宝くじがあたったら何に使う?税金は?手続きに使い道は?銀行ですることは?仕事に離婚。家を買う?

スポンサードリンク






宝くじ当たったら使い道どうするか?

買う物は決まっている!

何に使う・何をする?

と夢をもって考えた人は

少なくないのです。

問題はいざ宝くじがあたったら

注意をしないと

浪費をしてしまい

破滅してしまった

といったことにもなります。

宝くじが当たったらよく考える必要があります。

周囲に話せば

様々な問題にもなるので

隠しておくのがいいでしょう。

周りには

お金を目当ての人たちが

来るようになります。

いい気持ちになり渡していたら

お金がない状態に。

そうした人たちも離れていく。

 

銀行に貯金する人

仕事を辞める

家を買う

資産運用したいこと

する事がたくさんあって迷います。

 

するべきこと税金の手続きは

どうしたらいいのか

迷う人やどこで換金出来る?

と思う人も出てきます。

 

することといえば

宝くじが当たったら、

離婚したいと思っていたので

離婚すると決めた人もいるのです。

しかし一方で失敗だった場合もあります。

 

英語が喋れる友達がいるので

一緒に海外に旅行に行きたいと思っても

話さないほうがいいです。

 

高額当選者に渡される

「その日から読む本」

はよく理解をすることです。

 

羽目を外してしまい自滅をする。

そうならないためには

生活を変えることがないのがポイントです。

 

 

スポンサードリンク






宝くじがあたったら、使い道どうする何に使う何をする?

 

宝くじといえば、

年末ジャンボ宝くじの

1等10億円が有名です。

最近話題の

1口300円で買える

スポーツくじ最高12億円くじが人気です。

1等の最高金額は

12億円というから驚きです。

 

もし、

12億円当たったら、

何するか?

そんな大金は

何に使ったらいいのか

迷う人は少なくないのです。

 

仕事をやめて、

楽しく暮らしたい、

働かなくても

生活していけると

考える人も少なくないのです。

できれば仕事を続けて

同じ生活を続けるのが無難です。

 

離婚をしたい

離婚をすると考えている人

宝くじの当選も内緒にしておくのが無難です。

 

 

資産があるなら、増やしながら使う事を考える。

 

「お金持ちほどケチ」、

という言葉を聞いたことはあります。

お金持ちは

持っているお金をできるだけ使いたくないので、

ケチになりやすいのです。

 

お金を稼ぐ人には

お金を使うことに積極的な人が多いです。

お金を使って

残った金額が少なくなっても、

稼いで増やすことができるからなのです。

 

【投資】

株や社債などに投資をするのはどうでしょうか。

確実に年利3%で運用できたら、

利息を引き出す元となる

資金が12億円なのですから

1年で3600万円です。

毎年3600万円の金額があって、

預金が減らないのであれば、

こんなにいいことはありません。

投資は預金保証ではないので

減ることもありますが、

長期的に考えて

トータルでプラスになるように

うまく働かせ

使う事を目指していくといいです。

 

宝くじに当たったら銀行でどんな手続きが必要?税金がかかる?

 

宝くじに当たったら受け取りに行きますが、

高額当選になると

みずほ銀行での物を売って現金となります。

少ない金額の当選なら

宝くじ売り場に持っていけばいいですが、

みずほ銀行での現金に換えるって

どんな手続きになるのか、

ちょっと心配な部分もあります。

 

特に金額が大きいのでしたらで、

 

心配も大きくなってくるのです。

 

宝くじに当たったら

税金はどうなると気になるのですが、

 

宝くじが当たっても

 

税金はかかりません。

 

宝くじには消費税もないですし、

 

当選後も非課税です。

 

もとから宝くじには

税金が最初から入っていて、

40%ほどの税金が取られています。

 

宝くじの法律の

 

「当せん金付証票法」

 

でも決定していて、

 

第13条

 

「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない」

 

と書いてのせています。

 

受け取りの時は

安心して全額受け取ってください。

 

税金がかからないのは

 

完全に「当選金の受け取り」

 

に対してで、

その後の行動によっては

大きな税金を納めなくてはいけないことになります。

 

 

宝くじがあたったらどこで換金出来る?

 

宝くじ売り場なら

購入した店舗でなくても換金はできます。

そのため、

自宅近くで購入した

宝くじを職場の近くで換金したり、

旅先で当せんが分かっても

すぐ近くの売り場に持ち込むことで

簡単に換金してもらえます。

 

1万円以上の換金は

みずほ銀行でしかできない時や、

 

ナンバーズなどの

数字式のくじのカードを

読み取る機械がない場合は、

 

少ない金額当せんであっても

換金はしてもらえません。

 

宝くじが売っている場所に

 

5万円マークの

ついているお店であれば

5万円以下の換金ができるので

従業員に物を売って

現金に換える事が出来るか確認し、

 

できない場合は

近くの場所で

換金してもらえる

宝くじ売り場を聞いてみるといいです。

 

お札やお金は破れたり、

気づいたら状態が酷い場合は

お金としての価値が無くなってしまいます。

 

宝くじの券はお札などと一緒で

「有価証券」に種類別に分けているため、

酷く傷がついたり、

破れなどがある場合は

換金をしてもらえないので要注意して下さい。

 

 

宝くじが当たったらしたいことは人それぞれ

 

「その日から本読む」には、

 

お金の使い方だけではなく、

 

人生の向き合い方や

 

人間関係の付き合い方など、

 

思いが現実を引き寄せるについて

指導している内容です。

 

宝くじが当たったら、

使い道は何に使う、

どうする、

したいことたくさん出て来るのです。

銀行での手続きは早くするべきです。

 

税金はかからないので大丈夫です。

買うものといえば

離婚したいと思っていたので

離婚をした人もいます。

 

何をするのか考えものです。

仕事を辞めて家を買うケースもあります。

しかし破産となり一家離散。

 

宝くじが当たったら

羽目を外さないでの生活がポイントです。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました