神道でも戒名というの?亡くなった人への贈り名は

スポンサードリンク






 

日本で行われる葬儀は大半が仏式によるものです。

 

しかし、日本古来の宗教である神道では、

 

神葬祭(しんそうさい)で行われます。

 

 

日本の葬儀の様子は、

 

神話の世界にも登場しており、

 

古事記のなかでも知ることができます。

 

 

仏教が日本に伝来してからは急速に仏式が普及してきます。

 

 

江戸時代になるとキリシタン対策のために

 

寺請制度(てらうけせいど)が設けられ、

 

仏式が強制されるようになります。

 

 

寺請制度とは、

 

誰もが必ずどこかのお寺に

 

所属しなければならないという制度です。

 

 

 

一方、神葬祭は、

 

江戸時代中後期において

 

日本古来の信仰に基づく神葬祭運動が起こり、

 

明治時代になると政府により

 

奨励されるようになります。

 

 

しかし、神道は宗教ではないとの意見から

 

神葬祭は普及が停滞してしまうのです。

 

 

仏式では、亡くなると贈り名である戒名が

 

お坊さんから贈られます。

 

 

しかし、神道における

 

神葬祭では神主さんが執り行いますが、

 

 

 

仏式と同じように

 

神道でも神主さんから戒名が贈られるのでしょうか。

 

Advertisements

これから亡くなった人への贈り名について、

 

仏式と神道における

 

神葬祭を比べながら説明していきます。

 

 

 

スポンサードリンク






戒名にあたるものは神道では「諡号(しごう)」。葬儀の違い。

 

 

贈り名は、亡くなった人の死後の名前です。

 

 

仏式の葬儀では戒名といい、

 

お坊さんから贈られます。

 

 

Advertisements

神道における神葬祭では、

 

戒名にあたるものは「諡号(しごう)」といわれる

 

諡(おくりな)が神主さんから贈られます。

 

 

 

神道での戒名。諡号の付け方

 

 

仏式の葬儀での戒名にあたる神道での諡号の付け方には

 

決まりがあります。

 

 

正式には、

 

 

幼児・少年・青年・成人・老年の区分ごとに、

 

男性・女性別に決められています。

 

 

 

最近では、大人と子供を男性・女性別に分けて

 

付けられることが多くなっています。

 

 

基本的には、

 

亡くなった人の名前の後に、

 

 

「命(みこと)」を付けます。

 

 

そして、亡くなった人の名前と命の間に、

 

 

大人の男性の場合は「大人(うしの)」、

 

 

大人の女性の場合は「刀自(とじの)」、

 

 

子供の男の子の場合は「彦(ひこの)」、

 

 

子供の女の子の場合は「姫(ひめの)」

 

を書き加えます。

 

 

例えば、亡くなった大人の男性の名前を

 

 

「A山登」としますと、

 

 

諡号は、

 

「A山登大人命(Aやまのぼるうしのみこと)」

 

となります。

 

 

 

神道での諡号の値段

 

 

仏式の葬儀において戒名を授かるにあたっては、

 

法名料とか戒名料として

 

料金をお坊さんに支払います。

 

 

料金の値段は、戒名の文字数によって決まります。

 

 

一方、神道における諡号を授かるには

 

料金はほとんどかかりません。

 

 

諡号は、性別や年齢を区別するだけですので

 

料金はほとんどかからないのです。

 

 

 

神道での諡号は、どこに記されるのか。位牌に代わるものは霊璽。

 

 

仏式における戒名は、

 

位牌やお墓の墓石・墓誌に記されます。

 

 

神道では位牌に代わるものを

 

霊璽(れいじ)といいますが、

 

 

諡号はこの霊璽や神道のお墓である

 

奥津城(おくつき、奥城とも書きます)に記します。

 

 

神道のお墓は呼び名は違っても

 

見た目には

 

仏式のお墓と大きな違いはありません。

 

 

 

神道での霊璽はどこに祀るか。意味の違い。

 

 

 

仏式では、戒名が記された位牌は

 

仏壇に先祖の霊として祀ります。

 

 

神道では、仏壇に相当する祖霊舎(それいしゃ、みたまや)に

 

諡号を記した霊璽を

 

仏式と同じように先祖の霊として祀ります。

 

 

仏式と神道では

 

先祖の霊に対する考え方に

 

大きな違いがあります。

 

 

仏式では、

 

 

仏壇の中心に仏像を祀り、

 

位牌は仏像の脇に祀ります。

 

神道では、祖霊舎の中心に霊璽を祀ります。

 

仏式と神道では先祖の霊を祀る位置が違うのです。

 

 

この違いの意味は、

 

 

神道では祖霊舎に祀られた先祖が

 

家の守り神になるということです。

 

 

 

神道での諡号(しごう)と戒名

 

 

神道における神葬祭と仏式における葬儀では

 

同じように進められることが多いのですが、

 

 

いままで説明しましたように

 

 

亡くなった人への贈り名である

 

諡号と戒名との違いをはじめとして

 

 

 

神道と仏式では違いがいくつかあります。

 

 

Advertisements

また、同じ神道といいながら

 

全国的に統一された神葬祭の仕方はありません。

 

 

 

地域や神社、神職によって異なる場合があります。

 

その理由は、

 

 

 

神道が古来の自然崇拝、

 

先祖崇拝を基とした

 

自然発生的に生まれた

 

民俗信仰からくるものです。

 

 

コメント

  1. あwあへあ より:

    ありがとうございます

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました