神道の葬式や法事においての花の役割

スポンサードリンク






 

仏教やキリスト教の葬儀では花が欠かせません。

花をたむける、花を供える、献花等々

 

葬儀に関連する言葉で

 

「花」が含まれている言葉は多々あります。

 

宗教全般で、

 

葬儀と花は深いかかわりがあるといえます。

 

もちろん神道においてもそれは同じです。

 

神葬祭においても「花」は

 

重要な役割を持っています。

 

どんな花が良いのか?

 

送り方や出席したときの

 

供花等について述べていきます。

 

 

 

スポンサードリンク






神葬祭に出席する場合のお供えや花の贈り方

 

 

神葬祭にお花を贈ることになった場合、

 

いろんなことが頭に浮かびます。

 

花の種類は?金額は?送るタイミングは?

お墓は?法事は?等々。

 

贈らなきゃいけないことは分かっていても

 

具体的にはどうすれば良いのか?

 

悩みは尽きないと思います。

 

 

これに対して、結論から言ってしまうと、

 

 

葬儀を執り行う葬儀社に連絡して

 

代わりに手配してもらう事が

 

一番無難で確実です。

 

 

 

どういう事かといえば、

 

現在は全国に葬儀社があり葬儀を執り行っています。

 

その為どのような式にどのような花が良いのか、

 

 

どのタイミングで届けば良いのかといった

 

ノウハウを豊富に持っています。

 

Advertisements

葬儀に出席できないので

 

お花を贈りたい時も同様です。

 

 

葬儀社はそれらにもしっかり対応しています。

 

そのため、葬儀社に連絡をして

 

日程と喪家の名前を伝えて

 

供花を手配するだけになります。

 

特に声を大にして言う事でもないのですが、

 

Advertisements

葬式の祭壇に飾る花は葬儀社がまとめて手配していることが多いので、

 

基本的には葬儀社に依頼するのが無難です。

 

 

一方、それでもやっぱり

 

自分で手配したいという方もおります。

 

その場合は、贈る花を花屋などで自分で選び

 

送る葬儀場の確認などをして、

 

前日までには花を贈る手続きを済ますようにします。

 

先に述べた通り、

 

供花は葬儀社がまとめて手配しているケースが多いので、

 

自分自身で手配することを考えている場合には、

 

 

事前に葬儀場に確認するようにした方が良いでしょう。

 

では、花の種類は何が良いのか?

 

代表的な花としては「白い菊」となります。

 

 

「菊」の理由として、

 

菊の花の匂いはお香の匂いと似ているから、

 

菊の花は食べた人を長寿にすると言われているからと

 

言った理由があります。

 

 

他には、皇室の紋章が菊であり、

 

 

花言葉が「格調が高い」という意味だから等々。

 

 

「白い」の理由としては、

 

 

白色は穢れがない色とされているからです。

 

神道の特徴として

 

「穢れ」を忌み嫌うということがあります。

 

 

「白」はその「穢れ」が無いため

 

神道では葬儀以外の儀式でも

よく利用されます。

 

 

 

神道でNGな花は?

 

 

逆にNGな花は?よく言われるのが

 

「薔薇」です。

 

 

理由は「トゲ」があるから。

 

 

何故トゲがあるとNGなのか?

 

それはトゲによって人を傷つける恐れがあるから。

 

場合によっては出血という場合も考えられます。

 

神道は「穢れ」を嫌うと言いましたが、

 

 

その「穢れ」にはたくさんの種類があります。

 

 

代表的なものは「死の穢れ」ですが、

 

「血の穢れ」もあるのです。

 

穢れを嫌う神道において、

 

血の穢れの原因にもなり得る薔薇がNGなのは

 

そういった理由からです。

 

他には、派手な色や匂いのきつい花も

 

雰囲気にふさわしくないとしてNGとされています。

 

 

が、故人が生前好きだった等

 

ちゃんとした理由がある時は

 

供える場合もあります。

 

 

やはり何においても相談することが一番です。

 

最後に、神葬祭において「蓮の花」はいけません。

 

蓮の花は仏教と密接なつながりがあり、

 

仏教を代表する花といわれています。

 

神道と仏教は違う宗教ですから神道ではNGです。

 

花代(供花料)は15,000~30,000円位が主流です。

 

その価格帯から選んでおけば大丈夫です。

 

但し、バスケットタイプとスタンドタイプのどちらにするのか?

 

1基で贈るのか2基で贈るのか?によって

当然ながら値段が変わってきます。

 

 

一般的にスタンドタイプの方がバスケットタイプよりも大きくなっており、

 

値段の相場が高くなります。

 

またスタンドタイプの場合は

 

2基で飾る場合も多いので、

そうなるとさらに値段は高くなります。

 

 

ちなみに、バスケットタイプで1基を贈る場合は

 

5000円~1万5000円までの値段が相場となり、

 

スタンドタイプで2基を贈る場合は

 

それ以上が相場となります。

 

 

余談ですが、

 

以前は葬儀の時によく見かけた花輪は

 

最近あまり見かけなくなりました。

 

大きく場所を取る花輪は

 

敬遠される傾向にあるのかもしれません。

 

また仏式の場合花瓶に花を入れて

 

祭壇に供えるのを見かけますが、

 

Advertisements

神道ではそのような話を聞きません。

 

仏式以外では

 

花瓶は使わないと思った方が無難だといえます。

 

 

繰り返しますが、

 

弔意として、

 

葬儀場に供える花です。

 

遺族の方の気持ちや都合を第一に

 

考え行う事が一番重要です。

 

 

コメント

  1. こさあ より:

    ありがとうございます

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました