帝王切開でいくら払った?出産一時金など。余る?高額療養費制度、医療保険、いくら返ってきた?知恵袋

スポンサードリンク






帝王切開では高額療養費制度、医療保険が適用されます。

出産一時金もです。

しっかりと申請をしましょう。

余る場合もあります。

出産後も様々な費用がかかりますので。

やはり現実では

帝王切開でいくら払ったかもですが

大事なことです。

 

妊娠中は出産費用や

 

これから必要になってくるお金についても気になります。

 

また自然分娩が難しくて

 

帝王切開を選択しなければならない場合もあり、

 

5人に1人が帝王切開だといわれています。

 

帝王切開と聞くと

 

支払いが高くなるのでは?

 

と不安に感じることも多いでしょう。

 

では自然分娩と比べると

 

いくら必要になってくるのでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク






高額療養費制度、 医療保険が帝王切開は適用される

 

自然分娩での入院が5日前後に対して

 

帝王切開の入院は10日前後と長くなり、

 

その分お金も多くかかります。

 

 

<帝王切開の支払い額>

 

 

帝王切開の場合は自然分娩とは違って

 

手術となるので

 

公的医療保険や国民健康保険が適用されます。

 

 

しかし、個室などを希望した場合は

 

個室代が実費となります。

 

 

これは病気などで入院した時や

 

手術をした時と同じ考え方です。

 

 

 

また高額療養費制度の対象にもなるので

 

 

1ヶ月あたりの医療費が

 

自己負担限度額までとなり、

 

 

ある一定の額を超えると

 

高額医療費の対象となります。

 

 

限度額適用認定証を申請していれば

 

 

窓口での支払いも安く済みます。

 

 

 

また出産時に

 

必要な費用の

 

自己負担額を軽減してくれる

 

制度があります。

 

 

 

出産一時金、協会けんぽ

 

 

<出産一時金の金額>

 

加入している健康保険や国民健康保険から

 

出産一時金が支給されます。

 

これは健康保険組合や協会けんぽなどから

 

支給されるもので、

 

1児につき

 

 

一定の金額42万円となります。

 

 

 

「直接支払制度」を申請しておけば

 

 

出産一時金は

 

直接病院へ支払われることになるので

 

 

窓口での支払いも少なくなります。

 

 

もし出産費用が42万円未満の場合は

 

申請すれば

 

余る金額が振り込みで支払われます。

 

 

 

帝王切開で保険金

 

 

 

<帝王切開で保険金が受け取れる>

 

民間の保険で

 

自然分娩が適用されることはほぼないのですが、

 

帝王切開となると

 

「入院給付金」や「手術給付金」

 

が支給される可能性があります。

 

 

加入している民間保険の

 

 

入院給付金日額や入院日数に、

 

 

手術内容を確認して

 

 

保険金の受取申請をしてみましょう。

 

 

1人目の帝王切開で

 

保険金を受け取った場合、

 

2人目からは受取れない可能性があるので

 

注意してください。

 

 

他にも各市町村が

 

 

いろんな制度を行っています。

 

各制度をうまく利用すれば

 

実質の支払い額は黒字となるかもしれません。

 

 

 

いくら戻ってきた?分娩費用と支払い額

 

 

<自然分娩での出産と分娩費用>

 

自然分娩は病気とはみなされないため

 

公的医療保険の対象外となっています。

 

 

そのため出産費用は

 

 

全額自己負担ということになります。

 

 

 

また高額医療費制度も利用することが出来ません。

 

 

ただし出産一時金は帝王切開と同じく

 

健康保険や国民年金保険などから

 

 

支給されるので

 

申請の手続きを忘れないようにしましょう。

 

 

一時金の申請期間は出産日の翌日から

 

2年以内とされていて、

 

2年を過ぎると

 

申請できないので注意してください。

 

 

また知恵袋やブログでは

 

帝王切開を予定している人や

 

経験した方の体験談や

 

いくら戻ってきたかまで

 

確認することが出来ます。

 

 

分娩費用でいくら返ってきた?

 

 

<出産と金額の領収書>

 

1年間の医療費が10万円を超えた場合、

 

確定申告で申請すれば

 

「医療費控除」として

 

 

所得税の一部を還付金として

 

 

受け取れる可能性があります。

 

 

妊娠と診断されてから行う

 

検査費用や通院、

 

交通費の領収書などは

 

 

対象となるので

 

 

大切に保管しておきましょう。

 

 

いくら返ってきたのか確認のためにも。

 

 

他にも出産手当手金は

 

産休で会社を休み収入が減った場合に

 

 

健康保険から支給されるものです。

 

 

出産日以前42日から

 

出産翌日以後56日までの範囲で

 

会社を休んだ

 

健康保険加入者であって、

 

 

この期間内に

 

会社を休んだ日数分が

 

支給対象となります。

 

 

休業中の給料の

 

3分の2を受け取ることができます。

 

 

 

他にも、

 

 

市町村が助成してくれる制度や

 

出産後に

 

現住所の市町村へ申請する

 

児童手当などもあるので

 

各市町村の助成金についても

 

確認してみる事をお勧めします。

 

自然分娩、帝王切開どちらにしても

 

申請すれば

 

高額な請求をされることなく済むということです。

 

あらゆる制度や助成金を利用して

 

なるべく支払い額が

 

少なく済むよう

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

帝王切開と分娩費用

 

 

 

<出産と帝王切開>

 

 

帝王切開とは自然分娩が難しい人や

 

自然分娩ではリスクが生じたり

 

トラブルによって

 

迅速に赤ちゃんを取り上げなければならない場合に

 

行う外科手術です。

 

その帝王切開にも2つの種類があります。

 

 

◎予定帝王切開

 

 

妊娠中から分かっている逆子や多胎児妊娠などの

 

自然分娩が難しいと判断された場合に

 

計画され帝王切開による

 

分娩のことです。

 

 

 

◎緊急帝王切開

 

 

自然分娩を予定していたのに

 

予期せぬトラブルで

 

胎児が機能不全などを起こし、

 

赤ちゃんを迅速に娩出する

 

必要があると

 

 

判断された場合に

 

帝王切開する分娩の事です。

 

 

 

 

<帝王切開と費用>

 

自然分娩には必要費用として平均で50万円程、

 

帝王切開では60万円~100万円程と

 

いわれていて

 

高額な金額が必要となります。

 

 

 

緊急で帝王切開になった場合には

 

予定外の支出に不安も増します。

 

しかし帝王切開になれば

 

手術費用が保険適用となるのです。

 

 

コメント

  1. とい より:

    ありがとうございます

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました