統合失調症と診断された家族が気を付ける事!統合失調症の治療には家族の協力が大切?

 

薬の成分は「白い粉」

統合失調症は精神科・心療内科でなります。

正確に言えば統合失調症とはあれの使用者。

 

 

当然ながら初期からのは

 

原因は全く別にあります。

 

ストレスや何か嫌なこと、辛いこと、疲れた、人間関係のトラブル

など。

 

ここで薬物をすすめられても

 

クズで詐欺だと理解するのでありますが

 

 

メンタルの病気

 

統合失調症、うつ病、精神病、精神疾患など

 

精神科医に

 

レッテル張りをされることにより

 

肩書にも騙されて

 

信じ込んでしまうわけです。

 

 

 

もし自分の家族が、心療内科や精神科で

 

「統合失調症」と診断されたら…

 

あなたはどう感じ、

 

どのように行動しますか?

 

 

統合失調症と聞くと大変な病気だと思い込まされるのですが

 

 

統合失調症は向精神薬漬けでなる薬害であります。

 

 

まずは「統合失調症」という精神疾患について、

 

 

正確な情報を得ることが重要です。

 

 

ここでは、統合失調症とはいったいどういう病気なのかについて、

 

 

詳しくご説明していきます。

 

 

また意外に知られていないのが

 

 

「統合失調症の完治には、家族の協力が不可欠ではない。」

 

 

ということです。

 

 

これは

 

 

自身がすることです。

 

 

家族に期待してはいけません。

 

どうするべきなのか?

 

 

以下で解説していきます。

 

 

 

 

心療内科や精神科の医師が統合失調症と診断するのはどんな症状?

 

 

 

 

精神疾患の一種である「統合失調症」。

 

 

なんとなく難しい印象があるこの病名。

 

 

精神的な不調を感じたとき

 

 

「自分は統合失調症かも?」

 

 

と疑う人は少ないのではないでしょうか?

 

 

 

まず、誤解のある

 

この統合失調症は病気ではないのです。

 

 

 

説明していきます。

 

 

よくある説明が蔓延してしまっているのは

 

深刻な問題です。

 

 

 

 

「統合失調症」でよくある話は、

 

 

脳内の物質が関係あるといわれています。

 

 

しかし真実はないです。

 

 

 

これはすで否定されています。

 

 

セロトニン仮説も捏造された話です。

 

 

あの粉。

芸能人や有名人が使いニュースになるものを

 

私たちは見ますが。

 

 

抗うつ薬などは同じものなのです。

 

睡眠薬もです。

 

 

飲み続けていると

 

同じ体調になります。

 

 

 

急に暴れる。

 

叫ぶ。

 

わめく。

 

体が動かない。

 

幻視、幻覚が見える、

 

幻聴が聴こえる。

 

被害妄想が出たりなど、

 

 

あなたもわかる通りで

 

 

人によって出方が違います。

 

 

 

統合失調症にある、

 

意欲の低下も

 

アレを使ってしまったからです。

 

一時的に気分の改善するとしても

 

その後は必ず落ちます。

 

 

ここで注意をすることは

 

こういった症状は

 

向精神薬や抗うつ薬で起こることです。

 

 

双極性障害も向精神薬でなるものです。

 

 

精神科・心療内科での検査・治療で発症するのです。

 

 

診断名がつき投薬治療となります。

 

 

 

そうすると成分を考えるとわかります。

 

 

 

よくニュースで粉の所持で逮捕される人たちのことが

 

 

 

問題になります。

 

 

この粉とまったく同じものです。

 

 

 

騙されています。

 

 

あなたもですが

 

原因のひとつにストレスがあるのはご存じです。

 

 

 

何か問題があってストレスを感じている人たちに

 

 

統合失調症とレッテル張りをして

 

 

危ない物を使う。

 

 

こうして統合失調症と呼ばれるあの状態になります。

 

 

 

つまりは血液検査や脳波もするべきではありません。

 

 

業界の話に騙されるだけです。

 

 

 

光トポグラフィーの検査も否定されています。

 

 

毎回結果が変わるもので

 

初期で〇だったのが次には×になり。

 

 

これも統合失調症を作るきっかけとなります。

 

 

 

 

しかも深刻なのが

 

どのぐらいで終わりを迎えるのかが

 

 

わかりません。

 

 

人によって量や体質が違います。

 

 

それにいきなり急性期が来ます。

 

 

それまで意識があったのがとんでしまう。

 

そして無意識のままで事件を起こして

 

 

逮捕されてしまう危険もあります。

 

 

他にも急死することもあります。

 

 

 

体調の悪化、

 

重くなるので入院をしようかと思いがちです。

 

 

 

看護もあるからなんとかなるだろうと

 

甘く考えがちです。

 

 

注射や点滴をするときもありますが

 

どれもしてはいけないものです。

 

 

統合失調症という名称を忘れましょう。

 

 

 

粉の所持をして刑務所に入る人たちは

 

 

最初は粉を軽い気持ちで使い始めます。

 

 

その後は使う量や頻度が増えていきます。

 

そして注射をしだします。

 

 

 

それとあわせて起こるのが

 

 

手が震える。

 

ろれつが回らない。

 

身体が震えている。

 

顔色が優れない。

 

意味不明なことを話す。

 

発狂する。

 

頭がおかしい。

 

考えがまとまらない。

 

もうろうとしている。

 

目がおかしい。

 

ふらふらしている。

 

ふわふわしている。

 

ふらつきがある。

 

記憶力の低下

 

思考能力の低下

 

考えられない。

 

 

 

粉の使用者と統合失調症が

 

 

同じ状態なのがわかります。

 

 

 

 

成長期の子供が使えば

 

脳にダメージを負い

 

発達に障害を負う危険があります。

 

 

 

遺伝をするといったのも

 

妊娠・出産・授乳を

 

粉を使用しながらすれば

 

 

胎児にも粉が栄養としていきますので

 

 

生まれたときから問題をかかえることにもなります。

 

知的障碍者、ダウン症、身体障碍者。

 

 

 

老人が暴れる。

 

認知症、ボケる、廃人。

 

使えばなります。

 

 

 

 

では次に、

 

医師がする統合失調症という

 

 

診断について説明していきます。

 

 

 

調子がいまいちで

 

 

サイトにあるチェックをのテストをする。

 

 

 

統合失調症かも?

 

 

これで

 

心療内科や精神科を訪れる人たちは

 

 

いいように利用されてしまいます。

 

 

 

罠なのです。

 

 

広告です。

 

 

 

心配して相談にやってきた

 

 

あなたにとてもよさげなことを話しては

 

 

統合失調症と診断して

 

 

これをすればよくなると騙されてしまい

 

 

大変なことに陥ります。

 

 

 

例えばストレス。

 

問題があるからあるものです。

 

そこに粉をするのは

 

関連がないことです。

 

 

 

初診の段階で医師は、本人および家族への問診を行います。

 

 

その問診の結果を、

 

 

米国精神医学会の「DSM-5」という統合失調症の

 

診断基準に照らし合わせて、

 

 

統合失調症であるかどうかを判別します。

 

 

ICD-10の診断基準もありますが気にする必要はありません。

 

 

マニュアルが間違いなのです。

 

 

精神科医も臨床心理士のカウンセリングも

 

 

それに沿ってしているだけで

 

 

わからないでしていることが多いです。

 

 

あなたも彼らと話をするだけ無駄です。

 

 

 

 

では統合失調症になってしまうのは?

 

 

統合失調症になる可能性は誰にもあり得ます。

 

精神疾患の中には、

 

 

統合失調症の他にもありますが

 

 

症状でみられるものはあれです。

 

 

なにかあったから

 

弱っているところに

 

 

メンタルヘルスの対策といった話が目に付く。

 

 

いってしまう環境が整っているのです。

 

 

 

こうした誘惑に甘えてしまうと

 

統合失調症になります。

 

 

すべてが誤診です。

 

 

状況が困難になるのは

 

精神疾患とレッテルを張られたから

 

起こることです。

 

 

 

 

統合失調症セルフチェック!あなたは統合失調症のどの種類?どのタイプ?

 

 

 

サイトを検索すると、

 

統合失調症をセルフチェックするための

 

 

「統合失調症チェックリスト」が数多くヒットします。

 

 

「チェック」は信用できない、

 

 

という声が多く聞かれ、

 

 

確かにそれはその通りなのです。

 

 

 

しかし弱ってる、

 

 

辛いし難しい状況で悩まされていると、

 

 

 

ついついなぜなのか

 

 

知りたいですよね?

 

 

 

それで

 

 

「統合失調症のチェック」をしてしまうと。

 

 

統合失調症になります。

 

 

甘い話には裏がある。

 

 

統合失調症のことです。

 

 

年齢による違いもありません。

 

 

 

若い人たちや学生の被害者も多いです。

 

 

高校生に中学生

 

そして小学生も

 

幼稚園児や子供が両親に連れられて

 

 

してしまう。

 

 

児童精神科というのも結局は詐欺なのです。

 

 

大変怖いことです。

 

 

人生が台無しになります。

 

 

 

統合失調症についても、

 

治った例がない。

 

 

それもそのはずです。

 

 

会社にしても部下や同僚がしていれば

 

 

 

一緒に仕事はできないです。

 

 

辞めさせたいと

 

上司が考えるのが常識です。

 

 

就職は当然ながら完治をしてからすることです。

 

 

 

双極性障害もすればなるのです。

 

 

 

意欲低下は元気がなくなればだれでもがなります。

 

 

何か特別なことではありません。

 

 

極度の緊張をする

 

あがり症。

 

 

これも医療ですることではありません。

 

 

これは場をある程度こなすことです。

感情障害の話も忘れることです。

 

 

あがり症だから

 

あれをしても

 

脳を麻痺させて見えなくしても

 

なくならないことです。

 

 

 

頭がおかしいと思われてしまいます。

 

 

かえって周囲ともめることが増えてしまい

 

 

人間関係にも深刻な影響があります。

 

 

孤独になってしまうのです。

 

 

寛解という言葉が存在するのは

 

使用者のまま

 

脳を麻痺させておく状態のことを指しています。

 

 

危険な状態で

 

仕事ができない。

 

無職になる。

 

 

しかし無料で買い物はできません。

 

 

障碍者手帳の取得という話になってしまいます。

 

 

障害年金もです。

 

 

この際には診断書の提出が必要ですので

 

 

ここでもまた高額なお金の支払いがあります。

 

 

 

そして

 

こうした詐欺師たちが

 

 

生活保護制度の悪用もしているのです。

 

 

 

初診をうけて

 

 

統合失調症ということされる。

 

 

そこから初期とは違い

 

 

悪くなることばかり。

 

 

双極性障害にもなり。

 

 

知恵袋でもある訴えの状態は

 

 

つまりは

 

 

詐欺にあってしまっているのです。

 

 

 

こうした精神科、心療内科、病院、メンタルクリニックの

 

クズたちに話は通じません。

 

 

問題点を認めて

 

 

謝罪や撤回することを期待するのはやめましょう。

 

 

相手にしないことです。

 

 

その場が問題だったら?

 

デイケアに逃げていても変わりません。

 

女性も男性も甘えはやめること。

 

家庭の事情であれば

 

例えば

 

都心から岡山に引っ越しをしたら

 

環境が変わったためにすっかり元気になることもあり得ます。

 

 

 

 

統合失調症の治療には家族の協力が不可欠でもない。

 

 

 

「統合失調症」という精神疾患は、

 

自作自演のものです。

 

 

これを病気と認識させられてしまい

 

一生薬を飲まなくてはならなくなります。

 

 

それっぽい話があるので

 

 

思い込んでしまうのです。

 

 

破瓜型に妄想型。

 

 

どうでもいいことです。

 

 

すれば統合失調症と呼ばれる

 

 

あれになる。

 

 

被害妄想も。

 

 

 

向精神薬漬けの人生。

 

 

「統合失調症」の完治を目指すならば、

 

 

断薬をする。

 

さらに。

 

「統合失調症」になった原因を取り除く必要があります。

 

 

それには家族の協力があるほうが望ましいです。

 

 

なければ自分一人でしましょう。

 

 

無理に家族の支援を求める必要はありません。

 

 

統合失調症は自力で治すものですから。

 

 

偽善で周囲が助けてくれる。

 

話せば理解してくれる。

 

などいわれますが。

 

 

ないですよね?

 

 

実際には

 

ひどい家族がいるから・・・

そういうこともよくあります。

 

どうしようもない場合は

 

距離を開けることもひとつの選択肢です。

 

 

そして

 

 

診断名にある統合失調症。

 

 

これも忘れることです。

 

存在しません。

 

 

できればでいいので

 

家族の協力を得ること。

 

 

 

十分な休養を取るだけではいけません。

 

この手の話も多いですが

 

これもつまりはサボるのを助長する話です。

 

 

甘えをするようになりやすいです。

 

気を付けてください。

 

 

 

 

再発を防ぐ、統合失調症の治療方法とは?

 

 

 

統合失調症から回復するには

 

自分への言い訳をしないことです。

 

 

 

そうしたのを惑わすことは無視してください。

 

 

また

 

親も完璧ではないのです。

 

 

誰にでも欠点はあります。

 

 

そして

 

自分の悪いところは見たくない。

 

 

ついつい家族の家庭内は問題がない。

 

 

こう決めつけてしまいがちです。

 

 

その親のごまかしが回復の妨害をしているのです。

 

 

 

親に求めてもいけないのです。

 

 

信じるのはあなた自身。

 

 

一度自分がこうだと思ったのを撤回するのは

 

 

悪い習慣が身につくと

 

 

できるようになるまでは慣れないのですが

 

 

慣れると

 

自分を変えていくことが快適になります。

 

 

 

成長をしていると実感がありますから。

 

 

再発を防ぎ、病気の完治を望むならば。

 

 

治療方法は無視することです。

 

そのためには、どうすれば良いのか?以下で説明していきます。

 

 

 

 

病院だけで統合失調症を治すのは危険?統合失調症から回復して本来の自分を取り戻すために

 

 

 

統合失調症は治らない?

 

 

話がおかしい。

 

 

 

このような疑問を持っているのではないでしょうか?

 

 

 

それは正しいことです。

 

 

統合失調症はやらせなのです。

 

 

もともとは元気で快活な人柄だった。

 

 

しかし人生はいろいろとあるので

 

 

うまくいっている時もあれば

 

 

つまずく時もあります。

 

 

 

そうしたのは

 

 

治すや治らないというものではないです。

 

 

 

いちゃもんをつけては

 

 

統合失調症と言っては

 

 

薬を出すだけ。

 

 

臨床心理士のカウンセリングも実態は

 

 

クズそのもので役に立たない。

 

しかもするように誘導もする。

 

 

 

なだめてはくれますので

 

 

話をしてなにか気持ちがよくなったと思いがちです。

 

 

同情を示したふりをしては

 

 

統合失調症だからしましょう。

 

 

とすすめるだけです。

 

誰にも変わりはできません。

 

 

するのはあなたです。

 

 

自身を叩き直すことがうつ病や統合失調症の克服につながるのです。

 

 

するしかないのです。

 

 

あとは実際に行動に移すことです。

 

 

コメント

  1. より:

    同僚にもはまっているのがいます。
    話が通じないです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました