台湾のクレジットカードの解説

Advertisements
 





台湾旅行が決まったら、まず気になってくるのが台湾のクレジットカード事情です。

 

 

台湾のクレジットカード普及率は

 

皆さんが思うより高くありませんが、

 

 

持っていないと困る場面も多々あります。

 

慣れない外貨を目で識別して会計に臨む必要もなく、

 

 

現地で台湾ドルを入手することもできます。

 

 

クレジットカードを上手に利用して

 

 

旅行を最大限に楽しむため、

 

下記の情報を是非参考にしてみてください。

 

 

 

Advertisements
 





台湾のクレジットカード事情は?普及率は高いの?

 

 

 

台湾は現金主義の国です。

 

夜市の屋台やドリンクスタンド、

 

 

個人商店など小さなお店が多い台湾では、

 

 

 

 

クレジットカード使用不可の店は

 

未だ数多く存在します。

 

 

 

しかし、日本でも電子マネーや

 

モバイル決済が普及しているように、

 

 

 

台湾でも近年新たな支払い方法が次々と導入され、

 

 

その普及率はどんどん上がっています。

 

 

台湾政府が2025年までに

 

キャッシュレス化90%の政策を掲げ、

 

 

元々使用者の多かった悠遊卡や一卡通などの

 

 

交通系ICカード決済に加え、

 

LINE Payなどのモバイル決済も

 

かなり市民権を得てきました。

 

 

この政策により、

 

 

 

クレジットカードよりもモバイル決済の普及率が

 

急成長している印象ではありますが、

 

 

とにかく台湾の「キャッシュレス化」は、

 

確実に進んでいます。

 

 

モバイル決済の普及率が高い台湾ですが、

 

 

旅行時はクレジットカードが

 

必要になる場面がいくつかあります。

 

 

具体的には、

 

ホテル・海外用Wi-Fiレンタル時のデポジット支払い、

 

 

キャッシングの際は必要不可欠となります。

 

 

台湾のホテルにチェックインする際は

 

 

一般的にパスポートと

 

クレジットカードの提示が求められ、

 

 

 

これは支払い能力の保証を確認するためで、

 

デビットカードなどでは

 

NGな場合もあります。

 

 

また、上記のシーン以外でも

 

 

 

クレジットカードが利用できる場所は

 

多数あります。

 

 

台湾ではお釣りが全て硬貨で出てくることも多いため、

 

 

必要に応じてクレジットカードを使用しましょう。

 

 

【クレジットカード使用シーン例】

 

・台湾新幹線チケットの自動券売機

・百貨店での商品購入時 ・高級レストラン利用時

・外資系ショップ利用時 ・観光地など

 

そのほか看板に「VISA」「Mastercard」等の

 

アクセプタンスマークや、

 

「信用卡」の表記がある場合は、

 

カードの利用が可能です。

 

決済時には暗証番号やサインを求められるため、

 

必要に応じて対応しましょう。

 

 

 

 

現金の入手方法は?両替の手数料やキャッシングの方法

 

 

 

いくらキャッシュレス化が進んでいるとはいえ、

 

現金が必要になるシーンも実際かなり多くあります。

 

屋台などのローカル店舗での決済はもちろん、

 

 

おみやげ購入先の鉄板である

 

台湾コストコでも、

 

 

現金決済の必要があります。

 

 

 

空港に到着後、

 

 

市内へ移動するためのタクシーや

 

 

地下鉄(MRT)でも現金が必要になるため、

 

 

 

ある程度を日本で両替して

 

持っていくことをお勧めします。

 

 

 

しかし、いくら安全な国とはいえ、

 

 

初めから大量の現金を持ち歩くのは

 

 

高い危険性を伴います。

 

 

 

では、台湾ドルはどのように

 

入手したら良いのでしょうか?

 

方法としては以下の通りです。

 

 

 

 

両替する:

 

 

空港や市内の両替所、

 

銀行などで換金することができます。

 

外貨の両替にはパスポートが必要となります。

 

空港内の両替所のレートは悪く、

 

 

市内で両替した方が良いと言われますが、

 

 

台湾市内に両替所は少なく

 

 

基本的には銀行で両替を行うことになります。

 

しかし場所によって

 

レートや手数料が変わるので

 

よく下調べする必要があり、

 

 

また場所を探す手間もかかるため、

 

 

台湾国内での両替はあまりお勧めできません。

 

 

 

ATMから海外キャッシング:

 

 

キャッシングのメリットはレートの良さと、

 

利便性です。

 

 

 

台湾のコンビニと

 

 

ATMの密集率は

 

 

世界最高レベルと言われており、

 

ATMは基本的に24時間営業、

 

土日祝日も利用可能です。

 

 

 

その他、ホテルや銀行などにも、

 

 

 

あらゆる場所にATMが設置されています。

 

 

 

 

レートは利用日ではなく

 

 

決済日のレート+手数料となり、

 

 

手数料は両替より安くなっています。

 

 

キャッシングの場合は金利が発生するので、

 

 

 

帰国後に繰上げ返済等を行って

 

利息を最小限に抑えることをお勧めします。

 

 

 

デビットカードを利用:

 

デビットカードも利用可能です。

 

 

クレジットカードでのキャッシング分が

 

決済日にまとめて引き落とされるのに対し、

 

 

 

デビットカードは口座残高の

 

範囲内でしか利用できないので、

 

出発前に口座に多めの現金を入れておきましょう。

 

海外で利用できるのは、

 

VISA/JCBデビットです。デビットカードは

 

ほぼ審査なしで作ることができ、

 

海外キャッシングと異なり、

 

金利が発生しないことがメリットです。

 

 

 

 

使えない場合も。これから作る人も、もう持っている人も。旅行の際におすすめカード

 

 

 

台湾旅行の際は、

 

王道の「VISA」「MasterCard」「JCB」

 

 

の国際ブランドをお勧めします。

 

 

可能であれば、

 

 

異なるブランドを2枚以上持っていきましょう。

 

 

世界シェア1位のVISA、

 

シェア2位のMasterCardに加え、

 

 

台湾ではJCBが

 

 

日本人観光客の多い地域での

 

提携店増加に力を入れており、

 

 

 

使用できる店舗もかなり多くなっています。

 

 

台湾の優良タクシー会社

 

 

「台湾大車隊」でも、

 

 

JCBカードが利用できます

 

(※一部使用不可の車両あり)

 

 

 

台北にはJCBプラザ・ラウンジもあり、

 

 

便利に利用できます。

 

 

一方、アメックスカードとダイナースカードは

 

 

他の国と同様に使えないことが

 

多いので注意しましょう。

 

 

 

 

また、番外編としてその他知っておきたい

 

 

決済方法も併せてご紹介します。

 

 

クレジットカード・現金以外でも、

 

 

台湾では様々な決済が利用できます。

 

旅行者が使える決済方法は以下の通りです。

 

 

 

悠遊カード(Easy Card):

 

 

上述にも出てきた交通系ICカードです。

 

日本のPASMOと同じような役割をするため、

 

 

地下鉄などを利用する際はもちろん、

 

 

現金をチャージすれば対応店舗で

 

 

チャージ金額分を決済として利用できます。

 

 

悠遊カードは台湾の空港やコンビニで購入でき、

 

 

そのままコンビニでチャージしてもらうか、

 

駅などのチャージ機で現金を入れておきましょう。

 

台湾旅行の際は1枚持っておくと便利です。

 

 

 

 

 

Apple pay:

 

 

台湾に導入されている数ある

 

モバイル決済の中で、

 

日本人が利用できるのはApple Payになります。

 

 

LINE Payの普及率が一番高い台湾ですが、

 

 

 

日本で登録したLINE Payを

 

 

そのまま台湾で利用することはできません。

 

 

その点Apple Payは問題なく使えるため、

 

 

普段利用している人はもちろん、

 

台湾旅行が決まったら

 

登録しておくことをお勧めします。

 

 

 

 

まとめ 台湾でクレジットカード

 

台湾での決済事情について説明してきました。

 

クレジットカードがあれば、

 

 

身分証明書や保険証書としても使え、

 

現地で現金不足になった時に手軽に

 

キャッシングすることもでき、

 

現金を大量に持ち歩く危険性もありません。

 

台湾へ旅行の際は

 

是非1枚持っていくことをお勧めします。

 

 

テキストのコピーはできません。