神道のお墓のいろは

スポンサードリンク






 

神道のお墓には、神道固有の決まりがあるのでしょうか、

 

仏教とのの違いはあるのでしょうかなどの

 

疑問を持たれる人もいることと思います。

 

霊園などに参拝に行くと、

 

 

〇〇家奥津城などと刻字されたお墓を見かけ、

 

気になった人もいるのではないでしょうか。

 

これから神道のお墓について説明をしていきます。

 

 

 

スポンサードリンク






奥津城。神道のお墓の呼名。

 

 

神道のお墓は奥津城(おくつき)といいます。

 

奥都城とか奥城とも書かれますが、

 

 

読み方は同じ

 

「おくつき」です。

 

 

奥津城はお墓を海や川などの近くの場所に

 

建てる場合に

 

 

用いられたとも言われています。

 

 

 

神道の墓石の形と刻字(文字)

 

 

お墓の形は、一般的には

 

和型・洋型・デザイン型の3種類があります。

 

 

和型は、さらに

 

仏式と神式に分けられています。

 

 

神道では、

 

一般的には神式のお墓が建てられることになります。

 

 

 

仏式と神式のお墓では、

 

墓石の形に違いがあります。

 

 

 

神式の墓石の形は、

 

 

上に向かってやや細長くなる

 

角柱型と呼ばれるものです。

 

頭頂部は角兜巾(かくときん)と呼ばれる

 

尖った形になっています。

 

 

 

ピラミット状の三角錐の形です。

 

 

 

この形は、

 

Advertisements

神道で言われる

 

三種の神宝の一つである

 

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の

 

形からきているとも言われています。

 

 

 

神道だからといって、

 

神式の墓石にしなければいけないという決まりはありません。

 

 

実際、仏式や洋型、デザイン型の

 

Advertisements

墓石も見受けられます。

 

 

墓石の刻字の文字は、

 

一般的には「〇〇家奥津城」と彫られます。

 

 

 

 

神道のお墓を建てる墓地

 

 

墓地には大きく分けると、

 

公営墓地・民営墓地・寺院墓地の3つがあります。

 

 

神道では、死を穢れととらえる考えがあります。

 

 

神様の近くにお墓を持ち込むことを非常に嫌うのです。

 

 

神社にはお墓を建てることはできません。

 

寺院墓地では、宗派によっては

 

例え奥津城と刻字されていなくても

 

神道のお墓を建てることを許可しないお寺もあります。

 

 

民営墓地でも同様に

 

神道のお墓を建てることを許可しないところがあります。

 

 

神道の人がお墓を建てる際には、

 

 

基本的には3つの墓地から選ぶことになりますが、

 

事前の確認が必要になってきます。

 

 

 

 

神道での納骨

 

 

神道での葬儀である神葬祭では、

 

亡くなった人の遺体は火葬に付した後に

 

遺骨を埋葬する(納骨)埋葬祭という儀式があります。

 

 

 

火葬の後に、

 

そのままお墓に行き埋葬祭を行う場合と、

 

いったん遺骨を持ち帰り、

 

Advertisements

改めて埋葬祭を行う場合があります。

 

 

この場合には、

 

 

忌明けの五十日祭を目途に埋葬祭を行います。

 

 

五十日祭は

 

仏教でいう

 

 

四十九日にあたります。

 

 

埋葬祭では、

 

遺骨の納骨、祭詞奏上、遺族の拝礼などが行われます。

 

 

 

 

神道のお墓へのお供え物

 

 

神道のお墓へのお供え物としては、

 

 

榊・酒・塩・海の幸・山の幸などがあります。

 

 

 

お線香は、仏教独特のものなので、

 

 

神道ではお線香はあげることはありません。

 

 

神道のお墓には香炉はないのです。

 

仏教では花をお供えしますが、

 

 

神道では榊をお供えします。

 

他に仏教との違いは、

 

 

八足台と呼ばれるお供え物を置く台が

 

神道のお墓にはありますが、

 

 

仏式のお墓にはありません。

 

 

 

神道での永代供養

 

 

納骨を済ませた後でも供養を行います。

 

 

神道でも仏教でも同じです。

 

供養には、故人の冥福を祈ること、

 

 

お墓参りに行くことやお墓を掃除することなどがあります。

 

 

しかし、場合によっては

 

将来にわたって

 

供養を行うことが難しくなることがあります。

 

 

 

例えば、お墓が遠方にあって

 

定期的にお参りに行けない、

 

 

自分の後を継ぐ親族がいない、

 

高齢になり

 

お墓までお参りに行くのが難しくなったなどです。

 

 

昨今では少子高齢化が進み、

 

将来の供養で悩まれる人が多いと思われます。

 

そんなときに選択される

 

供養の方法が永代供養といわれるものです。

 

 

墓地の管理者に、

 

一定期間お墓の管理や供養をお願いする方法です。

 

一定期間がくると、

 

供養塔などの規定の場所に改装され、

 

他の故人と一緒に埋葬されます。

 

 

 

神道での墓じまい

 

何らかの理由で墓じまいをしなければならないことも生じてきます。

 

神道に限らずどの宗教でもあることです。

 

 

墓じまいとは、お墓を解体して撤去し、

 

別の方法で供養することをいいます。

 

 

墓じまいした後の遺骨は、

 

 

他の墓地や永代供養墓地に改葬するのが一般的です。

 

お墓を撤去した後の墓地は

 

墓地の管理者に返すことになります。

 

墓じまいをする理由は、

 

永代供養の場合と同じ理由が多いようです。

 

 

 

まとめ 神道のお墓

 

 

お墓を建てるということは、

 

神道や仏教といった宗教の教えや考え方から来ているのではなく、

 

先祖を祀るという

 

古来からある風習からきているようです。

 

少子高齢化の昨今、

 

お墓のことで悩まれる人は多いと思います。

 

しかし、先祖は大事な家の守り神です。

 

永代供養で任せきりにせず、

 

機会をみては供養していきたいものです。

 

 

テキストのコピーはできません。