転職したら何ヶ月?待ってもらえる?ボーナス貰ってから?5ヶ月後?

スポンサードリンク






転職活動をしていて「内定」をもらったら

次は入社日の調整です。

 

しかし大体は現職で働きながら

 

転職を希望する人が多く、

 

転職の報告をせずに

 

活動をしているため

 

退職日を引き延ばされたりと

 

悩むことが予想されます。

 

 

退職後には少し休んでから

 

新しい職場へ行きたいと

 

考えている人も多い中で、

 

企業からの内定は

 

いつまで待ってくれるのかも気になることです。

 

 

もし在職中に決まった場合であれば

 

待ってくれる期間としては

 

2ヶ月~3ヶ月程度でしょう。

 

 

面接時にも

 

出社可能日についての

 

確認が行われると思いますので、

 

その時点で

 

現職への退職報告を行っていないことも

 

しっかり伝え、

 

 

どれくらい待ってくれるのか

 

確認しておきましょう。

 

 

スポンサードリンク






退職から入社までの期間と理由

 

企業は採用人数を1人などと

 

限られた採用しか

 

行ってないことも多くあります。

 

 

複数人数での選考を

 

同時に行っている場合には

 

 

他にも働きながら

 

転職するライバルがいる可能性、

 

そのライバルと比較されることも十分、

 

認識しておくことが必要です。

 

 

また企業が

 

入社日を待つ理由はいくつか考えられます。

 

 

 

<在職中から転職まで>

 

◎円満退職

 

事務手続きや

 

転職先への退職状況説明のためにも

 

悪評が立たないよう

 

スムーズに進めるようにしましょう。

 

 

 

◎有給消化

 

Advertisements

労働者に与えられた権利である有給は

 

期間や利用目的などの

 

制限がありません。

 

また取得させるのは

 

会社の義務になります。

 

 

 

◎社内ルール

 

 

現職での習慣や

 

優先順位など

 

社内ルールが守れなければ

 

転職先での受け入れも悪くなります。

 

今後まだ付き合いが続く

 

可能性もあるので

 

慎重に進めましょう。

 

 

このような事を考慮したうえで

 

内定から入社までの会社対応としては

 

2、3ヶ月が妥当なところでしょう。

 

 

中には人手不足などにより

 

早く来て欲しいとの思いから

 

半月から1ヵ月程度で

 

すぐ入社を求められる場合もあります。

 

 

何ヶ月?どれくらい待ってくれる?5ヶ月後?半年待ってくれる?

 

 

<転職と5ヶ月後の入社>

 

ほとんどの企業が1ヶ月以内には

 

入社してほしいというのが本音です。

 

しかし前職の退職手続きや

 

残務処理などから

 

2、3ヶ月は待ってもらえる企業が多い中、

 

本当に優秀な人材と認めれた場合には

 

半年以上先まで

 

待ってもらうことも

 

可能な企業があります。

 

 

一般的に

 

3ヶ月を超えた場合は

 

会社の採用ニーズや

 

事業計画が変わることもあり、

 

 

内定辞退を選択する企業が多くなります。

 

 

5ヶ月後や半年待ってくれる企業であるなら

 

企業側に理にかなった

 

明確な理由を

 

伝えておくことが大切です。

 

 

 

 

派遣、パート、急募の求人

 

 

<派遣やパートの場合>

 

Advertisements

正社員とは違い

 

派遣やパート勤務の場合には

 

即戦力や

 

 

すぐに勤務が開始ができる

 

人材が求められていることも多く、

 

 

急募の求人が目立ちます。

 

そのため内定保留というのが

 

難しい場合があります。

 

 

急いで人材を確保したい企業にとって

 

 

内定保留は

 

マイナスの印象を与えてしまう可能性もあり、

 

 

またすぐに求人募集を行えばいいため

 

 

保留にするのであれば

 

内定を辞退されることもあるでしょう。

 

 

 

内定後から入社日まで

 

 

<内定後にメールで連絡>

 

内定後にはすぐに入社意思を示さないと

 

意欲が低いと思われ

 

評価がマイナスになることもあります。

 

 

場合によっては

 

どんなに優れた経験や

 

スキルを持っていても、

 

 

早く入社できる人材が

 

優先になる場合もあるのです。

 

 

もし入社日を保留する場合には

 

基本的にメールではなく

 

電話で迷惑をかけて申し訳ないという

 

低姿勢で担当者へ連絡することが大切です。

 

 

<転職と交渉>

 

最終面接を終え、

 

転職先が決まれば

 

雇用条件を確認しておく事も大切になります。

 

 

仕事内容や待遇面、

 

給与などを

 

しっかり確認したうえで

 

受けなければ

 

 

今後、大きな問題となることがあります。

 

自分の希望だけではなく

 

企業の妥協も含め、

 

メリハリをつけた交渉で

 

転職を成功させましょう。

 

もし辞退するような場合は

 

 

1週間以内に企業の担当者へ連絡しましょう。

 

連絡もせずに

 

辞退することはマナー違反となります。

 

 

退職から転職するまでにやるべき事

 

 

<退職は何ヶ月前から伝える?>

 

退職申請は最短で

 

2週間経過していれば成立します。

 

しかし給与や雇用の形態によって

 

2週間で辞めることができないのがほとんどで、

 

 

何か大きな問題がない限り

 

1ヶ月前に

 

申請するのが一般的です。

 

 

 

<ボーナス貰ってからの退職>

 

 

◎ボーナスの支給日に在籍

 

ボーナス支給日当日に

 

会社に在籍していれば

 

受取が可能です。

 

 

◎ボーナス支給後の転職

 

 

ボーナス支給日に

 

退職話を切り出すのが一番ベストです。

 

支給前に伝えると

 

減額されたり

 

支給日前に辞めるよう

 

促される可能性もあります。

 

 

転職を切り出すタイミングを間違えば

 

査定や減額にもつながります。

 

在籍日数や有休も

 

 

しっかり計算して

 

辞めることを伝えましょう。

 

また転職先でも

 

ボーナスをもらってから

 

辞めるという理由なら

 

入社日も調整しやすくなります。

 

 

待ってくれる期間というのは

 

企業によって様々です。

 

転職を焦りすぎて

 

 

「イメージと違う」や

 

「転職が失敗だった」などの

 

後悔のないように

 

自分に合った職を見つけることが大切です。

 

今回紹介したことを

 

転職成功のためにぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

テキストのコピーはできません。