

 

ウクライナのキエフを抑えて

 

 

ウクライナの大統領

 

ウォロディミル・ゼレンスキー大統領を捕らえる。

 

 

 

斬首作戦。

 

 

そして傀儡政権の樹立。

 

 

 

ウクライナ侵攻ルートは

 

 

 

ベラルーシ

チェルノブイリ原発

キエフ制圧

 

 

 

 

ウクライナ侵攻する前に

 

 

すでに前もって

 

ロシアはウクライナ国内に

 

ロシア側、親ロシア派の

 

 

ウクライナの政治家を複数人、

 

 

確保してあった。

 

 

 

ウクライナ侵攻は今に始まったことではない。

 

 

長い歴史において

 

 

 

ロシアはウクライナ侵攻、侵略をしてきている。

 

 

ホロドモール。

 

ロシア、ソ連が人工的に故意に行った

 

ウクライナ飢饉、

 

飢餓テロ、

 

ジェノサイド、

 

 

当時の独裁者はスターリンで。

 

 

 

シベリア抑留。

 

ソビエト連邦の時代。

 

詳しくは

 

 

シベリア抑留者支援・記録センターを参考にしていただきたい。

 

 

 

 

ロシアというのが隣にある脅威。

 

 

中央ヨーロッパはいつもロシアに対して持っている。

 

 

話していると

 

 

アメリカはいつも言うだけ。

 

 

と聞こえてくる。

 

西ヨーロッパと持っている危機感が全く違う。

 

 

 

 

ウクライナの経済が成長しないのも

 

 

ロシアがいなければ違ったものになる。

 

ウクライナ人は優秀だ。

 

機会がないだけだ。

 

 

ウクライナ戦争後に

 

日本人、日本がウクライナに対して

 

できることは多くある。

 

 

そしてそれが

 

ウクライナ、日本、両国の国益にもなる。

 

 

 

 

 

この時期でもバカ騒ぎのメディア。テレビ、新聞は消滅する。

 

 

 

日本においては

 

 

ロシア、ソ連、ソビエト連邦に対して

 

親近感、非常に甘い考えがある方たちもいる。

 

 

 

やはり教育だ。

 

 

学校や社会できちんと教えられていないためだ。

 

 

日本の大人たちの責任である。

 

 

 

ウクライナ侵攻がなぜなのか

 

各種のメディア、

 

テレビや新聞、読売、産経、朝日、日経などでもあるが。

 

 

テレビについては

 

 

普段からそうであるのだが

 

 

あらかじめ台本をシナリオライターが用意してある。

 

 

それを視聴者に向けて

 

 

そのシナリオの通りに

 

 

出演者が演じる。

 

 

 

専門家と話す人、大学教授、コメディアン、お笑いタレント、芸能人、俳優、女優など。

 

どれも同じ。

 

 

 

 

いずれは経営が成り立たなくなる。

 

 

 

テレビ、新聞は

 

 

在日ウクライナ人に多大な迷惑をかけている。

 

 

 

皆、家族や親せき、友人、知り合いなどの

 

心配をしている。

 

 

疲れ切っていたり、

 

戦争を終わらせるため

 

 

ウクライナの勝利のためにいつも努力をしている。

 

 

睡眠不足、寝不足で。

 

仕事をして

 

そしてこうしたこともする。

 

時差もある。

 

 

メディアはこうしたウクライナ人を利用して

 

 

視聴率を上げ、儲けたいだけ。

 

 

そして長い時間インタビューをしても

 

編集でカットして

 

 

使われないことも多い。

 

 

 

 

国際法を守らず。

 

 

やりたい放題。

 

 

ロシアはソ連の時もその前も。

 

 

これで話し合いで解決できる?

 

降伏すれば?

 

 

一部で常識がない人たちがいるが。

 

 

相手にしないで

 

無視することだ。

 

 

 

安全なところにいて

 

くだらない

 

聞くに堪えない

 

醜い

 

空想を

 

 

話しているコメンテーターたちがいる。

 

 

 

 

私たちは

 

相手にしないことだ。

 

需要があるから

 

 

テレビ局も起用する。

 

 

誰も相手にしなければいいだけだ。

 

 

見る人、読む人が減少しているのだ。

 

 

スポンサーの減少、

 

 

定期購読者の数の減少。

 

 

先がないメディア。

 

 

なくなるのは時間の問題。

 

 

既存の会社に変わる

 

 

別の会社が必要となっている。

 

 

 

 

 

 

子供たちも大虐殺されている今

 

 

 

 

 

ウクライナでは今も

 

子供たちも犠牲になっている。

 

 

これは大虐殺。

 

 

現地からの写真や映像が

 

 

こちらに来るが

 

とてもではないが

 

 

載せられるものではない。

 

 

 

 

ウクライナへの寄付、寄付の方法や寄付先はどこが良い?

 

 

 

ウクライナ侵攻がなぜこのタイミングなのか?

 

 

 

ウクライナ侵攻がなぜこのタイミングなのか?

 

 

なぜ今なのか。

ウクライナ侵攻は

なぜこの時期か。

 

 

なぜ起きたのと合わせてある話。

 

 

 

 

 

ウクライナ侵攻がなぜ始まったのかは

 

 

独裁者。

 

周囲を粛清。

 

周囲が止めることをしなかった。

 

 

 

 

ウクライナ侵攻についてなぜなのか

 

 

簡単に考えるのはやめることだ。

 

 

人間は複雑だ。

 

 

 

株価が下がるのは避けられない。

 

しかし中国ベッタリで

 

儲けている誤りを正すきっかけにすることだ。

 

中国経済は本当に悪い。

 

 

 

 

中国にいる日本人は

 

早く出国することだ。

 

 

帰国ができなくなる。

 

人質にとられることになるからだ。

 

 

 

その場合は

 

 

日本政府も救出はできない。

 

 

だから前もっていま

 

警告があるのだ。

 

 

 

 

 

 

冬であれば

 

道路が固まる。

 

そして雪が解けて

 

道路がぬかるむと

 

車両が泥にはまるからだ。

 

 

 

 

 

 

ウクライナ侵攻とnato加盟

 

 

 

ウクライナ侵攻とnatoへの加入が

 

ロシアによるウクライナ侵攻とある。

 

 

ロシアは不法に占領している

 

クリミア半島に電気、水道、ガス、食料といったものを

 

ロシア側から送れるルートの確保がある。

 

 

 

 

そしてアゾフ海から地中海へのルートの確保。

 

 

 

凍らない港の確保。

 

 

 

nato加盟が理由ではない。

 

 

そして

 

独裁者がウクライナを甘く見て

 

どうせ勝てるからと。

 

 

 

話が膨らみ

 

さらについでにウクライナ全土を侵攻して

 

 

全部とってしまおう、

 

 

占領しようとなった。

 

 

止める人がいなかった。

 

 

ロシア人は長年の間

 

この独裁者を許してきた責任がある。

 

 

 

 

 

 

ロシアのウクライナ侵攻では

 

ヤフー知恵袋でもある。

 

日本の世論が変わる。

 

 

皆、

 

表にはださないだけだが

 

 

これは確実に起こっている変化。

 

 

 

チベット、モンゴル、ウイグル、香港、

 

大虐殺。

 

漫画もあるが。

 

ウクライナ戦争について

 

漫画で解説をするものも必要。

 

 

 

 

 

ウクライナ侵攻がなぜなのかもだが

 

わかりやすくして簡単にして

 

子供向けにとなると

 

 

漫画が適している。

 

 

 

 

 

なぜウクライナに侵攻するのか

 

 

 

 

なぜウクライナに侵攻するのか疑問はあるだろうが。

 

 

前述のとおり

ロシアのウクライナ侵攻の目的は当初と違いがある。

 

 

この理由は長い間

 

 

自分の周囲が

 

 

いつもイエスマンでいう通りにする。

 

異論を唱えると粛清される。

 

 

 

結果

 

 

独裁者に都合の良いことしか言わない。

 

 

この状態で

 

長年の間いれば

 

 

あなたもだが

 

わがままになるのがわかる。

 

 

自己中心的になり

 

 

性格も歪む。

 

 

 

 

ウクライナ紛争の原因

 

ウクライナ情勢の最新の情勢を確認するのはいいのだが

 

ロシアがウクライナ侵攻に踏み切った理由も

 

 

押さえておいてほしい。

 

 

ロシアはなぜウクライナに侵攻するのかが

 

 

分かったうえで。

 

 

 

なぜこうなった?

 

ロシアはなぜウクライナに侵攻するのか​

 

 

独裁者の独りよがり。

 

 

コメント

  1. はつみ より:

    ネットのデマはあきらかにおかしいです。
    それとでたらめに話しているのもいて。
    気を付けましょう!

  2. たい より:

    なんでも好き勝手でわがままし放題でとうとうおかしくなった。
    ロシア国民を巻き込んで国ごと終わり。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました