uber eatsが高い?出前館との違いは?プロモーションコードは?上手な使い方

スポンサードリンク






今回は、 uber eatsの配達料や手数料などが高いことについて

また、ウーバーイーツで安く食べる方法を紹介しますので

参考にして下さい。

 

最近話題となっている uber eatsですが

利用したくても配達料や手数料が高い?

と気になって利用するのを迷ってしまいます。

 

実際に uber eatsのデリバリーサービスは、

 

配達料や手数料がかかり

 

店舗で食べるより料金が高いです。

 

uber eatsと店舗で食べるのと

 

どのくらい違うのか?

 

 

スポンサードリンク






uber eatsの配達料や手数料は高い?

 

 

uber eatsの料金は、店舗で食べるより

「割引クーポン」を使わないと

 

ウーバーイーツの料金は

 

店舗で食べるより高くなります。

 

 

店舗別に、

 

料金の比較をしてみましょう。

 

 

 

 

店舗名

メニュー

店舗飲食(購入)

uber eats

割増率

吉野家

牛丼(並)

380

570

50

モスバーガー

モスバーガー

380

450

22

バーミヤン

ラーメン

538

650

21

ほっともっと

のり弁

330

580

76

マクドナルド

テリヤキマック

セット

630

700

11

 

 

 

割増率はバラバラです。

 

平均すると30%、uber eatsが高くなっています。

 

実際にレストランにかかる手数料は、

 

正式に公表されていないので分かりません。

 

 

 

uber eatsの手数料が高い理由

 

 

uber eatsで注文時、高いという事を紹介してきましたが、

 

高くなる理由をまとめてみました。

 

 

 

 

<料理に手数料が上乗せ>

 

 

uber eatsは、飲食店や配達員や注文者から

 

手数料を受け取って

 

サービスを提供しています。

 

 

飲食店は、

 

料理代金の35%を手数料として

 

支払わなくてはなりません。

 

 

 

このため店舗のメニュー価格より

 

高い金額を設定しないと

 

 

利益が得られません。

 

 

 

利益を得る為には

 

 

料金代金に

 

その分を上乗せするしかないので、

 

 

料理代金は店舗で販売するより

 

高く設定されています。

 

 

 

デリバリー用の容器も必要なため、その費用に含まれています。

 

 

 

 

<配達料が発生>

 

 

デリバリーサービスなので配達料が発生します。

 

これは、天候や混雑状況で

 

配送手数料が変動します。

 

 

安い時は50円~となりますが、

 

 

ピーク時や悪天候の時は

 

高めに設定されています。

 

 

 

 

<サービス料が10%かかる>

 

 

uber eatsでは、料理代金の10%のサービス料がかかります。

 

1品のメニューでも

 

単価が高ければ、

 

その分かかるので

 

注意しましょう。

 

 

 

 

 

<最低注文手数料が発生>

 

 

uber eatsでは、700円未満の場合、

 

最低注文手数料として

 

手数料が150円かかります。

 

 

最低注文金額が

 

無いのはありがたいのですが、

 

500円の料理メニューを

 

1品注文しても

 

 

150円の手数料がかかるので

 

割高に感じるかもしれません。

 

 

 

uber eatsのメリット。配達料は高いが。

 

 

uber eats利用すると、料金が高いという

 

デメリットが目立ちます。

 

 

しかしメリットもあるのです。

 

 

 

そのメリットについて紹介します。

 

 

 

<料理メニューが豊富>

 

uber eatsには、全国10地域以上、

 

10000点が加盟しています。

 

 

有名レストランや弁当、

 

スタバのコーヒーやハンバーガーなど

 

 

メニューは豊富に揃っています。

 

加盟店にはチェーン店のあるので

 

 

 

地元のお好み焼き屋や

 

 

レストランも登録されています。

 

 

 

この様に多くのバラエティーに富んだ店や

 

メニューが登録されているので、

 

食べたい時に好きな物を

 

注文することが出来ます。

 

 

 

 

<簡単にデリバリー注文が出来る>

 

 

uber eatsは、アプリから

 

メニューを選ぶだけで

 

簡単に注文できます。

 

支払いもクレジットカードを選ぶと

 

お金のやり取りをしなくて済みます。

 

 

また置き配のサービスもしているので

 

直接対面せずに

 

 

受け取ることが出来ます。

 

 

自宅以外でも届けてくれるので、

 

 

お花見やオフィイス街でのランチなど利用でき、

 

お昼休みに外出して

 

店に並んで食事をする時間がない方には

 

最適です。

 

 

 

 

<容器の返却が不要>

 

 

お寿司や中華、丼ものなど

 

デリバリーして貰えるメニューは

 

沢山あります。

 

最近では使い捨ての容器を

 

使用する店も増えましたが、

 

 

店の食器を使ってデリバリーをしている所もあります。

 

 

この様な店舗だと、

 

 

食事をした後に食器を洗って

 

返却しなければなりません。

 

 

 

uber eatsだと使い捨ての容器を使っているので

 

容器の返却は必要ありません。

 

洗う手間もないので

 

とても便利なサービスです。

 

 

 

 

<指定した場所に配達>

 

 

uber eatsの大きなメリットは、

 

何処でも配達してくれることです。

 

自宅やオフィイス、

 

公園や

 

ホテルなどです。

 

注意しておかないといけないのは、

 

花見やバーベキューなどをする時に

 

目印を連絡しておかないと

 

配達員を見つけられない可能性があります。

 

 

またホテルへのデリバリーは

 

 

配達員が中に入れないので

 

 

エントランスで受け取ることがあるようです。

 

 

 

 

<宅配をしていない飲食店の料理を配達>

 

 

 

街中の飲食店の中には

 

デリバリーをしていない店も多くあります。

 

一度食べてみたいけど

 

行列が出来ていたり

 

予約しないと

 

食べることが出来なかったりします。

 

 

この様な店でも uber eatsに登録している店なら

 

自宅で簡単に食べることが出来ます。

 

 

店自体がデリバリーに対応していなくても

 

uber eatsに加盟しているお店なら

 

料理を配達してくれるメリットがあります。

 

 

 

uber eatsのプロモーションコードを使えば

 

 

デリバリーを依頼しようとアプリを開くと

 

 

料金の高さに

 

 

驚いた方も多いと思います。

 

 

uber eatsでは、お得に利用できる

 

 

プロモーションがあります。

 

 

初回限定や店舗限定の物など

 

 

色々あるので

 

 

プロモーションを使用して

 

お得に uber eatsを利用しましょう。

 

 

 

 

<プロモーションコードを活用>

 

uber eatsでは、

 

アプリのトップページに

 

 

利用可能なプロモーションが表示されます。

 

 

初回限定クーポンや配送無料クーポンなど

 

 

色々な種類のクーポンがあります。

 

 

注文時にプロモーションコードを入力すれば

 

 

無料クーポンなどが利用できます。

 

 

 

配達無料クーポンは、

 

 

マクドナルドやケンタッキーなどの

 

 

チェーン店利用できるものが多く、

 

 

不定期にクーポンが配信されています。

 

エリアによって

 

 

利用できるクーポンが異なるので

 

 

事前に確認しておきましょう。

 

 

 

 

<配達料が高い店を省く>

 

 

配達手数料は、時間帯や距離、

 

天気によって変わります。

 

 

注文時に配達手数料が

 

確認できるようになっています。

 

 

配達料を少しでも安くしたい場合は、

 

 

フィルターをかけて

 

 

配達手数料が安い店舗だけ

 

表示して選ぶ方法があります。

 

 

天気が良い日を選んだり、

 

 

出来るだけ近い距離の店を

 

選んだりすれば

 

配達手数料が安く済みます。

 

 

 

uber eats でお持ち帰り

 

 

お持ち帰りは簡単に言うと「テイクアウト」のことです。

 

uber eatsで料理を予約して、お店に自分が取りに

 

行くことです。使い方は簡単で、

 

uber eatsのアプリを開き、

 

お食事の方法で「お持ち帰り」を選択します。

 

 

その後に「できるだけ早く」か「時間指定」を選択し、

 

ピックアップのオプションとともに調理時間や

 

レストランの距離などが表示されます。

 

ピックアップ注文後、

 

 

レストランが注文を受けた時間や

 

受け取り時間の目安などが表示されます。

 

好きなタイミングで受け取ることが出来便利なサービスです。

 

 

 

uber eatsは高いなりのものがある。

 

 

uber eatsの利用料金が高い時になっている方が多いと思いますが、

 

結論から言うと

 

配達料・手数料のサービス料などが加算されるので

 

店舗で食べるより高めに設定されています。

 

 

実際に料金の加算で高いですが理由があります。

 

配達手数料阿サービス料などが加算されているからです。

 

uber eatsも利益を得ないといけないので

 

店舗で食べるより高めとなるのは、

 

 

やむを得ないかも知れません。

 

しかし利用料金が高くてもメリットがあります。

 

 

メニューが豊富だったり、

 

 

簡単に注文出来たり、

 

 

容器の返却が不要だったりと

 

メリットが沢山あります。

 

 

これでも料金が高いと感じます。

 

この様な時は uber eatsを上手に使ってみましょう。

 

プロモーションコードを入力する事で

 

初回限定クーポンや配送無料クーポンなど

 

色々な種類のお得なクーポンが利用できます。

 

また uber eats でお持ち帰りをすることで

 

配達料を節約できます。

 

この様にプロモーションコードを利用したり、

 

お持ち帰りを上手に利用すると

 

配達料などの予算を抑えることが出来ます。

 

他にも出前館などのサービスもあり

 

uber eatsとあわせて使うのもいいでしょう。

 

uber eats は料金が高めですが、

 

たくさんのメリットがあり魅力的です。

 

また上手に利用することで

 

予算を抑えることが出来

 

便利なサービスではないでしょうか。

 

 

コメント

  1. より:

    たまならいいかも

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました