就活の前髪、ぱっつん、おろす、顔、でかい、中途半端、写真、留め方、伸ばしかけ、ピン、作り方

Advertisements
 





就活はいろいろな準備が必要なのでとても大変ですが、

 

その中でも前髪をどのようにセットすればいいか

 

カタログを見ても

 

いまいちよくわからないなんて方もたくさんいると思います。

 

 

できるだけ好印象の髪型で挑んでいきたいですよね?

 

そこで今回は就活でおすすめの前髪について

 

説明していきたいと思います。

 

 

 

Advertisements
 









好印象な前髪の作り方

 

 

 

前髪は印象を大きく左右しますので、

 

今からおすすめの前髪の作り方を

 

説明していきたいと思います。

 

 

 

・センター分け

 

髪が長い人におすすめです。

 

 

明るい印象を与え、

 

頼もしさが増す可能性があります。

 

 

 

 

・斜め掛け

 

前髪の長さにあまり左右されずに

 

一番作りやすい髪型です。

 

 

 

 

 

・オールバック

 

 

髪を全部後ろにあげるので、

 

きりっとした印象を与えたい方におすすめです。

 

 

 

顔全体が丸見えになる髪型なので、

 

 

顔によって似合う似合わないがありますので、

 

 

事前に鏡で確認するようにしてください。

 

 

 

オールバックで顔がでかいと

 

面接官に大きい印象を与えることができます。

 

 

 

前髪を全部あげたくない女性も多いので

 

あんまり人気ではありません。

 

 

 

 

 

・眉上の厚めの前髪を分ける

 

 

相手に親しみやすい印象を与えます。

 

 

おろすときは目にかからないようにしてください。

 

 

 

 

 

・耳が隠れている場合は、髪を耳にかける

 

 

耳が隠れていると聞こえづらかったり

 

印象が悪くなったりするので、

 

耳は見せるようにしてください。

 

 

 

髪が落ちてくるとかで耳にかけられない場合は、

 

 

髪の長さが中途半端なので、

 

スタイリング剤などで固定してください。

 

 

 

これらの髪型を作る場合、

 

ワックスで形を整えて、

 

 

固め方はヘアスプレーを固めたいところにかけてください。

 

 

 

 

就活写真の前髪について

 

 

 

就活では、面接だけでなく履歴書にのせる

 

証明写真の前髪にも気を使わないといけません。

 

 

 

ここでは、写真に乗せる

 

おすすめな前髪とNGな前髪について

 

説明していきたいと思います。

 

 

 

 

 

・おすすめな前髪

 

 

センター分け…清潔で知的な印象になります。

 

 

流し前髪…

 

長さが中途半端な場合でもまとめることができます。

 

 

 

きれいめぱっつん…

 

 

重すぎると暗い印象になりますが、

 

 

一部を斜めに流したりする

 

きれいめぱっつんにするとショートヘアによく似合い、

 

 

女性らしい印象を与えます。

 

 

 

 

オールバック…

 

 

全部の前髪を上げるので

 

似合わない方もいると思いますが、

 

明るい印象になります。

 

 

 

 

・NGな前髪

 

 

短い前髪…

 

 

オン眉などにしていて短い場合、

 

 

幼い印象を与えるため就活には向いていません。

 

 

就活の時期が近づいてきたら

 

前髪を切ることを避け、

 

伸ばすようにしてください。

 

 

 

重すぎる前髪…

 

 

重すぎる前髪を下ろすと

 

暗い印象を与えます。

 

 

下ろすのを避け、

 

斜めに流したりしてください。

 

 

 

カールが強い前髪…

 

頼りない印象を与えます。

 

 

 

ピンが丸見え…

 

 

髪へのの気配りができていない人だと思われます。

 

 

 

シースルーバング…

 

 

シースルーバングは女性らしい印象の前髪ですが、

 

 

ファッション感が強いため

 

就活には向いていません。

 

 

 

アシメ(アシンメトリー)…

 

 

面接で目立つので、

 

企業によってはマイナスになることもあります。

 

 

 

 

前髪を切るべきか伸ばすべきか

 

 

 

 

就活生にとって

 

前髪は切ったほうがいいのか伸ばしたほうがいいのかは

 

大きな悩みの一つだと思います。

 

 

しかし、伸ばすべきかは結論から言うと

 

前髪はあってもいいとかない方がいいとかはどうでもいいのです。

 

 

 

これは前髪だけにとどまらず、

 

後ろ髪がショートヘアだろうがロングだろうが

 

問題ありません。

 

 

なぜかというと、

 

清潔感が一番大事だからです。

 

 

 

清潔感があれば

 

前髪がありでもなしでも問題はないのです。

 

 

だから、切りたい場合は切って、

 

伸ばした方がいいと思うのなら

 

伸ばしたい場合は伸ばせばいいと思います。

 

 

 

ヘアピンでの前髪の留め方

 

 

 

前髪のまとめ方を紹介します。

 

前髪の留め方は、

 

流す方向の一番端をピンでとどめてください。

 

 

この時に

 

前髪にヘアピンが見えないようにするためには、

 

 

地肌近くを狙って

 

前髪をピンでとめることが大切です。

 

 

ピンが止まらない場合は

 

長さがたりないので、

 

髪が伸びるまで我慢してください。

 

 

 

前髪の分け方

 

 

 

前髪の分け方は、

 

センター分けにする場合は、

 

髪全体を濡らし、

 

その状態で前髪を半分に分けてください。

 

 

半分に分ける作業を終えたら、

 

 

分け目から横方向にドライヤーの熱を当て、

 

 

固定してください。

 

 

 

固定したら、

 

ワックスを中間から毛先までなじませ、

 

 

最後にヘアスプレーで固定してください。

 

 

 

 

前髪の流し方

 

 

 

・男性の場合の前髪の流し方

 

 

1.前髪を濡らす

2.ドライヤーを使って流したい方向に温風を当てる

3.ワックスで形を整える

4.ヘアスプレーで固める

 

 

前髪を濡らすことで

 

セットがしやすくなります。

 

 

スタイリング剤はつけすぎるとテカるので、

 

つけすぎないようにしてください。

 

 

髪を崩したくない場合は

 

メンズ用ハードスプレーを

 

購入することをおすすめします。

 

 

 

 

 

・女性の場合の前髪の流し方

 

 

1. くしで前髪をとかす

2. ヘアアイロンなどで前髪を巻く

3. スプレーで固める

 

女子の場合は髪の長さによって

 

ヘアピンでとめるや

 

ワックスで固めるなどの

 

方法があります。

 

 

 

伸ばしかけなどで前髪が流せない時の対処法

 

 

 

 

前髪が伸ばしかけや中途半端な長さ、

 

切りすぎたので極端に短いなどの場合

 

流せなくて困ってる方がたくさんいると思います。

 

 

 

仮に流せたとしても

 

割れるなんてこともあります。

 

 

そんなときの対処法を説明します。

 

 

 

 

 

・崩れないようにしっかり固定する

 

 

ワックスとヘアスプレーの両方を使って

 

しっかり固めてください。

 

 

 

キープ力が上がり、

 

落ちてくることを気にしなくて済むので、

 

面接に集中できます。

 

 

 

 

 

・眉とおでこは見えるようにする

 

 

前髪が流せない場合は、

 

 

眉とおでこさえ見えていれば問題ないので、

 

 

それらが見えるように

 

セットしてください。

 

 

 

 

 

・女性でぱっつん前髪の方は量を調整してもらう

 

 

おでこや眉毛が隠れるぱっつん前髪は、

 

雰囲気が暗くなるので、

 

就活に向いていません。

 

 

就活前に美容院で

 

髪の量を調整してもらうことをお勧めします。

 

 

 

 

 

・ウィッグをつける

 

 

ウィッグとはかつらのことですが、

 

 

実際に頭が薄い人がつけたりするので、

 

 

不自然にならなければ問題ないと思います。

 

 

 

 

就活と1つ結びの結び方

 

 

 

 

1つ結びは別名ポニーテールと呼ばれますが、

 

 

この結び方は、

 

 

顔がはっきりと見え、

 

崩れにくい髪型なので、

 

就活では好まれています。

 

 

そんな1つ結びの作り方を説明していきたいと思います。

 

 

 

1. 髪の癖をまっすぐにそろえる

 

2. スタイリング剤をつける

 

3. ブラシを使って髪を後ろに上げる

 

4. 髪をゴムで巻く

 

5. スプレーで固める

 

 

カタログを見てもうまくいかない方は

 

是非、ここで紹介した方法を試してください。

 

テキストのコピーはできません。