躁うつ病は薬物依存症!仕事に復帰しても続かない!薬物乱用は絶対ダメ!

覚せい剤、麻薬の向精神薬、抗うつ薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠薬、睡眠導入剤。

薬物依存症。

躁うつ病の理由は薬で。

これに気づかないままでいるのが躁うつ病の人。

そして

あなたも躁うつ病の人に説得をしただろうが

話が通じないのだ。

薬物乱用であるから。

薬物が最優先となる。

ゆえに手に負えない。

 

完治をする場合もあるが

少ない。

また手を出してしまうことも多い。

絶対にダメなもの。

 

 

仕事に復帰をしても続かないで

退職。

 

向精神薬を使えば

 

躁うつ病と呼ばれている使用者になる。

 

 

誰もが理解するのは

 

「抗うつ薬や睡眠薬はあれと成分が同じだから。」

 

 

「それだと頭がおかしいのも自然だ。」

「仕事に復帰はそんなのはやめて断薬して体調を整えてからだね。」

 

 

 

 

仕事できるわけがない!仕事探しは完治後。

 

 

 

躁うつ病でも仕事ができる?

精神科医を信じていたら治らないで死亡、早死にする。

 

 

完治後に仕事に復帰するのが自然なこと。

 

もちろん

努力が必須。

治ったら仕事の復帰で。

 

 

躁うつ病もだが精神疾患の名称自体どうでもいいこと。

 

使えばどうにかなってしまう。

それだけだ。

 

その間は仕事できるわけがない。

している体では仕事はしてはいけないこと。

 

周囲に迷惑がかかるだけ。

仕事探しをするのは

完治後にするのが正しいこと。

 

 

あの危険なのを使えば

 

急に暴れだすことがあってもおかしくはないこと。

 

 

仕事に復帰をして職場で叫ぶのもだが

暴力をふるうことをしてしまったら

 

噂が広まり

 

取引先がいなくなり

 

会社が倒産する危険もある。

 

 

 

 

復帰を。大変だからめんどくさいからやらない?

 

 

 

躁うつ病から仕事に復帰。

 

 

「躁うつ病は詐欺師たちの騙すための作り話。」

 

 

躁うつ病というので

そういった診断名は関係ないこと。

 

薬害。

 

しかし躁うつ病、精神病、精神疾患は

甘えが多い。

周囲が悪いから

その償いにやってもらえる。

支援を受けるのが当たり前。

躁うつ病の人に多い。

 

そして

「躁うつ病だから先生が治すものだから。」

 

これではあなたも縁切りをするしかなくなる。

離婚も。

 

 

結局は仕事ができないまま復帰もできず

死亡、早死に。

 

 

コメント

  1. 被害者 より:

    躁うつ病も薬害。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました