退職証明書がもらえない。自分で作成は?退職前は?テンプレートは?理由ともらい方

スポンサードリンク






職場を退職した後にはいろんな手続きが必要になってきます。

 

すでに転職先が決まっているなら

 

書類を転職先に出すだけですが、

 

まだ次の職場が決まっていない人には

 

いろんな手続きが待っています。

 

今回は特に大切な退職証明書について

 

解説してみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク






退職証明書と請求の仕方

 

 

<退職証明書のもらい方>

 

退職証明書というのは勤務先を退職した、

 

従業員が退職したなどの場合に

 

 

会社が交付する証明書で、

 

勤務期間や賃金、

 

退職理由などが

 

 

記載され

 

確かに在籍していたという

 

事実を証明する書類のことです。

 

 

 

一般的なもらい方としては

 

退職者から会社側へ依頼し、

 

 

会社が作成するものになります。

 

勤務期間や賃金、

 

退職理由などが記載され、

 

 

転職先から提出を求められることがあります。

 

 

これは

 

どのような業務についていたのか、

 

どれぐらいの給料をもらっていたのかなど

 

 

本人主張ではない

 

会社からの情報を得るためです。

 

 

また同じような書類で

 

 

「離職票」

 

というものがあります。

 

「離職票」は

 

失業保険の手続きに必要となるため、

 

 

ハローワークへ提出します。

 

 

もし手続きを行う時に

 

 

離職票が届いてない場合には

 

 

退職証明書が代わりの

 

役割を果たしてくれます。

 

 

 

退職前の発行

 

 

 

<退職前にもらうには>

 

退職者からの依頼があれば

 

 

企業側は作成しなければならないという

 

義務が労働基準法で決められています。

 

退職前に発行できないわけではありません。

 

 

拒否したり

 

書類を偽造したりすると

 

労働基準法違反となり

 

罰則が発生しますので

 

注意してください。

 

 

 

証明書は退職前の在籍中から

 

作成依頼ができますが、

 

 

退職前に交付できない決まりになっています。

 

これは在籍を証明する書類なので原則、

 

発行は退職日以降となります。

 

 

退職して早くもらうには、

 

 

退職年月日が決まったら

 

すぐ会社へ報告し、

 

 

作成を依頼しておきましょう。

 

 

また発行回数には

 

 

制限がありませんので

 

 

複数必要なら予め伝えておきましょう。

 

 

 

退職証明書が貰えないわけ

 

 

 

<貰えない・届かない>

 

依頼しなくても交付する会社もあるようですが、

 

 

基本的には依頼をして

 

作成してもらう書類になります。

 

 

会社側も請求がなければ

 

 

発行義務がないため、

 

 

依頼もせず退職して

 

ずっと待っていても

 

届かないし貰えないです。

 

 

 

<退職証明書を発行してくれない理由>

 

証明書には申請期限というものがあり

 

「退職してから2年以内」

 

と決められています。

 

 

退職して2年を過ぎていればx

 

 

いくら退職者が請求しても

 

 

会社側には交付の義務がなく

 

 

拒否することができるので

 

貰えないことになります。

 

退職後の期間を

 

一度確認してみましょう。

 

 

 

 

テンプレートと自分で作成。もらえなかった場合

 

 

<退職証明書のテンプレート>

 

退職証明書は私文書となるため、

 

 

決められた様式がありません。

 

記載するべき項目としては

 

 

「使用期間」

 

「業務の種類」

 

「事業での地位」

 

「賃金」

 

「退職理由」

 

 

の5つで

 

 

それ以外の

 

 

退職者本人が希望しない項目は

 

 

記載してはならないと

 

 

労働基準法で決められています。

 

 

 

労働基準局のHPには

 

企業側が利用できる

 

便利なテンプレートも準備されている他、

 

ネット上でも

 

いろんなテンプレを

 

探すことが出来ます。

 

ぜひ活用してみて下さい。

 

 

 

 

<出してくれないから自分で作成>

 

退職者本人からの依頼を会社は断ることが出来ません。

 

テンプレがあるのなら

 

自分で作成することができそうな気もします。

 

 

しかし会社側が

 

第三者の立場から見た

 

証明書類ということになるので

 

自分での作成はできません。

 

会社が作成し、

 

捺印したものだけが認められています。

 

 

 

アルバイトでの退職証明書

 

<アルバイトはもらえない?>

 

雇用形態で退職証明書の作成有無が変わるものではなく、

 

 

労働基準法により

 

 

義務付けられたものなので

 

 

アルバイトでも申請をすれば

 

 

退職証明書の作成をしてもらえます。

 

 

もし出してくれないのなら

 

 

労働基準法で遅延なく

 

交付しなければならないという

 

 

規定があることを説明しましょう。

 

 

退職証明書が発行してもらえない場合の対処法

 

 

証明書は長くても

 

2週間ほどで作成できると考えられます。

 

 

 

<もらえなかった場合の相談>

 

 

◎会社へ連絡する

 

依頼したにもかかわらず

 

2週間以上が経過しても

 

届かない場合には

 

会社へ連絡し、

 

依頼されているか確認し、

 

 

発行義務があることを伝えて

 

もう1度依頼してみましょう。

 

 

 

◎労働基準局へ相談

 

 

何度も依頼しているのに

 

発行してもらえない場合は

 

労働基準局へ相談しましょう。

 

 

労働基準局から会社へ連絡が入るはずです。

 

 

 

退職理由書と退職証明書

 

 

退職理由書を紹介します。

 

 

退職理由書というのはご存じでしょうか。

 

退職の理由を会社へ明確に伝える書類になります。

 

退職理由には転職や一身上の都合など

 

いろんな事があるでしょう。

 

これは今後の失業保険の受給にも

 

 

大きく影響してくることになります。

 

 

例えば

 

会社都合で解雇しておきながら

 

自己都合で処理をすれば

 

給付開始までの

 

待期期間や支給額にも

 

 

大きく関わってきます。

 

 

慎重に記載しましょう。

 

 

また退職証明書がない場合の理由書は

 

同じものとはなりませんので注意してください。

 

退職年月日が決まれば

 

早めに会社へ伝え、

 

 

お互いにトラブルがなく

 

スムーズに円満退社と

 

また新たな職場での手続きが

 

スムーズに進むように心がけましょう。

 

コメント

  1. より:

    さんこうにします

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました