水道メーターはどこ?アパート、一軒家。マンション。賃貸。場所。新築。オートロック

Advertisements
 





水道のトラブルがあった時には、水道メーターを閉めなくてはいけません。

 

 

しかし、水道メーターの場所が分からないと閉めることが出来ません。

 

一戸建てやマンション、

 

アパートなどでは

 

水道メーターの場所が異なります。

 

 

 

キッチンや洗面所などで

 

水のトラブルが起きた時、

 

の様な対処をすればいいのでしょうか。

 

 

 

そこで今回は

 

 

・水道メーターは誰が設置?

 

・水道のメーターはどこにある?

 

・水道メーターの場所確認方法

 

・水道トラブル対処法

 

・よくある質問

 

について紹介します。

 

 

 

Advertisements
 









水道メーターは誰が設置?

 

 

 

 

 

一軒家などで水道メーターを設置していますが、

 

 

誰が設置しているのでしょうか。

 

 

ここでは、水道メーターについて紹介します。

 

 

 

 

 

1.水道メーターの種類

 

 

 

水道メーターには

 

「公設」と「私設」

 

があります。

 

 

 

 

①公設メーター

 

 

 

水道局が設置したメーターで、

 

 

原則として

 

水道局が費用負担して設置します。

 

 

定期的な交換費用も水道局負担となります。

 

 

 

 

 

②私設メーター

 

 

 

設置費用は、大家さんの負担です。

 

 

主にアパートなどに設置されています。

 

 

 

交換費用も大家さんで

 

費用を負担します。

 

 

 

 

※水道メーターには有効期限があり、8年毎の交換が必要です。

 

 

 

 

 

2.公設メーターと私設メーター違い

 

 

 

集合住宅の場合、

 

各戸に

 

公設メーターを設置しているケースと

 

 

私設メーターを設置している

 

2つのケースがあります。

 

 

 

 

 

①各戸に公設メーターを設置する場合

 

 

 

各戸に公設メーターを設置する場合、

 

 

各戸の水道料金の徴収は

 

近くの水道局が行います。

 

 

 

水道局がメータの検針を行い、

 

 

水道料金の請求や徴収管理を行います。

 

 

 

 

 

 

②各戸に私設メーターを設置する場合

 

 

 

各戸に私設メーターを設置する場合でも、

 

 

集合住宅全体に

 

公設メーターは1つあります。

 

 

これを親メーター、

 

 

そして各戸の私設メーターを

 

子メーターと呼ぶこともあります。

 

 

水道料金の徴収管理は

 

大家さんか委託を受けた

 

管理会社が行います。

 

 

 

水道のメーターはどこにある?

 

 

 

トラブルが起こる前に、

 

水道のメーターはどこにあるか確認しておく

 

必要があります。

 

 

水道メーターの場所は

 

一戸建てやマンションなどで異なります

 

 

 

 

①戸建て住宅の場合

 

 

 

新築などの場合は、

 

 

立てる前などに

 

事前にハウスメーカーなどから

 

位置を聞いていると思います。

 

 

 

賃貸や中古住宅の場合は分かりにくいと思います。

 

 

一般的なのが

 

「家の入口付近」

 

「駐車場付近」

 

 

にあることが多いです。

 

 

 

 

 

②マンションや団地の場合

 

 

 

マンションでは外廊下の玄関横に

 

 

「パイプシャフト」

 

 

と呼ばれるスペースがあり、

 

 

その扉を開けると水道用メーターだけでなく

 

 

ガス用メーターなどが有り、

 

直ぐに確認できます。

 

 

 

 

 

③アパートの場合

 

 

 

アパートに関しては、

 

 

水道メーターの設置場所が

 

各アパートによって異なります。

 

 

 

分かりやすい場所に設置している所もあれば、

 

 

設置していても

 

部屋番号がバラバラに設置してある場合などもあります。

 

自分の水道メーターが分からない時は、

 

 

管理会社か大家さんに聞いてみましょう。

 

 

水道のトラブル時は、

 

水道メーター前に元栓である

 

「止水栓」

 

があるので、

 

 

閉めれば家の全ての水が止まります。

 

住む前に水道のメーターはどこにあるのか

 

事前に確認する事をオススメします。

 

 

 

水道メーターの場所確認方法

 

 

 

水道料金が、いつもより高い時は、

 

水漏れを起こしている可能性があります。

 

 

しかし、

 

メータの場所や見方が分からないと

 

 

水漏れしているか分かりません。

 

 

 

ここでは、メーターの仕組みと

 

場所の確認方法を

 

紹介します。

 

 

 

 

 

1.水道メーターの仕組み

 

 

 

 

メーターは3つの計器があります。

 

 

 

・検針メーター

 

 

 

どれだけ水を使用したかが分かります。

 

㎥で表示している計器で、

 

 

前回検針日と今回の検針日の差で

 

水道料金を決めています。

 

 

 

 

・水量確認指針

 

 

 

水の流れが正常化確認できる。

 

 

水道メータで不具合が起きた時に、

 

このメーター(指針)を使うことで確認できます。

 

 

 

 

 

・パイロット

 

 

 

水漏れしているか確認出来る。

 

水漏れをしていると、

 

 

中でタービンが回転し、

 

 

パイロットが回る仕組みです。

 

 

水漏れがあると、

 

 

パイロットがクルクルと回転します。

 

水道を使っていないのに

 

パイロットが動いてると

 

 

水漏れしている可能性があります。

 

 

 

※地域によって機器の名称や形状が異なる場合があります。

 

 

 

 

水道局は、この3つの計器を確認しています。

 

 

 

 

 

2.水道メーター場所の確認方法は?

 

 

 

水道メーターは、

 

建物で場所が異なります。

 

 

 

・庭

 

・駐車場入り口

 

・道路近くの敷地内

 

 

上記のいずれかに

 

設置されていることが多いです。

 

 

 

 

3.水道メーターの取り付け位置はどこ?

 

 

水道メーターの取り付ける位置は

 

決まっています。

 

 

 

①原則として道路境界線に最も近接した敷地部分で、

 

 

メーターの点検や取替作業が容易であり、

 

メーターの損傷や凍結などの

 

恐れがない位置

 

 

 

 

 

②建物内に設置する時は、凍結防止や取替スペースの確保などに考慮する事

 

 

 

③メーターの縁アック指示装置を設置する時は、

 

正確で効率的に検針でき、

 

かつ維持管理が容易なもの

 

 

 

 

④メーターを地中に設置する時は、

 

鋳鉄製、プラスチック製、コンクリート製などの

 

マス又はメーター室に入れる事。

 

 

またメーター取り外し時の戻り水による

 

汚染の防止について考慮する事。

 

 

 

 

⑤設置する時に、

 

水道メーターの流水方向を確認し

 

水平に取り付ける事。

 

 

また、水道メーターの機種によっては、

 

 

水道メーターの前後に所定の直管部を確保するなど、

 

計量に支障が生じないようにする事。

 

 

この様に水道メーターの取付位置が決まっています。

 

 

 

水道メーターの見つけ方は

 

 

上記を参考に、

 

 

どこに設置しているか

 

 

一度確認しておきましょう。

 

 

 

水道トラブル対処法

 

 

同じ水回りでも、トイレやキッチンなど

 

場所によって

 

使用している機器や道具が

 

多岐にわたるので、

 

 

一般の人手が対処が困難となります。

 

 

 

ここでは、具体例を挙げて対処法を紹介します。

 

 

 

 

<トイレのトラブル>

 

 

 

トイレのトラブルで特に多いのが

 

 

「給水管や排水パイプ、止水栓からの水漏れ」です。

 

 

 

 

①対処法

 

 

 

・家全体の止水栓を止める

 

(集合住宅の場合は、

 

玄関横のパイプシャフト内に

 

止水栓があることが多い)

 

 

 

 

 

・止水栓をマイナスドライバーで右に回して閉める

 

 

(回らない場合は無理に回さずそのままにする)

 

 

 

 

・修理業者に連絡、ドコモやAUなどの携帯電話、固定電話で連絡。

 

 

 

 

②トラブルの具体例

 

 

・トイレが詰まって流れない

 

 

・タンクや手洗い管の水が止まらない

 

 

 

 

 

<キッチンのトラブル>

 

 

シンクの排水管が埋まるトラブルが多いです。

 

 

 

①対処法

 

 

・クリーナーを流して溶かす

 

 

・ラバーカップを使う

 

 

この様な事で、

 

まずは排水管の詰まりを除去します。

 

 

困難な場合は

 

専門業者に依頼しましょう。

 

 

 

 

 

②トラブルの具体例

 

 

・床に水漏れ発見

 

 

・キッチンパイプからの悪臭

 

 

<お風呂のトラブル>

 

 

お風呂のトラブルでは、

 

「蛇口からの水漏れ」や

 

「排水口の詰まり」

 

が多いです。

 

 

 

 

 

①対処法

 

 

・水漏れの場合は、パッキンやシールが

 

劣化していることが多いです。

 

止水栓を止めれば

 

自分でも修理が出来ます。

 

水みれがひどい場合は

 

業者に依頼しましょう。

 

 

 

 

・排水口の詰まりの場合は、

 

髪の毛やヌメリなどで

 

詰まりやすくなります。

 

 

 

 

排水栓やフィルターなど

 

浴槽の付属部品を取り外して

 

掃除します。

 

歯ブラシや排水パイプ用洗剤などで

 

汚れや詰まりを除去します。

 

それでも詰まりが解消できない時は

 

専門業者に依頼しましょう。

 

 

 

 

 

②トラブルの具体例

 

 

 

・浴槽の排水口の詰まり

 

 

・蛇口からの水漏れ

 

 

・シャワーからの水漏れ

 

 

 

 

 

<洗面所のトラブル>

 

 

 

洗面所では排水口の詰まりのトラブルが多いです。

 

 

 

 

①対処法

 

 

 

洗面所では、

 

洗面台や洗濯機の排水口があり、

 

 

それぞれ髪の毛やゴミなどで

 

詰まりやすくなります。

 

 

排水口付近なら

 

自分で髪の毛やゴミなど除去が可能ですが、

 

内部になると

 

自分では困難なので

 

専門業者に依頼しましょう。

 

 

 

 

②トラブルの具体例

 

 

 

・洗濯防水パンの排水口詰まり

 

 

・排水管や合トラップ間のヒビ入りなどによる水漏れ

 

 

・トラップからの水漏れ

 

 

 

よくある質問

 

 

 

ここでは、よくある質問を紹介します。

 

 

 

①下水メーターってどこにある?

 

 

【回答】

 

 

下水道の水量を計るメーターはありません。

 

 

 

その理由は、

 

 

下水には固形物が含まれていたり、

 

 

水道管が満水でないことで

 

計測する事が困難なためです。

 

 

なので「下水道使用料」は、

 

 

水道の使用水量を下水道の量として計算しています。

 

 

 

 

②家の水道メーターはどこにある?

 

 

【回答】

 

 

主に室外玄関ドアの横扉や

 

下などにある場合が多いです。

 

 

これは建物によって変わります。

 

 

 

メーターを確認する時は、

 

メーターの中にある

 

コマgあ動いているか確認します。

 

動いていると水が流れています。

 

 

 

 

③水道は誰のもの?

 

 

【回答】

 

 

上下水道は公共施設となっています。

 

 

 

家の蛇口や排水口から上下水道本管につながるまで、

 

家の所有者のものとなります。

 

 

なので維持管理は

 

家の所有者が行わないといけません。

 

 

 

 

 

④なぜ水道から水が出るのか?

 

 

【回答】

 

 

水道の仕組みは、

 

浄水場からポンプの圧力をかけることで

 

水道を伝って水が送られてきます。

 

 

 

圧力によって流れ込む水を止める、

 

あるいは

 

水の移動を制御する事が

 

水道の仕組みです。

 

 

 

 

 

⑤レオパレスなどのオートロックマンションの場合、

 

どうやって検針しているの?

 

 

【回答】

 

 

マンションなどの共同住宅で

 

各部屋の水道メーターを水道局が検針する場合、

 

 

建物の管理組合

 

または建物の所有者に

 

 

「申し込み前に立ち入り許可」

 

 

をもらっています。

 

 

オートロックの場合は、

 

事前に鍵を預かるか

 

暗証番号を教えて貰っています。

 

地内の一軒家のオートロックも

 

この様にする場合があります。

 

 

 

まとめ

 

 

今回は、水道メータの場所や確認方法などについて紹介しました。

 

 

水道メーターは、

 

水道のトラブルなどで

 

元栓(止水栓)を閉める必要はあるので

 

知っておく必要があります。

 

 

水道メーターの場所や

 

 

確認方法は先程紹介したように、

 

 

「庭」

 

「駐車場入り口」

 

「道路近くの敷地内」

 

 

に多く設置されています。

 

分からない時は、

 

 

近くの水道局に聞いてみましょう。

 

 

水道事業の民営化は進むでしょう。

 

 

水道メーターについて気になっている方は、

 

今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

水道のトラブルについても紹介しているので、

 

こちらも参考にしてみて下さい。

 

テキストのコピーはできません。