転職エージェントにムカつく、むかつく、偉そう

転職エージェントに登録しても「上から目線」や

 

「態度がでかい」

 

などで

 

転職エージェントにムカついた経験を

 

した人もいると思います。

Advertisements

 

 

転職エージェントは、

 

担当者によって満足度が変わり、

 

転職エージェントがムカつく、偉そうなど

 

自分に合わない担当者もいることでしょう。

 

 

担当の転職エージェントと合わないと、

 

ムカついてきたり、

 

 

うざい、むかつくと

 

感じることが少なくありません。

 

 

 

では、転職エージェントにムカつく理由とは何でしょうか。

 

 

そこで今回は

 

 

・転職エージェントについて

 

・転職エージェントのムカつく理由

 

・ムカつく内容について

 

・ムカついた時の対処法

 

・転職エージェントの効果的な使い方

 

・おすすめ転職エージェント3

 

・よくある質問

 

 

について紹介していきます。

 

 

 

転職エージェントについて

 

 

 

転職エージェントについて、よく分からない方も多いと思います。

 

 

ここでは、転職エージェントについて解説します。

 

 

 

 

 

1.転職エージェントとは

 

 

 

転職エージェントとは、

 

 

「転職を検討している人」と

 

「採用を考えている企業」

 

の間に立って

 

 

就職をサポートする人のことを言います。

 

 

 

アドバイザーが、

 

 

景気の動向や

 

転職のノウハウなどを

 

求職者に適切にアドバイスをし、

 

 

転職活動をサポートしています。

 

 

 

 

 

Advertisements

2.転職エージェントの概要

 

 

 

転職エージェントは、

 

採用を検討している企業に対し、

 

 

募集したい人材の経験や

 

スキルなどの

 

 

条件面を確認し、

 

 

求人情報として保有します。

 

 

転職を検討している人に対しては、

 

 

希望に合う条件を確認し、

 

 

保有している求人情報の中から

 

 

希望に合う企業を紹介し

 

 

入社までをバックアップしてくれます。

 

 

 

 

 

3.転職エージェントの役割

 

 

役割は大きく分けて3つあります。

 

 

 

①希望に合わせた求人紹介

 

 

転職エージェントが保有している求人は、

 

 

一般公開されていない

 

「非公開求人」です。

 

 

転職希望者に最適な求人を紹介するので、

 

転職者は意外な企業が見つかるかもしれません。

 

 

 

※非公開求人とは、

 

企業のwebサイトや転職サイトなどで

 

公開されていない求人です。

 

企業名や職種、

 

仕事内容などが

 

一般公開されていません。

 

 

 

 

 

②転職者の経験や強みを整理

 

 

 

転職活動する為に、

 

今までの経験を整理し、

 

 

次の仕事で活かせる強みを見つけるために

 

 

「キャリアの棚卸」を行います。

 

 

自分の強みが見つかれば、

 

 

応募書類や面接で必要となる

 

 

「自己PR]

 

「志望動機」

 

に活用することが出来ます。

 

 

 

 

 

③応募書類や面接のアドバイス

 

 

 

履歴書など転職に必要な

 

「書類の書き方」

 

 

のアドバイスをしてくれます。

 

 

また、

 

「面接で企業に伝えるポイントや話し方」

 

 

などもアドバイスしてくれます。

 

 

 

 

 

4.転職エージェントの流れはどうやるの?

 

 

・申し込み

 

・求人情報の確認

 

・アドバイザーと面談や相談

 

・求人紹介(書類添削や面接対策実施)

 

・応募、書類選考、面接

 

・内定、退職交渉、入社

 

 

転職エージェントを使って、

 

 

企業の内定辞退をしても

 

 

「損害賠償を請求されることはありません」。

 

 

 

転職エージェントのムカつく理由

 

 

 

先程、転職エージェントについて紹介してきました。

 

転職者に対して

 

適切な企業紹介や

 

入社までのアドバイスなどしてくれます。

 

 

Advertisements

しかし、中には

 

 

ムカつく転職エージェントもいる様です。

 

 

 

 

転職エージェントがムカつく理由と

 

思われる理由は

 

次の通りです。

 

 

 

・上から目線で偉そう

 

・電話やメールがしつこい

 

・希望を無視して求人を送ってくる

 

・なぜか特定求人ばかり紹介してくる

 

 

 

など上から目線で対応したり、

 

 

無責任な対応をしてくる傾向があります。

 

 

 

ムカつく内容について

 

 

転職エージェントにムカつく

 

5つのケースを

 

詳しく紹介します。

 

 

 

 

①転職アドバイスが役に立たない

 

 

 

転職エージェントを利用しても

 

 

アドバイスが役に立たないことがあります。

 

 

 

 

その理由として

 

 

 

・担当者の転職経験が豊富ではない

 

・担当者の人事経験や採用担当者経験が少ない

 

 

などです。

 

 

この様に経験が少ないと、

 

 

Advertisements

転職希望者に適切なアドバイスができなく、

 

役に立たないというケースがあります。

 

 

 

 

②態度が偉そう

 

 

転職エージェントの面談の時に

 

 

・平気で遅刻

 

・転職者の希望を軽視した企業探し

 

・上から目線での話し方や高圧的な態度

 

 

など

 

 

偉そうな態度をしてくる

 

転職エージェントも少なくありません。

 

 

 

 

 

③転職エージェントからの連絡が来ない

 

 

面談で自分の希望を転職エージェントに伝えても、

 

全く連絡が来ないことがあります。

 

 

転職者を放置して

 

見捨てられるという

 

 

ケースも少なくないようです。

 

 

 

 

 

④的外れな求人紹介

 

 

 

転職者が希望する条件を提示しても、

 

 

的外れな求人紹介をしたり、

 

 

無理やり求人紹介を押し付けられて、

 

腹立つケースもあります。

 

 

 

 

⑤転職をせかす

 

 

 

転職エージェントは、

 

紹介した人材が採用されたら

 

 

企業から費用をもらうビジネスです。

 

 

 

 

言い換えれば、

 

なので一人でも多くの人材を転職させれば

 

儲かることになります。

 

 

なので無理矢理に転職させたり、

 

 

転職をせかす傾向があります。

 

 

この様な対応をされた場合は、

 

 

ただの客としか見ておらず、

 

 

本気で転職アドバイスをしてくれません。

 

 

上記の

 

5つのムカつく内容は、

 

転職エージェントに対して

 

ムカつくものとして

 

無視する必要があります。

 

 

ムカつく時の対処法は、

 

次に紹介します。

 

 

転職エージェントにムカついた時の対処法

 

 

 

ここでは、転職エージェントがムカつくときの、

 

様々な対処法を紹介します。

 

 

 

 

①ムカつくやつの対処法

 

 

 

・自分の意思を明確に伝える

 

・常に説明を聞く姿勢を持つ

 

・担当エージェントを変更する

 

・複数の転職エージェントを利用

 

・現状の担当が苦手という事を責任者などに伝える(言い方に注意)

 

 

 

 

※転職者もきちんとした対応が必要です。

 

一方的に言いすぎると

 

Advertisements

「嫌な客」

 

 

と見られてしまいます。

 

注意しましょう。

 

 

 

 

 

むかつくやつを黙らせる方法

これから紹介するのは、

 

 

エージェントが話している時の対処です。

 

 

 

・ビックリとした顔をする

 

・会釈をする様に相手に対してうなずく

 

・悲しそうな顔をして首を振る

 

・表情を変えず相手をじっと見つめる

 

・鉛筆を取り出し、相手のいった事を書き続ける

 

 

 

などです。

 

上記の対処は、

 

 

あくまでも参考例ですので、

 

 

状況を見ながら行う必要があります。

 

 

やり過ぎてしまうと

 

 

エージェントに悪い印象を与えてしまい

 

転職が上手くいかないことがあるので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

むかつくやつが気にならなくなる方法

転職エージェントがムカついた場合、

 

気にならない方法は次の通りです。

 

 

 

・エージェントを変えるつもりで対応する

 

 

・エージェントを変える前提で話すのなら、早めに話を打ち切る

 

 

 

などです。

 

 

 

エージェントを変える前提で話を聞けば、

 

 

気にならなくなります。

 

長い説明を聞くと

 

自分が疲れるので

 

 

話を早めに打ち切ると良いでしょう。

 

 

 

転職エージェントの効果的な使い方

 

 

 

転職エージェントは、全てムカつくような方ではありません。

 

 

上手に使うことでムカつくことが少なくなると思います。

 

 

ここでは、

 

効果的なエージェントの使い方を紹介します。

 

 

 

 

①面談で自分のスタンスを伝える

 

 

 

転職エージェントに登録すると、

 

そこから就職活動が始まります。

 

 

 

最初に行うのが

 

面談で

 

自分のスタンスを伝えましょう。

 

 

例えば

 

「直ぐに就職」

 

 

「数か月後に就職」

 

 

などです。

 

 

 

 

②心を開いてアドバイザーの力を引き出す

 

 

 

簡単に言えば、

 

現状と希望を伝えるだけです。

 

必要以上に事実を盛ったり、

 

 

自分をよく見せようとすると

 

 

意味がありません。

 

 

ありのままを伝えましょう。

 

 

 

 

③候補の企業は自分でも調べる

 

 

 

入社したい企業は、

 

転職エージェントばかりに頼らず、

 

 

自分でも企業を調べてみましょう。

 

 

 

そうすれば、

 

 

エージェントと転職の話を進めるうちに、

 

 

エージェントに意欲が伝わり

 

 

今以上に

 

本気で対応してくれるでしょう。

 

 

 

 

④過去の選考情報を教えて貰い通過率を高める

 

 

 

転職サイトなどに比べ、

 

 

転職エージェントを利用すると

 

採用確率が高くなります。

 

 

 

通常、職務経歴書を企業に送り

 

 

 

書類選考しますが、

 

 

転職エージェントを利用すると、

 

 

それに加え

 

 

「推薦文」

 

を添えて応募します。

 

 

こうすることで採用確率が高くなります。

 

 

 

この様に、

 

転職者が本気で転職エージェントに向き合えば、

 

 

 

良い結果につながるでしょう。

 

 

 

しかし、エージェントと必死で向き合っても

 

合わない時が出てきます。

 

 

 

こんな時は、自分には向いてないので

 

 

 

エージェントを変えてもらうなどの対策をしましょう。

 

 

ちなみにエージェントの変更は無料です。

 

 

 

転職エージェントを利用しても、

 

就職内定率が100%ではないので注意しましょう。

 

 

 

おすすめの転職エージェント3選

 

 

 

 

転職エージェントを選ぶとき、

 

どこを選んでいいのか分からないと思います。

 

 

 

ここでは、おすすめの転職エージェントを

 

年代別に

 

3つ紹介するので

 

 

参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

20代】

 

 

 

人気

ランキング

転職

エージェント

公開求人数

非公開求人数

特徴

1

doda

125,922

37,204

20代後半の転職に強い「転職サイト」と「転職エージェント」の二面性を持つ唯一のサービス

2

リクルート

エージェント

170,966

227,204

30万人以上を転職成功へと導いている、転職支援実績NO.1のエージェント

3

リクルート

ダイレクト

スカウト

非公開

非公開

年収600万円以上のスカウトが届くリクルートが運営する転職スカウトサービス

 

 

 

 

 

30代】

 

 

 

人気

ランキング

転職

エージェント

公開

求人数

非公開

求人数

特徴

1

doda

125,922

37,204

20代後半の転職に強い「転職サイト」と「転職エージェント」の二面性を持つ唯一のサービス

2

リクルート

エージェント

170,966

227,204

30万人以上を転職成功へと導いている、転職支援実績NO.1のエージェント

3

リクルート

ダイレクト

スカウト

非公開

非公開

年収600万円以上のスカウトが届くリクルートが運営する転職スカウトサービス

 

 

 

 

40代】

 

 

 

人気

ランキング

転職

エージェント

公開

求人数

非公開

求人数

特徴

1

doda

125,922

37,204

20代後半の転職に強い「転職サイト」と「転職エージェント」の二面性を持つ唯一のサービス

2

リクルート

エージェント

170,966

227,204

30万人以上を転職成功へと導いている、転職支援実績NO.1のエージェント

3

ビズリーチ

71,318

非公開

企業やヘッドハンターからのスカウトを持つタイプの転職サービス

 

 

 

 

 

【女性】

 

 

 

人気

ランキング

転職

エージェント

公開

求人数

非公開

求人数

特徴

1

リクルート

エージェント

170,966

227,204

30万人以上を転職成功へと導いている、転職支援実績NO.1のエージェント

2

doda

125,922

37,204

20代後半の転職に強い「転職サイト」と「転職エージェント」の二面性を持つ唯一のサービス

3

ビズリーチ

71,318

非公開

企業やヘッドハンターからのスカウトを持つタイプの転職サービス

 

 

 

この様な人気が高い転職エージェントには、

 

 

ムカつく人やムカつくことがないでしょう。

 

 

是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

よくある質問

 

 

ここでは、よくある質問を「知恵袋」より紹介します。

 

 

 

 

転職エージェントに無視されるのですが原因は何?

 

 

【回答】

 

 

無視される主な原因は

 

2つあります。

 

 

 

・利用者に原因がある場合

 

 

「登録情報の不備」

 

「希望条件が高すぎる」

 

「マナーに問題がある」

 

 

が挙げられます。

 

 

自分の状況と照らし合わせてみましょう。

 

 

また、エージェントが送ってくる

 

メールや電話などを無視してしまったら、

 

 

そこからエージェントに無視される場合が有るので

 

 

注意しましょう。

 

 

 

 

・エージェントに問題がある場合

 

 

 

主には、コンサルタントの対応が雑であることが挙げられます。

 

 

コンサルタントは、

 

求職者を多く担当しています。

 

 

その為、多忙で

 

連絡が滞ってしまうことがあります。

 

 

 

この様なエージェントは、

 

 

使わない方がいいでしょう。

 

 

エージェント変更をオススメします。

 

 

 

 

②転職での手続きでやることは何?

 

 

【回答】

 

 

転職先が決まったら

 

 

 

・勤務先に「退職願」か「退職届」を提出し、退職日を決める

 

(退職日は上司の意見や引継ぎ期間を加味して決めるのがマナーです)

 

 

 

・退職後、社員証やIDカードなど返却

 

 

・転職先に提出する書類準備

 

 

 

「雇用保険被保険者証」

 

「年金手帳」

 

「源泉徴収票」

 

「健康保険扶養者異動届」

 

「扶養控除等申告書」

 

などです。

 

 

詳しくは、

 

転職先の方に聞いてみましょう。

 

 

 

 

 

③転職は何回まで大丈夫?

 

 

【回答】

 

 

転職回数は少ない方がよいです。

 

20代で3回、30代で5回というのは多い方です。

 

 

転職が多いと、

 

企業は

 

「腰を落ち着けて仕事に取り組む意識がない」

 

 

というマイナスイメージとなります。

 

 

 

そうすると転職エージェントでも

 

対応が難しくなってきます。

 

 

何回も転職している方は注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

④就職内定後に転職エージェントに礼状は必要?

 

 

【回答】

 

 

 

転職エージェントへのお礼や礼状は

 

 

必ずしなければいけないというわけではありません。

 

 

 

お礼や礼状をすることで

 

 

エージェントのモチベーションアップに繋がります。

 

 

エージェントによっては

 

 

入社後以降も

 

気にして

 

連絡をしてくれる方もいる様です。

 

 

転職でお世話になっているので

 

 

内定後、

 

お礼の電話程度すると良いかも知れません。

 

 

 

 

 

⑤ダメな転職エージェントの見極め方は?

 

 

【回答】

 

 

ダメな転職エージェントは、

 

 

次のようなことが挙げられます。

 

 

 

・指導や説明が説教みたい

 

・上から目線で話す

 

・電話がしつこい

 

・連絡が遅い又は連絡してこない

 

・連絡の内容が「ムカつくメール」や「ムカつくメッセージ」

 

 

 

 

などです。この様なエージェントは、

 

「転職エージェント」に向いていないと言えるので、

 

早めに変えてもらいましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

 

Advertisements

転職エージェントがムカつく

 

主な理由は

 

先程紹介したように

 

 

「上から目線」や

 

「態度がデカい」

 

 

などが挙げられます。

 

 

ムカつくまで我慢して

 

同じエージェントを利用することはありません。

 

 

この様な場合の対処法も

 

紹介しているので

 

参考にしてみて下さい。

 

 

転職エージェントは複数の社への登録もできます。

 

 

ある転職エージェントがムカつくから、

 

別の会社の転職エージェントへ変更する場合もあります。

 

 

連絡先の電話番号には

 

格安スマホと

 

シムフリー(ドコモやauなどの回線)にしておき

 

すぐに連絡先の変更ができるようにしておくのもいいでしょう。

 

 

 

転職エージェントも様々な人がいます。

 

ムカつく人間が中にはいますが、

 

良いエージェントも沢山います。

 

 

自分に合ったエージェントを見極めて、

 

合わない場合は変えてもらうなどして、

 

良い就職活動にして下さい。

 

 

今回は、転職エージェントがムカつく理由や

 

対処法などについて紹介しました。

 

テキストのコピーはできません。