四国移住失敗?四国移住で香川移住のをした人の失敗。香川県の小豆島での移住失敗とは?

 

四国移住失敗と語る人は、

ほぼ間違いなく事前の短期滞在を甘く見ていた人。

 

 

最近人気のある

田舎暮らしに憧れて移住を検討中の人が

四国移住失敗をしないためには?

 

 

四国に移住した知り合いが多い自分が、

香川や小豆島の失敗しないポイントを紹介。

 

 

 

四国移住で失敗…香川県へ移住した人の失敗とは。四国移住先の環境や仕事は?

 

「温暖で災害が少ない」

 

「自然豊かな環境で子育てがしたい」

 

 

そんな理由から、

四国への移住希望者も増えている。

 

 

中でも、本州からも瀬戸大橋を渡って

すぐの香川県を自分はおすすめする。

 

本州へのアクセスの利便性もそうだが、

香川県といえば瀬戸内海に面した温暖な気候。

 

 

小豆島をはじめ多くの島があり、

全国一面積が狭い県であり、

自然が豊かで災害が少ないのだ。

 

 

四国は、四国山地を境にして、

瀬戸内海側と太平洋側で

気候特性に違いがある。

 

例えば、瀬戸内海側は

年間の雨量が少なく、

太平洋側は雨が多いという特性も。

 

 

讃岐うどんや金比羅宮、

岡山県との間を結ぶ

瀬戸大橋も有名。

 

 

瀬戸内海に浮かぶ島々にて、

3年に1度「瀬戸内国際芸術祭」が

開催されているのも有名だ。

 

瀬戸内海や浮かぶ島々は

美しい風景を見せてくれて、

インスタ映えだってする。

 

 

しかし移住先人気に伴い、

四国移住して失敗したという人も

増えているのだ。

 

 

理由の一つに、

「地球温暖化」の影響がある。

 

 

瀬戸内海側の気候は温暖で

災害が少ないと言われていたのが、

雨の少なさや台風被害が少ない事でもあった。

 

しかし近年、温暖化の影響などで、

大型台風の接近や集中豪雨の被害が

出てきているのだ。

 

 

温暖で災害が少なくて良いと

香川県に移住した人の多くは、

予定と変わってしまい困惑しているという。

 

 

香川県移住の失敗で自分が聞いた話の中には、

香川県人は温厚で人当たりが良いが、

裏で人の悪口を言う人も多い、というのもよく聞く。

 

 

香川県には香川県民の

県民性を表す言葉として

「へらこい」というものがある。

 

これは香川県の方言で

「利口で要領がいい」という意味で、

言ってしまえば計算高いという意味。

 

 

一見、温厚そうで人当たりがいいが、

要領よく、実は裏で悪口を言っているのだ。

 

ただし、表立った争いごとは嫌いなので、

はっきりとした「悪口」ではなく、

裏でうまくやっているのだ。

 

 

また、四国移住を考えた時に

気になるのが色々な環境ではないか?

 

 

田舎によくある、

自動車は「1人1台」は

香川県も同じ。

 

 

香川県は全国でも

道路環境が整備されている方だ。

 

しかし、運転は荒く、

自分勝手なマナーの悪い人が多い。

 

 

交通事故は全国でも

ワーストランキングの上位に。

 

 

四国移住の際に

もう一つ重要視されるのが

仕事ではないだろうか。

 

 

香川で仕事探しをするなら、

高松市、丸亀市、さぬき市、

観音寺市、彩歌郡。

 

この辺りだと、人口もある程度

密集しているので、仕事探しには

便利なので自分はおすすめする。

 

 

 

香川県の小豆島へ移住した人の失敗。四国移住の失敗や後悔の現実とは?

 

香川県の中でもうどんの次に

有名なオリーブ。

 

オリーブで有名な小豆島も

移住先として人気がある。

 

 

ちなみにオリーブは

香川県の県花にも指定されている。

 

 

小豆島に移住した友人が失敗しないように

大事にしていると言っていたのが、

島独自のルールだ。

 

山岳宗教が残る島でもある。

 

 

小豆島八十八カ所も、山岳宗教が

元となっているとも言われている。

 

 

人口約3万人。

 

住民の40%以上を占めているのが

高齢者という島なので、

不動産で家を探すというのは困難。

 

 

四国移住の家探しで苦労や失敗をしないように

「小豆島町の空き家バンク」を

利用するのも大事。

 

 

仕事でいえば、

島特産のそうめんやオリーブ製品、

醤油や佃煮。

 

ホテルなどの観光産業が盛んなので、

香川県や小豆島の移住で失敗しないよう、

移住前にリサーチしておくといい。

 

 

生活環境は思ったよりも

必要なものは揃っている

という事もよく聞いた。

 

スーパーやドラックストア、

大型家電量販店までもあり、

不自由しなさそうである。

 

 

小さな子供がいる人も安心な施設や

小・中学校もちゃんとあるし、

銀行や病院、郵便局や図書館もある。

 

 

島暮らしは不便な事をよく聞くが、

小豆島では必要最低限の施設や

サービスがあると言える。

 

 

香川県も小豆島も小さな土地なので、

四国移住を後悔しないためにも、自分に必要な

施設やサービスがあるのか調べてみるのがいい。

 

小さな島であるが、観光も産業も予想以上に盛んで、

生活施設も必要なものは充実しており、

四国移住や小豆島移住は思ったよりも現実的なのだ。

 

 

 

まとめ。四国移住失敗について

 

瀬戸内海気候で温暖で

美しい景色で癒される

香川県や小豆島。

 

移住者が劇的にと

言ってもいい程増えている。

 

 

移住者にも住みやすい

最低限の生活環境も用意されていて

増えている理由が良くわかる。

 

 

ただ、近年は温暖化の影響で

集中豪雨や台風被害も出ているので

今後もその覚悟が必要だ。

 

 

家探しは空き家バンクを

活用するのがおすすめ。

 

 

香川に住みたいと話す康友。

自分と同じく、元究極の人見知り(笑)。

タイトルとURLをコピーしました