葬儀後、遺族へのねぎらいの言葉の例文。葬儀後のメールで返信、葬儀後のお悔やみの言葉、葬式明け、葬儀が終わった報告

スポンサードリンク






「メールで報告していいの?」「返信は?」など

気になるところも

たくさんあります。

 

少しずつ見ていきましょう。

 

葬儀では言葉や振る舞いで

 

失礼のないよう、

 

マナー違反にならないように

 

注意する点がたくさんあります。

 

また何と声掛けすればいいのか、

 

言葉遣いや伝え方は

 

悩んでしまうところです。

 

大切な親族や友達、

彼氏、

上司など

 

突然、

 

葬儀へ参列しなければならないこともあるでしょう。

 

 

スポンサードリンク






遺族にかける言葉、葬儀後のお悔やみの言葉

 

 

お悔みとは亡くなった

 

故人の死を悲しむ気持ちを

 

言葉にして

 

 

遺された

 

遺族へ伝えることです。

 

遺族はたくさんの

 

参列者を

 

相手にしなくてはなりません。

 

時間的にも余裕がない時に

 

長時間、話すことは避けましょう。

 

 

 

 

<お悔やみの言葉>

 

 

◎この度はお悔み申し上げます

 

◎哀悼の意を表します

 

◎ご冥福をお祈りします

 

 

 

遺族への挨拶も

 

気遣いが大切になります。

 

その場の状況や

 

声を掛ける

 

家族の様子を見ながら

 

 

言葉を掛けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

<注意点>

 

 

◎重ね言葉

 

くれぐれもや色々、

 

度々などのような

 

重ね言葉は

 

連続することを

 

連想させるので避けます。

 

重ね言葉を使用しないように

 

言い換えて

 

伝えることを心がけましょう。

 

 

 

 

Advertisements

<身内が亡くなった人にかける言葉>

 

 

 

◎例文

 

この度はご愁傷さまです。

〇〇様のご不幸をお聞きし、

以前お会いした時の元気な姿を思い出し残念でなりません。

どうぞご心労でお体を壊されませんよう、

ご自愛くださいませ。

 

 

 

身内が亡くなるというのは

 

大きなショックであると共に

 

することが多く

 

大変いそがしい状態だと考えられます。

 

葬儀後のお悔やみの言葉は、

 

簡潔に寄り添うような言葉を

 

かけてあげることが大切です。

 

 

 

親族・ねぎらう言葉・返事

 

 

ねぎらいの言葉は遺族へ掛ける

 

慰めるの言葉です。

 

 

 

ねぎらいの言葉を掛けることで

 

親族に寄り添うことが出来るので

 

忌み言葉は

 

マナー違反となります。

 

 

 

 

<ねぎらう言葉の例文>

 

 

◎突然のことでさぞやお力落としの事と存じます

 

◎ご葬儀でお疲れでしょう。疲れが出やすい頃ですから体に気を付けて下さいね。

 

◎何かと大変だったでしょう。あまり無理のないようにしてくださいね。

 

 

 

など長い言葉は避け、

 

 

短く簡潔に

 

 

言葉を掛ける方がいいでしょう。

 

 

その他、

 

「力落としのないように」や

 

「気を落とさず」などの

 

 

表現が一般的です。

 

 

また遺族も

 

「恐れ入ります」

 

 

と返事すればよいでしょう。

 

 

 

 

 

ねぎらいの手紙・ねぎらいの言葉

 

 

訃報を知らなかった、

 

すでに葬儀が終わっていた

 

などの場合は

 

ねぎらいの手紙を送るのもいいでしょう。

 

一般的に初七日までに

 

郵送するのがマナーですが、

 

Advertisements

知らなかった場合は

 

 

香典を同封して

 

早めに送りましょう。

 

 

 

 

<忌みの言葉>

 

 

重ね言葉はもちろん死を直接的に表す離れる、

 

死亡、終わるなどの言葉やまた、

 

追ってなどの不幸が続くことを連想させる言葉もNGです。

 

他にも消える、

 

敗れるなどは

 

 

縁起が良くないので

 

避けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

メールは失礼?

 

 

またメールで訃報が届いた場合は

 

メールで返信しても問題ありません。

 

届いたら

 

なるべく早いタイミングで

 

言葉遣いに注意して

 

返信しましょう。

 

 

 

 

 

葬儀と告別式と納骨

 

 

葬儀と告別式とはどのような違いがあるのでしょうか。

 

 

 

<葬儀>

 

 

葬儀とは宗教的な儀式で、

 

僧侶の読経や戒名授与などの

 

焼香前の儀式で、

 

参列者が故人の冥福を祈り

 

死者を弔うための儀式です。

 

 

 

 

 

<告別式>

 

 

故人との最期のお別れをするので

 

親族、参列者による

 

焼香や出棺前の献花など

 

 

葬儀後に行われるものが

 

告別式になります。

 

 

 

 

 

<納骨>

 

 

 

故人の葬儀が終われば

 

火葬を行いその後、

 

遺骨を骨壺へ納めておきます。

 

この骨壺を

 

 

お墓へ納めることを

 

納骨といいます。

 

 

 

 

葬儀後にかける言葉、喪主へのねぎらい

 

 

 

<喪主への挨拶>

 

 

喪主は葬儀の責任者となる

 

最も重要な役割を果たします。

 

 

また参列者への挨拶も行わなければなりません。

 

 

しかし喪主へのねぎらいも

 

また大切になってきます。

 

簡潔に短く伝えましょう。

 

 

 

 

 

<遺族にかける言葉>

 

 

 

遺族もまた不慣れな葬儀で

 

疲れが出ます。

 

 

簡潔に故人を悼み残された

 

遺族の心の支えになるような

 

 

お悔みの言葉を掛けることで

 

遺族に寄り添うことが出来ます。

 

 

 

 

 

葬儀が終わった報告、葬儀の後にかける言葉

 

 

<葬儀が終わった報告、終わった人にかける言葉>

 

葬儀が終わると

 

遺族は一気に力が抜け気落ちしてしまうものです。

 

 

元気づけようと

 

つい長々と話してしまいそうですが、

 

 

ねぎらう言葉は短く

 

掛けてあげるのがよいでしょう。

 

 

お葬式を終えた人にかける言葉では、

 

例えば、

 

「お疲れ様でした」や

 

「不慣れな葬儀でお疲れでしょう」など。

 

 

体を気遣いしてあげることも大切です。

 

 

 

 

<報告とお礼の手紙>

 

故人がお世話になった方々へ

 

葬儀を終えて

 

1週間~2週間程度で

 

 

報告とお礼の手紙を出します。

 

 

またひとつの区切りとして

 

四十九日法要を終えて

 

落ち着いたという

 

報告のケースもあります。

 

その場合は

 

事後報告のお詫びの言葉を添えましょう。

 

 

 

 

葬式明けの返事

 

 

 

<職場復帰>

 

葬式明けの職場復帰の際には

 

 

葬儀に参列してくれたお礼や

 

同僚、上司へ迷惑をかけてしまったことに対する

 

お詫びを簡潔に伝えましょう。

 

一般的に

 

慶弔休暇は配偶者10日間、

 

父母7日間、

 

兄弟、義父、義母3日間

 

となっています。

 

宗教や宗派で

 

考え方や作法も

 

それぞれ違います。

 

 

不慣れな葬儀で

 

ミスのない振る舞いができるよう心がけましょう

 

テキストのコピーはできません。