転職活動で疲れた、うまくいかない

転職活動で疲れた。

うまくいかない。など

 

転職はうまくいかないことがあります。

 

 

転職活動では、

 

書類選考を実施する企業が増えています。

Advertisements

 

書類を送付して、

 

 

「この度はご応募ありがとうございました。

 

慎重に選考させていただいた結果、

 

今回は採用を見送ることになりました」

 

 

 

という内容の不採用通知が送られてきます。

 

 

会う価値すらない人間なのかと思いが強くなり、

 

転職活動への不安は増すこととなります。

 

 

Advertisements

書類選考を突破して、

 

 

面接に辿りつけたとしても、

 

 

不採用になることもあります。

 

こちらにおいても、

 

自分はダメであると考えてしまいます。

 

 

 

転職活動で不採用になることにより、

 

 

自分のキャリアを否定されたかのように感じます。

 

 

積み上げてきたものは、

 

なんだったのかと

 

感じることによって、

 

 

疲れたと思う機会は増えます。

 

 

 

転職活動が長期間に及ぶと、

 

 

「新しい会社は自分を受け入れてくれないのか」、

 

 

「実績は何の役にも立たないのか」

 

 

と考える機会は

 

自然と増えます。

 

 

 

転職活動の意欲をそがれることになり、

 

精神的に疲れたと思うことも増えていきます。

 

 

 

 

転職活動に疲れた時は、

 

頭を切り替えましょう。

 

 

 

Advertisements

志望した会社と縁がなかった、

 

 

応募職種が間違っていたと

 

思えるようになれば、

 

 

転職活動に前向きになれるのではないでしょうか。

 

 

 

誰かにアドバイスを求めることによって、

 

プラスに働くこともあります。

 

 

いろいろなやり方を試すことによって、

 

活路を見出せるでしょう。

 

 

 

 

 

Advertisements

転職活動をうまくやれる方ではなかったものの、

 

 

継続したことによって

 

 

内定を勝ち取ることができました。

 

 

未経験であったとしても、

 

 

書類選考を通過したこともあります。

 

 

あきらめない姿勢が、

 

最後にツキを呼ぶのではないでしょうか。

 

 

介護業界の一部においては、

 

とりあえずは採用するという話を

 

複数から聞いたことがあります。

 

 

しかしフラック企業、ブラック職場のためでもあります。

 

 

 

転職活動をすることによって無職の期間を避ける

 

 

 

会社が倒産すると伝えられた、

 

雇止めを通知された場合、

 

 

すぐに転職活動をする必要があります。

 

業績が悪化している、

 

倒産、雇止めの確率は上昇。

 

 

企業から雇止めになっていなくとも、

 

 

Advertisements

月収数万円しかもらえない人もいるようです。

 

無職ではないものの、

 

 

生活を成り立たせるために、

 

 

転職活動をする必要性に迫られています。

 

 

 

転職活動をしようにも、

 

 

新しい人員を雇える体力のある会社は減少しています。

 

 

内定を勝ち取るのは

 

非常に厳しい状況にあります。

 

 

それでも、

 

生計を成り立たせるためにやっていくしかありません。

 

 

無職になってしまったら、

 

 

家を失ってしまうことになりかねません。

 

路上生活は避けたいところです。

 

 

転職活動は20代、30代、40代と年齢が上がるほど厳しくなる

 

 

転職活動は20代であっても

 

簡単ではありません。

 

 

業種未経験であった場合は

 

 

不採用通知をたくさん受け取ることもありえます。

 

 

不景気だとその傾向は強くなり、

 

内定を勝ち取るまで時間がかかるでしょう。

 

 

 

転職活動は30代、40代と年代が上がるにつれて、

 

厳しくなっていきます。

 

 

優秀な人材であったとしても、

 

 

45歳くらいになると、

 

 

年齢だけで不採用になるということも起こりえます。

 

 

ハローワークの一部の求人では

 

35歳以下であることを条件としている会社もあり、

 

 

転職活動のハードルは

 

年齢が上がるほど高くなります。

 

 

 

一部では年齢にこだわらずに

 

採用をしている業種もあります。

 

 

転職活動が難しいと思ったときは、

 

 

やり方を変えてみてはいかがでしょうか。

 

人材不足の業界ならば、

 

 

内定を勝ち取る確率は上昇し、

 

 

転職活動は成功しやすくなります。

 

 

転職活動のやり方。髪色や服装

 

 

 

一部の会社においては私服による勤務が

 

OKとなっています。

 

 

そういった会社に勤めていたとしても、

 

 

転職活動をする際は

 

 

スーツを着用するのが基本です。

 

 

自分の会社の基準を、

 

 

転職したい企業にあてはめないようにすることが重要となります。

 

 

 

私服で面接OKとなっていても、

 

 

社会人としてふさわしい服装にしましょう。

 

ジャージなどは避けた方が無難です。

 

 

 

髪色についても同じです。

 

 

つとめている会社が髪を染めてよいとしても、

 

 

 

転職活動先がそうとは限りません。

 

 

一部では黒に染まっていることを

 

求める業界も存在します。

 

 

髪色に指定がなかったとしても、

 

 

転職活動を行う際は黒もしくは

 

黒に近い色に染めておいた方が

 

無難かもしれません。

 

 

色が違うだけで不採用になってしまうのは

 

非常に勿体ないです。

 

 

明るい色が許されていても、

 

 

社会人としてふさわしい色にしましょう。

 

 

赤などに染めてしまうと印象は悪くなりやすいです。

 

 

転職活動においては、

 

 

Advertisements

社会人として最低限の常識を持っていることを

 

重要視します。

 

 

身だしなみには十分に気をつけましょう。

 

 

 

書類選考から面接に進む際、

 

髪色が黒であることを重視するという

 

趣旨の話をされたことがあります。

 

転職活動をする場合、

 

 

一部の企業は髪の毛の色だけで

 

不採用になることを念頭に置きましょう。

 

テキストのコピーはできません。