そら豆に黒い虫!病気と害虫、黒くなって枯れる場合…黒い斑点と農薬、種取りと空豆の病気。ソラマメのアブラムシを駆除するには

 

そら豆の栽培では、

黒い虫や病気に悩まされるのは

日常茶飯事です。

 

 

でも、黒い虫や病気への対策を

知っておけば対処することが可能です。

 

今回は、そら豆につく黒い虫への

対策を紹介していきます。

 

 

そら豆に黒い虫!害虫がついたら

 

そら豆につく害虫で代表的なのが

アブラムシと呼ばれる虫です。

 

そら豆の葉っぱを好んで食べるという

性質があります。

 

そら豆の虫食いである

アブラムシがついたら、

どう対処すればよいのでしょうか。

 

ソラマメのアブラムシを

駆除する方法は何通りかあります。

 

ソラマメのアブラムシを駆除する場合、

できるだけ農薬に頼らずに

行いたいところです。

 

一番簡単に行えるのが

水で洗い流してしまう方法です。

 

そら豆につく害虫を

まとめて駆除することができるので、

まず試してみてください。

 

木酢液を水で薄めて

スプレーする方法も意外と有効です。

 

そら豆につく害虫やアブラムシが

苦手とする成分なので

効果が期待されます。

 

デメリットとしては、

お酢のにおいが残ってしまうので、

 

苦手な人にとっては

水で洗い流さないといけないので

手間がかかることです。

 

 

ソラマメにつくアブラムシを

水で洗い流して駆除するよりも、

 

木酢液をスプレーするほうが、

事前にできる対策なので

虫食いの被害を抑えられます。

 

自分が思うには、農薬を使わずに

そら豆を害虫から守るには、

 

木酢液を水で薄めて

スプレーする方法が

効率的なのではないかと思います。

 

 

そら豆の栽培では

病気についても色々と

頭を悩まされてしまいます。

 

そら豆栽培病気といっても

様々な原因が考えられます。

 

そら豆栽培病気で代表的なのが

黒くなるということです。

 

そら豆の皮が黒い場合は

肥料や水の与えすぎが

原因として考えられます。

 

肥料には窒素が多く含まれているので、

与えすぎた場合は、そら豆の皮が

黒い状態になってしまうのです。

 

また、そら豆の皮が黒いからといって

必ずしも病気であるとは断定できません。

 

そら豆の皮が黒いのは、

成熟している証拠でもあるからです。

 

その場合は、そら豆の皮をむいてみて

中身が黒くなかったら大丈夫です。

 

そら豆のわたが黒い場合や

臭い匂いがする場合は

食べないようにしてください。

 

 

そら豆のわたが、黒い状態で

ぐちゃぐちゃとゼリー状みたいに

なっている場合は、

 

特に注意が必要なので、

もったいないと思っても

食べずに捨てるようにしてください。

 

そら豆の種取りでは

莢が黒くなった時が

取り出すタイミングです。

 

上を向いていた実が

下に下がり始めたら

収穫をはじめてください。

 

そら豆の種取りをすることで、

次回も栽培できるのが魅力的ですね。

 

 

そら豆が黒い…病気?

 

そら豆の病気を防ぐためには

一体どうすればいいのでしょうか。

 

空豆の病気といっても

様々で原因や対処方法が異なります。

 

そら豆が黒くなって

枯れる場合は何が原因なのでしょうか。

 

そら豆が黒い状態で

枯れるというのは、

気温の寒さが関係しています。

 

そら豆は花が咲く時期になると

寒さに弱いという性質が表れます。

 

そら豆が病気になって

黒い状態で枯れないようにするには

どうすればいいのでしょうか。

 

幼苗のときは花が咲く時期よりも

寒さに強いので、

 

種まきのタイミングに気を配り、

10月下旬から11月頃に

種をまくようにしてください。

 

 

そら豆の病気で代表的なのが、

「えそモザイク病」と呼ばれる

伝染してかかる病気です。

 

そら豆につくアブラムシなどが原因で、

土壌にウイルスが

広がってしまうのが原因です。

 

そら豆につくアブラムシは

早めに駆除しないと、

こうした病気にもかかってしまいます。

 

そら豆に黒い斑点が出てくる

病気もあります。

 

この場合は

「ソラマメ褐斑病」という病気です。

 

これは一種のカビのようなもので、

雨が降りやすい時期に

起こりやすい病気です。

 

そら豆に黒い点が表れていたら、

農薬による対処が必要となります。

 

そら豆の病気で

農薬はあまり使いたくないところですが、

 

特効薬の一つではあるので

必要に応じて使うことも大事です。

 

そら豆が病気にならないように

農薬を使わずに

栽培できたらうれしいですね。

 

 

そら豆の黒い虫について

 

今回は、そら豆につく

黒い虫について紹介してきました。

 

そら豆につく黒い虫は

アブラムシと呼ばれる害虫です。

 

アブラムシはそら豆の葉っぱを

好んで食べる性質があります。

 

そら豆につく害虫は

アブラムシの他にもまだいますが、

 

虫食いを防ぐために

様々な対策を行っていきましょう。

 

農薬を使うことが

一番手っ取り早くて効果的ですが、

 

できるのであれば農薬を使わずに

駆除したいところですよね。

 

 

農薬を使わずに

害虫を防ぐ方法としては、

 

そら豆についたアブラムシを

水で洗い流してしまう方法があります。

 

他にも、木酢液を水で薄めて

スプレーするのも効果的です。

 

そら豆につくアブラムシや

害虫が苦手とするので

効果は期待できます。

 

ただしこの方法には

デメリットがあって、

 

お酢のにおいが苦手な人は、

スプレーした後に

水で洗い流さないといけません。

 

 

そら豆につく害虫によって、

様々な病気を引き起こす

原因となるので要注意です。

 

アブラムシの害虫による

感染が原因となる

「えそモザイク病」は特に注意したいです。

 

そら豆の虫食いによる被害や

病気に関しては、

 

大変だとは思いますが、

根気よく続けることが

自分は大事だと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました